ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

kindle(Newモデル)の購入に迷ってますか?丸1日使った感想まとめたよ!【キンドルレビュー】

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160725113950j:plain

ども!キヨスイです。

 

少し遅くなりましたが、7月20日発売のKindle (Newモデル)をゲットしました!昨日、丸1日使ってみた使用感をお伝えしていきます。

kindle(Newモデル)概要

僕が購入したのはこちらのホワイトです。

価格情報
  • キャンペーン情報あり:¥8,980
  • キャンペーン情報なし:¥10,980(広告表示なし)
  • amazonプライム会員だと:¥4,980割引されます。キャンペーン情報ありなら実質¥7980で買えます。
旧式からの変更点
  • サイズ 169×119×10.2mm→160×115×9.1mm
  • 重量 191g161g
  • 内蔵メモリ 256MB512MB
  • カラー ホワイトホワイト、ブラック

旧式より薄く、軽くなっています。メモリも倍の512MB。カラーも2色に増色!

比較

f:id:kiyosui:20160725103909p:plain

特徴としては内臓ライトがないこと、Oasisの次に軽いこと、最安値の¥8,980ということの3点ですね。

付属品

充電ケーブルのみです。電源はありませんので必要であれば購入しましょう。iPhoneの充電コンセントでも代用できるので、購入の必要はあまりないかと。

メニュー画面

f:id:kiyosui:20160725113552j:plain

こんな感じです。カラーではないので、ちょっと寂しい気もしますが読み始めると問題ないですよ。 

目が痛くならないぜ!kindle!

内臓ライトなしブルーライトがカットなので、目が全く痛くなりません。昨日は結局、8時間くらい本を読んでいました。僕はiPhoneでkindleアプリを起動して読んでいたので、かなり感動的でしたね。本当に読書が捗る!

それでもPCやスマホと向き合っている疲労感は全くなく、本当に紙の本を読んでいるときと同じ感触で読書が進められました。

内臓ライトがないので、もちろん暗くなったら画面見えなくなります。このあたりも紙の本と同じ感覚で、僕は好印象でした。

kindleって本より軽くない?

めちゃくちゃ軽いです!本より軽い!iPhoneより軽い!最高です!指2本で持てます!実際に重さを測ってみると160g切っていました。これは固体差?

とにかく軽いので、どんな体勢でも読めますし。持ち運びにも苦になりません。いつでもどこでも読書可能になります。

f:id:kiyosui:20160725114612j:plain

f:id:kiyosui:20160725114743j:plain

文字が読みやすい!

もちろん文字を大きくすることが可能です。iPhoneのアプリの時も大きくすることができたのですが...なんかしっくりくるサイズがなかったんですよね。ちないに僕はiPhone5Sを使用していました。

kindleだとバッチリの希望サイズで見れるんですよね!さすが純正ハード!文字が読みやすいのは、読書スピードと左右しますし、最高だ!

 

それと指二本を開くように動かすと文字の大きさだけ変更できます!iPhoneで言う拡大の動作です。

f:id:kiyosui:20160725112440j:plain

アプリの誘惑がない、kindle

iPhoneで読んでいると様々なアプリの誘惑があります。通知がきたり、電話がきたり...誘惑がたくさん。集中力が切れてしまうんですよね。

「あれ?どこまで読んだっけ?」なんてことも起きていませんでしたか?僕は起きていました。これはkindleが売れる一番の理由かもしれませんね。

 

ただ...新しい本への誘惑はたくさんあります(笑)買いすぎ注意です!

ブラウザへアクセスできます。

kindle書籍ってリンクが貼ってあることがよくありますよね。ちゃんとブラウザにもアクセスできます。カラーではないので、見にくいですが...どんなもんか参考程度に見るレベルなら問題ないですよ。

 

赤丸をタップするとブラウザ開きます。

f:id:kiyosui:20160725113307j:plain

f:id:kiyosui:20160725113317j:plain

kindle目玉機能、ハイライト最高!

iPhoneアプリの方でもありますので、使っている人は多いはず。ハイライト機能はマーカーみたいな機能ですね。気になったところをマークしておいて後ですぐにチェックできます。

そしてハイライトしたものをメールで送信しておけば、書評をするときに簡単に引用できます。 ついでにやり方を記載しておきます。

 

マーカーをつける。

f:id:kiyosui:20160725112224j:plain

 

右上をタップして『メモ』をタップ。

f:id:kiyosui:20160725112234j:plain

 

メモをエクスポート。

f:id:kiyosui:20160725112243j:plain

 

紐付いているアカウントのアドレスに飛びます!

f:id:kiyosui:20160725112254j:plain

 

PCに送られてくるデータはこちら。

f:id:kiyosui:20160725110423p:plain

kindleのデメリット

買いすぎる。

オススメ本を紹介されていくので、どんどん本を買ってしまいます。昨日だけで、8冊も購入してしまいました(笑)買いすぎています。読んだからいいんですけど...選ばされているので、役に立たない本も中には...広告に振り回されないように気をつけましょう。

タイピングしにくい。

検索時のタイピングはマジでしにくいです。終わってますって言えるほどのレベル。でもPCで購入してkindleで読むという工夫をすれば済む話です。それに全くタイピングできないって話ではないので、ウィンドウショッピングには向いてませんよ!ってこと。

縦スクロールに弱い

縦スクロールが本当に遅いんです。ブラウザ開いてページに飛んだりすると、本当にダメ(笑)本買うときも縦スクロールするとカクカクする。

9割本を読んでいることになるので、横の動作が多いです。縦の動作をすることはあまりないですから、気にならない程度。

まとめ

kindleを持っていない人でしたら、買いです。間違いなく買いです。価格もプライム会員になれば、実質¥8,000程度で購入できますのでかなりお得です。¥8,000以上のパフォーマンスは発揮してくれます。一緒にamazonプライム会員になってしまいましょう。

*注意 無料中ですとkindleの割引効きません!