読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

菅原小春のダンスは何かを連想させてくれるダンスだ!

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20161128114413p:plain

(English is below.)

 

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

日本を代表するダンサー「菅原小春」さんがすごいです。もう既に有名ですが、記事にしたくなりました。

ダンサー菅原小春

菅原 小春(すがわら こはる、1992年2月14日)は、日本の女性ダンサー、振り付け師。10歳の頃からダンスを始め、10代の時にDANCE ATTACKやSHONEN CHAMPLEなどの様々なコンテストで優勝している。2010年にロサンゼルスに渡り、独自のダンススタイルを生み出す。

 

星槎国際高等学校(VAW栄光ハイスクール)卒業。国内外を問わず様々なアーティストとのもとで振り付け、またはバックダンサーを行なっている。特に2NE1のFalling in Loveはその中でもヒットした作品である。現在は日本を拠点にヨーロッパ、アジアなど世界各国でもダンスを教えるなど、世界的なブランドの広告やファッション雑誌にも登場している。ダンサーとして2013年にNIKEとコラボしその後 NIKE ATHLETEのキャンペーンの中にも登場している。

引用:菅原小春 - Wikipedia

今年の春にyoutubeで見つけたダンサーさんです。

もう、スティーヴィーワンダーとのCM共演や「しゃべくり007」への出演などをしているので、日本での認知もかなり高まっているでしょうね。

この記事を読んでいる人は「菅原小春」を知らない人はいないのではないでしょうか?

 

Wikipediaにも書いてあるように、幼少期からダンスを始めて2010年にロサンゼルスに渡り、独自のダンススタイルを生み出しました。

この独自のダンススタイルが本当に独特で、ダンスと演技のハイブリッドなダンスなんですよ。型破りなダンスです。

菅原小春のお気に入りダンス

僕がお気に入りのダンスをいくつか紹介しておきます。

 

Rude - Magic!

www.youtube.com

見ていただければわかりますが、本当によく曲が表現されていてオリジナルミュージックビデオより良い出来なんじゃないか?感じています。

振り付けも曲にフィットしていますが、とにかく彼女の表情に注目して頂きたい。この表情が最高。

 

Rather Be - Clean Bandit

www.youtube.com

これもお気に入りです。

17秒から20秒あたりの優雅な感じが、よくRather Beを表現されていてビックリしました。

何回見ても、この動画は楽しめますね。こちらは、このダンスを見ることによってオリジナルミュージックビデオが頭に浮かんでくるんですよね。

築地のあの風景が鮮明に出てきます。

 

Sing - Ed Sheeran

www.youtube.com

これもお気に入りです。

このダンスは、Ed Sheeranがギターとマイクだけでライブしている周りでダンスしている映像が浮かびます。

菅原小春さん中心に計4名くらいでライブで踊ってくれていたらもう最高のライブになることでしょう。

菅原小春さんのダンスは何かを連想させる。

この記事を書いていて気付いたんですけど。彼女のダンスって何かを連想させるんですよね。

その曲の良さだったり、ミュージックビデオだったり、ライブだったり。こうだったら最高だ!っていうものを連想させてくれる。

それだけ、表現力がとてつもなく高いからだと感じています。

だから、何度観ても飽きない。冒頭で書いた、ダンスと演技のハイブリッドという表現を僕が使ったのは、これを言いたかったんだと思います。

 

ダンスな上手なダンサーは、日本にたくさんいますがここまで表現して何かを連想させてくれるダンサーは、この人しか少なくともいないんじゃないのかな?って思っています。

こんな人が何人もゴロゴロ居たら逆におかしいですからね。

菅原小春&スティーヴィーワンダー

スティーヴィーワンダーとコラボレーションしたCMの動画を最後に載せておきます。

www.youtube.com

 

スティーヴィーワンダーに目がいかないのは僕だけですか?スティーヴィーワンダーに目がいかないんですよ?

世界中に僕だけが目に行かないとしても、一人でもスティーヴィーワンダーより存在感を強く感じさせている時点で化け物ですよね。

 

凄まじい才能です。

 

Dancer Sugawara Koharu

Sugawara Koharu (Sugaraka Koharu, February 14, 1992) is a Japanese female dancer and choreographer. I started dancing since I was 10 years old and won various contests such as DANCE ATTACK and SHONEN CHAMPLE in my teens. Cross over to Los Angeles in 2010 and create your own dance style.

 

Graduated from Stars International High School (VAW Glory High School). He is choreographed with various artists regardless of domestic and overseas, or performs back dancers. Especially the 2NE1's Falling in Love is a hit work among them. Currently based in Japan teaches dance in Europe and Asia and around the world, has also appeared in international brand advertisements and fashion magazines. It collaborated with NIKE in 2013 as a dancer and has also appeared in the campaign of NIKE ATHLETE after that.

 

It is a dancer who I found on youtube this spring.

I already have performances with Stevie Wonder and performances such as "Shaburukuri 007", so I think that recognition in Japan has increased considerably.

Who does not know "Sugawara Koharu" who is reading this article?

 

As written in Wikipedia, I began dancing from early years and went to Los Angeles in 2010 to create my own dance style.

This unique dance style is truly unique, it is a hybrid dance with dance and acting. It is unconventional dance.

Sugawara Koharu's My favorite dance

I will introduce some of my favorite dances.

 

Rude - Magic!

www.youtube.com

As you can see, it is quite possible that the songs are expressed well and it is better than the original music video. I feel it.

The choreography also fits the song, but I'd like you to pay attention to her expression anyway. This expression is the awesome.

 

Rather Be - Clean Bandit

www.youtube.com

This is also my favorite.

Elegant feeling from 17 seconds to 20 seconds, I was surprised that Rather Be was expressed well.

No matter how many times it is seen, I can enjoy this movie. Here, the original music video comes to my mind by seeing this dance.

The landscape of Tsukiji emerges clearly.

 

Sing - Ed Sheeran

www.youtube.com

In this dance, the image which Ed Sheeran is dancing around the guitar and the microphone only live appears.

It would be the best live if you danced live around 4 people in total around Sugawara Koharu.

Sugawara Koharu 's dance reminds me of something.

I noticed writing this article. You remind her what she means.

It is the goodness of the song, music video, live. This is the best! It reminds me of something like that.

I feel that the expressiveness is tremendously high, that much.

So, you will not get tired of watching it many times. I think that I wanted to say that I used the phrase "Hybrid of dance and acting," I wrote at the beginning.

 

There are many dance good dancers in Japan, but I guess the only dancers who express this to remind us of something are at least this person? I am thinking.

If there are several people like this, it's strange to the contrary.

Sugawara Koharu & Stevie Wonder

www.youtube.com

Is it only me that I do not see eyes on Stevie Wonder? I do not see eyes on Stevie Wonder.


Even if only me alone in the world do not go to see it, it is a monster when one alone makes me feel stronger than Stevie Wonder.

 

It is a tremendous talent.