読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

カサンドラ症候群の時って何もしてないことが不安にならない?

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160716111944j:plain

ども!キヨスイです!

 

僕がカサンドラ症候群になっていた約1年間を振り返ってみたところ記事にしたいことがいくつが出てきました。

まだ、発達障害ネタで書けそうな記事あるなと実感。

 

カサンドラ症候群になったことがある人、現在まっ最中の人ならわかると思うんですけど。不安感ハンパなくないですか?

特に僕が持っていた不安感はこれ。

 

『何もしていないこと』

 

今日はこちらについて触れていきます。

何もしてないことが不安になる。

僕がカサンドラ症候群の末期時は、布団から起き上がれないほどのダメージを食らっていました。起き上がりたいんだけど、体が動かない。食欲もありませんでした。丸1日なにも口にしないこともありましたね。

要するに1日中、布団から起き上がれないんですよ。ずっと横になっているのです。絵に描いたような『何もしていない』。

布団から起き上がれなくなって、最初の数日は「明日は起きよう」「明日はこれをやろう」って思っているんですよ。いざ、次の日になると全くできない(笑)前日と同じことを繰り返します。

この状態が1ヶ月ほど続くと、何もしていないことが不安になります。焦り出すんですよ。何かしないとここまま死ぬんじゃないかって焦るんです。

行動に出ることは空回り。

焦った末に何かを始めます。僕でいうと、仕事をしたり、映画を観に行ったり、旅行に行ったりと。

カサンドラ症候群ですから何をしても全く楽しくない。めちゃめちゃ疲れる。身にならない。そしてイラつき、ストレスが溜まる。最後には、また起きれなくなる(笑)空回りですよね。悪循環の塊でした。

何をしても楽しくないんですよ。感情が常に低空飛行しているので。この時にめちゃくちゃタイプの女の子と遊びに行っても楽しくなかったでしょうね。すごく会いたい著名人と会っても楽しくなかったでしょうね。

本当に何をしても楽しくないのですから。

カサンドラ症候群を経験したことがある人や絶賛、経験中の人はこの表現わかると思います。

自分に期待をしている。

今の僕が思うことは、自分に無駄な期待をしていたなってことです。

何をしても上手くいかず、空回りしてストレスを溜めてしまっている状態を振り返ると結局、上手くいかないことへの負の感情。どこかで今度こそは上手くいく。自分なら出来ると思っていたんでしょうね。

これ無駄な期待です。カサンドラ症候群の時なんて本来の自分を見失っているので、期待なんかしても無駄なんですよ。自分に押しつぶされるだけです。

僕は2ヶ月目くらいから、今の自分に期待しても無駄だな。と諦めて、何もしないことを受け入れ始めました。そうすると不安な感情も少しづつ減ってきたんですよね。

生活はめちゃくちゃですよ。朝起きて、体が起きなかったらまた寝る。起きれたら食べたいもの食べる。食べたくなかったら食べない。テレビ見たかったら見る。当たり前ですが、働くことなんか絶対するつもりないですよ。「あぁ時期、親に迷惑かけるな。。まぁいっか。」とか思いながら過ごしていました。

世間から見たら、ニートってやつですよね。しかも結構なレベルのクズさ(笑)死のうと思っている中、親に「とにかく生きていろ」と言われていたので「僕は生きているだけでいいのですね。」と言葉通り受け取り受け取らせて頂きました。正直、こうやって言ってくれる親が居たことは僕のラッキーですね。(考え方、経済的に)

元々、自分の世界と他者の世界を切り離すのが得意?だったのか、世間体とかは全く気にならなかったです。この考え方が良かったのか、アプローチがかなりクズですけど、こうやって色々な面で自分に期待するのをやめれたことで『何もしていないことが不安になる』から抜け出せました。

ダラけて虎視眈々と待て。

カサンドラ症候群の時なんて精神力ゼロに近いですから、自分の精神力が戻るまでとにかく待ちましょう。

戻すために何かをするなんてことは僕はオススメしません。消耗するだけですから。ダラけて虎視眈々と待ちましょう。獲物を取り損ねても大丈夫です。また来ます。くらいの心持ちで。

僕は、こんな生活をしていく内に一種の無敵状態みたいなモードに入ったんですよ。「何来ても怖くないわ」的な感情に。

生きてるのも辛いから今の状態より怖いのって何?ってなったんです。このモードに入ったら、あとは気が向いたら動くを繰り返していました。何も怖くないので動けちゃうんです。気が向いたときだけ。期待もしていないから、無駄になっても何も気にしない。

客観的に見たら精神状態が上向いたときとでも言えるのでしょうかね?

この繰り返しで、抜け道になる自閉症のボランティア活動に出会います。何も期待していなかったのでかなり儲けもんの感覚でした。

まとめ

  • 何もしないことを受け入れろ。
  • 自分に期待するな。
  • 虎視眈々と待て。
  • とりあえず、生きろ。

まとめると、この4つがとりあえず『何もしていない不安』から、抜け出すポイントです。本人の環境などで変わってくる部分もあるかと思いますが、精神的な部分でいうと同じでしょうね。カサンドラ症候群の人たちとりあえず、色々受け入れてください。

発達障害者で2次障害まで発症している人にも同じことが言えるかもしれませんね。まずは本来の自分を取り戻しましょう。

 

関連記事

kiyosui.hatenablog.com

kiyosui.hatenablog.com

よかったら話聞きます。

kiyosui.hatenablog.com