ENJIN Xの使い方を解説。最高なUIのイーサリアムブロックチェーンエクスプローラー

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ENJIN Xというイーサリアムブロックチェーンを検索できるツールがリリースされました。

感覚としては、EtherScanと同じ機能を持っているツールです。

関連記事:【ETH】エアドロップ配布の確認方法!Etherscanを使えば簡単です。

 

使った感じ、Etherscanよりスッキリしていていい感じでした。

 

ENJIN?なにそれ?って方はこちらの記事をまず、一読ください。ブロックチェーン業界では有名なプロジェクトです。

関連記事:ENJIN(エンジン)のまとめ!ゲームからウォレットの情報まで!

 

ENJIN Xとは?

f:id:kiyosui:20181229150609p:plain

▼基本情報

  • イーサリアムブロックチェーンのエクスプローラー
  • ブロックチェーンで起きていることを検索できる
  • ウォレット、コイン、トランザクションなど検索可能
  • 広告が入らないので、スッキリしたUI
  • ERC-721にも一応対応

イーサリアムブロックチェーンで起きていることをなんでも検索できるツールです。

自分のウォレットの取引履歴や他人のウォレット。気になる通貨の動きなども見れます。

 

ENJIN Xの使い方

まずこちらのURLにアクセスしてください。

EnjinX - Blockchain Explorer

 

f:id:kiyosui:20181229151259p:plain

窓の中にトランザクションかアドレスか通貨名を入れると検索できます。

 

f:id:kiyosui:20181229151429p:plain

例えば、「Bi」と入れるとヒットする候補の通貨が出てきます。

 

f:id:kiyosui:20181229151553p:plain

アドレスを入力しても候補が出てきます。

 

f:id:kiyosui:20181229151629p:plain

「Blockchain Search」をクリックすれば検索されます。

 

f:id:kiyosui:20181229151823p:plain

  • アドレス
  • 所持ETH
  • トランザクション数
  • 保有トークン
  • 過去のトランザクション

これらが出てきます。

ブロックチェーン上の詳細を出してくれるということですね。

 

f:id:kiyosui:20181229152237p:plain

過去のトランザクションも丸わかりです。

 

f:id:kiyosui:20181229152120p:plain

「TOKENS」をクリックすると持っているトークンの詳細が出ます。

一応ERC-721も表示されるようです。

 

f:id:kiyosui:20181229152339p:plain

トークンのホルダー数なども確認できます。

なんでもわかります、それがブロックチェーン!

 

f:id:kiyosui:20181229152506p:plain

通貨も丸わかりです。例えば、ALISを検索すると。

  • 価格
  • コントラクトアドレス
  • HP

などなど見れます。

 

f:id:kiyosui:20181229152629p:plainホルダー数も丸わかりですね!面白い!

 

設定

f:id:kiyosui:20181229153015p:plain

左下の歯車のマークからをクリックすると設定に入れます。

 

f:id:kiyosui:20181229153042p:plain

言語、テーマなどが設定できます。

日本語はありませんが、違う言語に変更したい方は、こちらから。

 

f:id:kiyosui:20181229153150p:plain

夜間モードにも切り替え可能です!

 

と、使い方はいたって簡単です。

広告もないし、シンプルなUI、スピードも早いので、これかなり使いやすいですね。

ぜひ使ってみてください。

ENJIN Xを使う

 

Youtube解説

Youtubeでも解説しているので、どうぞ!

 

最後に

ENJIN Xの使い方でした!個人的にはEtherscanよりこっちの方が好きです!

これを機にENJINのことを興味持っていただけたら嬉しいです。

関連記事:ENJIN(エンジン)のまとめ!ゲームからウォレットの情報まで!

 

それでは、また。