ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

グレーなヤツを認められてきているかもしれない。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170530073135j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ちょっとエッセイ的なものを書いてみようかと。散文になっていると思いますので、まぁ暇つぶし程度にどうぞ。

 

グレーなヤツ

昨日の出来事ですが、パッとしない1日ってありませんか?月に一回以上はみなさんあるかと思います。

その日が僕は昨日だったんですけどね。こんなグレーなパッとしない日は、何か悶々とする。ヒドイとイライラしてしまう日もあったのですが、昨日はちょっと違かった。

 

毎日がハッピーな青色のような1日を過ごしていければ、そりゃ嬉しい。宗教や哲学はそこを目指せるように考え抜かれているものですから、人間が目指すべきところはそこなんでしょう。

毎日が青色のような日を過ごしている人も現実問題いるとは思っている。超ポジティブな人とかね。

 

想像するにこんな人だよね。

この人の毎日はハッピーだと思う。本人に嘘みたいなこと言われても、まぁ信用はできる。

 

ただ僕のようなネガティブで脳みその半分を埋め尽くされているような人間には無理なんですよね(笑)

まぁー無理!不安が押し寄せてくるときもあるし、ありもしない病気のことを考え込んだりする(笑)

 

「明日、足動かなくなったらどうしよう...まずは、電話してブログは手が動くから書けるし、仕事も手が動けばなんとか...」とかリアルなやつを考えている。

もっと、足が動かなくなったら...「うぉーマジでこえぇぇ!!」くらいで終わればいいんだけどね。

 

と話を元に戻して、昨日はちょっと違ったんですよ。

 

グレーなヤツの存在を認める。

グレーな1日があるから青色のいい感じした1日もあるんでしょ!って感覚的に思えました。

今までも頭では、しっかりと人生って楽しいことだけじゃ楽しくないよね。なんか足りないくらいでいいよね!みたいにおもってたんですが、昨日の感覚はそれとはちょっと違かったんですよね。

 

スッと入ってきたって感じでさ。頭で考えないでもわかった感じというか。良い意味のその日への諦め的なものが出てきたんですよ。

 

この感覚は、生きていて初めてなものでして

例えるなら...思いつかん。

 

心の底からグレーな1日を認めてやることができたのです。

 

お前もたまには出てくるよな。まぁいいよ。今日は時間やるから、好きなように使っていいよってね。

でも連日は大変だからやめてくれよ。僕は早めに寝るから、あとは好きなようにどうぞ(笑)

 

流れに身を任せた的なね。そこに反発心とかはなくて、無駄に抗おうみたいな気持ちも出てこなかった。

 

無駄に抗おうとするから消耗する。 

こういったパッとしない1日を大事に大事にしようとしているのが、完全に消耗する原因でした。

大事にの仕方が間違っていたんですよね。無駄に抗おうとしちゃう。いつも通り、元気な状態を保とうとしちゃうんですよ。

 

そんなもんは、無理なわけで...さっさと受け入れれば良いだけなんですけどね。そうすれば、何ができるのか?今日は何をすべきなのか?ってのは、自ずと出てくる。

 

今までは、グレーな日がこないようにこないように...と毎日を過ごしていました。

これ無理ね!もう出てきちゃう。僕みたいな人種は特にそう!必ずや出てきます。この出てきた時の譲り合いがどれだけできるのかってのがポイントかなって。

 

もう、抗うのをやめて「今日はお前にやるよ」と譲ってやることにします。

 

さぁ次もできるかな?

ここからが問題で、次もできるかな?ってところ。昨日はグレーな日の中でも最上級に調子が良かったのかもしれない。

どうなんだ?僕?というところです。

 

今日は幸い、青色の日でパッとしている。グレーな1日が早く来ないかな?って待ち望んでいる自分に対して、「ちょっとそれは違うんじゃないか?」と突っ込みを入れながらこの文章を書いています。

 

次も同じようにグレーを認めてあげることができたのであれば、僕は少し前進しているかもしれない。

 

「早く来い!グレーなやつ!できれば来るなグレーなやつ!」

 

って心境です。

 

こないでほしいと思っている時点で、まだまだあれだな。

 

それでは、また。

 

エッセイってこんな感じ?

体験談を好きなように文字に起こしてみました。

今まで当ブログでは、書いたことのないスタイルで書いてみました。だって検索に完全に振りですからね。

ただ、書いていて楽しかったので今後も思いついたら書いていこうかなと。

 

カテゴリーは『エッセイ的な何か』というところに突っ込んでいきますので、良かったらご覧ください。