クリプトスペルズ 初心者向け 黒デッキ リッチの使い方の基本を解説!

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

初心者向けに黒デッキ リッチの使い方を解説します。

超基本なので、初心者だけが読んでくださいね。

 

初心者向け 黒デッキ リッチの使い方

f:id:kiyosui:20190528212249j:plain

  • マナクリスタルをゲットできるカードを入れる
  • 10ターンは耐えれるデッキを構築
  • 屍の魔術師で墓地を稼ぐ
  • 腐敗でホルスの門番を処理

ざっくりしたポイントはこんなところなんですが...

調整が入りました(笑)

 

f:id:kiyosui:20190528212743p:plain

クリプトスペルが13コストになったので、マナクリスタルを3つないし2つ(後攻の場合)用意しなければならなくなりました。

なので、上記のことだけ気をつければ良いという訳ではなくなってしまったので、ご了承ください。

この記事で書いてあるポイントはあくまで超基本。その上で何をするか考える必要がある可能性が出てきたということです。

 

公式のアナウンスはこちら

 

マナクリスタルをゲットできるカードを入れる

f:id:kiyosui:20190529102423j:plain

  • パンダの宝石打ち
  • 宝石槌のパンダ

この2枚は必須ですね。

コスト13に調整後は両カード共に2枚づつ入れておきましょう。

これ引かないことには、コスト13のクリプトスペルを使うことはできません。

調整後は、かなりハードルが上がった感じになりますね。

 

10ターンは耐えれるデッキを構築

f:id:kiyosui:20190529102852j:plain

10ターン凌がないと13コストのクリプトスペルは使えません。厳密には使える可能性が低いです。

あと10ターンくらいまで、耐えないと墓地も貯まりませんので頑張りましょう。

そこで必要なのが

  • 闇の祭司
  • ホルスの門番
  • 腐敗

などになってきます。

これらで、相手ユニットを除去しつつ防御を固めてライフが削られるのを凌いでいきましょう。

 

屍の魔術師で墓地を稼ぐ

f:id:kiyosui:20190529103205j:plain

墓地を稼ぐのにこのカードは重要です。

まず、屍の魔術師が死ぬことで1枚稼げます。

死亡時にスケルトンを2体出してくれるので、その2体も死亡すれば合計3対の墓地を稼ぐことができます。

こいつも2枚入れておきましょう。墓地を稼ぐのだ! 

 

腐敗でホルスの門番を処理

f:id:kiyosui:20190529103401j:plain

相手のホルスの門番は腐敗で対応しましょう。

ホルスの門番は、3/5なので腐敗を使うことで0/1まで落とすことができます。

ほぼ無力化できますので、これで対応していってください。

ホルスの門番は、みなさんだいたい2枚持っているので腐敗は2枚入れておくといいですね。

 

他にもこんなカード使いました

f:id:kiyosui:20190529103949j:plain

  • 疾走の竜騎士バロン:速攻でダメージを与えてライフ削る
  • グリフォン:マナクリスタルが必要な時にカード引ける
  • リリス:相手ユニット除去に使える
  • 死霊の導き:形勢逆転を狙える

こんなカードたちもデッキに入れて使ってみたらワークしました。

バロンは、速攻でダメージ与えて少しでも墓地枚数に近づけるイメージですね。

 

f:id:kiyosui:20190529104216p:plain

これに加えて調整後は図書館の魔女をが必要になってくるかも?

コスト13のクリプトスペルを使いたいとなると、マナクリスタル確保が必要になってくるので、カードを引く動作が重要になりそうですね。

 

もっと知りたい方はこちら 

 

上記のことはこちらの動画で解説しています。

リッチを使ったことのない初心者の方、よかったらぜひご覧ください。

 

最後に

リッチの使い方の基本解説でした。

まだまだ色々な可能性があると思いますので、ご自身でも試してみてください。

また調整が入る可能性もあり、環境はどんどん変わることがあることをご了承ください。

 

それでは、また。

クリプトスペルズ HP】