ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

映画「エイジ・オブ・ウルトロン」見返し感想!ジェス・ウェドンのマーベル作品が好きです。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170501082359j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の見返し感想です!映画館で数年前に観たんですが、huluで配信されていたこともあり気になってもう一度観ました!

 

エイジ・オブ・ウルトロン

▼監督

ジョス・ウェドン

 

▼キャスト

トニー・スターク / アイアンマン:ロバート・ダウニー・Jr

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス

ブルース・バナー / ハルク:マーク・ラファロ

ソー:クリス・ヘムズワース

クリント・バートン / ホークアイ:ジェレミー・レナー

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン

ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン

フィル・コールソン:クラーク・グレッグ

ドン・チードル:ジェームズ・"ローディ"・ローズ大佐 / ウォーマシン

ポール・ベタニー:J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス) / ヴィジョン

アーロン・テイラー=ジョンソン:ピエトロ・マキシモフ / クイックシルバー

エリザベス・オルセン:ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ

 

ジョス・ウェドンが撮るアクションが好き。

見返していて、気づいたんですけど。

アベンジャーズのアクションは好き。ウルトロンのアクション好き。ウィンターソルジャーのアクション好き。

ってなりました。

 

よって僕は、ジョス・ウェドン監督が撮ったマーベル作品のアクションが好きみたいです。シヴィル・ウォーの時のアクションは個人的には最悪だったので...

 

ちなみにX-MENもこの人が監督しています。最初のアクションは印象的に残っている。

マーベルってアクションだけじゃねーだろ!っていう声がマーベル教から聞こえてきそうですが。いや、アクションは肝心なマーベルの要素だろ!と言いたい。

 

ヒーローものでアクションは完全に必須。アクションがカッコイイに越したことはない!と断言します。

ジェス・ウェドンはヒーローたちの良さを上手く魅せるアクションの撮り方が本当に上手みたいです。

 

恐怖からのウルトロン。

アベンジャーズで、宇宙に行って死にそうなったトニー・スタークはとにかく怯えていました。この背景はアイアンマン3でも描かれているので、要チェックです。

 

平和維持装置としてスタークはウルトロンを開発しようとします。しかもロキの杖を使って(笑)もう、スターク最高ですよ。我が道をいく。

 

案の定、恐怖から作ったものなので失敗。ウルトロンは平和維持装置として誕生しますが、人間の歴史を見て平和に人間はいらない。アベンジャーズが最大の敵として認識するところからお話はスタート!

 

スタークの独断でとんでもないものを作ったので、ソーなんかはブチ切れですよ、もう。

そりゃブチ切れますよね。自分の星の道具を勝手に使ってとんでもないもの作っちゃうですからね。

 

恐怖から何からを生み出すととんでもないものができます。みなさん、教訓にしましょう。

 

懲りないトニー・スターク。

あーだ、こーだがあって、ウルトロンから色々と取り返します。この辺は知っている人も多いと思うので割愛。

 

で、もう一回平和維持装置を作ろうとするスタークさん。全然懲りてません。理論上、やり方を変えればできるとハルクであるバナー博士を説得して手伝わせようとする。

この件で生まれたのがヴィジョン。人工知能のジャービスを人口肉体に入れて作っちゃうんですよ。

 

一歩間違えれば、ウルトロン2号ができてしまうという大惨事(笑)失敗を失敗で終わらせないトニー・スターク。

この辺りの前に突き進む恐怖心のなさは、見習う点ではあります。これによって強力なヒーローが一人出来上がったので、成功と言えるでしょう。

 

衛生すら扱うトニー・スターク

ウルトロンにジャービスが壊されてしまって、アイアンマンの右腕がいない状態でスタークは戦うんですが。

もうね。すごいの。トニー・スタークくらいになると衛生を持っているのね(笑)

スカーレット・ウィッチに操られて、ハルクが暴走します。アイアンマンが向かって止めるんですけど。

強化アイテムが衛生から飛んでくるという驚愕の自体。ビビります(笑)

 

さらに、ハルクとの戦闘でビルを一瞬で買い取るというシーンも。トニー・スタークくらいになると人間の心以外ならなんでも動かせるみたいです。

 

このあたりのぶっ飛び度合いがアイアンマン3であまりなかったんで、個人的にはウルトロンで爆発した感じが爽快でしたね。

 

ウルトロンの言い分もわかる。

ウルトロンが暴走した言い分は、すごくわかる。人間の歴史をババっと見れば人間って邪魔ものですよね。

アベンジャーズの時のロキのような動機ではなくて、ウルトロンは人工知能だけあって賢かった!ちゃんとそちら側の正義というか、筋というのが通って行動していたので少し考えさせられました。

 

ただ、やり方としてはトンデモないけどね...アベンジャーズをぶっ潰すってなるとウルトロンくらいトンデモない感じで攻めないといけないかもしれませんね。

 

ストーリーの筋、アクションと申し分のない映画になっていましたね。少しばかりスターク中心の映画になってしまっていたところが残念でしたが。

 

最後に

アベンジャーズに続き、ウルトロンも素晴らしい作品になっていました。個人的にはオススメですね。

 

huluで配信中なので、ぜひ鑑賞してくださいね。

 

それでは、また。

 

▼登録はこちら

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

 

▼huluで観ない人はこちら

 

マーベル関連記事!

映画「アベンジャーズ」見返し感想!爽快アクションが素晴らしい。

『ドクター・ストレンジ』感想、ネタバレ!かなり高評価です!