Hash Rush ベータ版に向けてゲーム内容を発表。地道なプレイヤーが報われる!?

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

Hash Rushがベータ版に向けて、情報発信していたので、まとめておきます。

去年、東京ゲームショウでアルファ版をプレイした時のクオリティは高かったので、少し期待しています。

関連記事:東京ゲームショウ2018(TGS2018)行ってきた!Hash Rush良かったよ!

 

Hash Rushについての過去記事はこちら

関連記事:Hash Rushキックスターターを開始!mac対応だったら、出資していたのに...

 

Hash Rush β版に向けて

f:id:kiyosui:20190607164440j:plain

ベータ版に向けて下記の機能が実装予定になっているようです。

  • クラフト
  • バトル
  • バウンティチャレンジ
  • マーケットプレース
  • ゲーム内課金

 

トレーラームービーはこちら

 

クラフト

f:id:kiyosui:20190607165921p:plain

無料のプレイヤーでもアイテムをRUSHコインに変えることができるマーケットプレースと並んで、Hash Rushを「Pay-to-Win(課金して勝つ)」ではなく「Play-to-Earn(プレイして稼ぐ)」ゲームにするもう1つの重要な機能がクラフトシステムです。

 引用:Hash Rush - ベータに向けて - Hash Rush

ゲーム内課金ではなく、忍耐強くプレイしてアイテムを集めたプレイヤーが有利に働くように設計されるようです。

おそらく、課金ではゲットできないアイテムが準備されているのかと。

 

バトル

f:id:kiyosui:20190607165403p:plain

バトルはPvEが基本になっていくようです。

3つのフェーズに分かれてゲームが進んでいくので、プレイヤーは飽きがこない設計になっているかもしれません。

詳しくはHPの方に書かれていますので、こちらを参照ください。

ここに関しては、ちょっと文字だけだと想像しにくいものになっていますね。

 

バウンティチャレンジ

f:id:kiyosui:20190607165804p:plain

バウンティチャレンジは、 Hash Rush公開時のメインプレイヤー対プレイヤーのチャレンジのことです。バウンティチャレンジは経験やスキルが同じレベルのプレイヤーを対象に、定期的に実施するコンテストです。

引用:Hash Rush - ベータに向けて - Hash Rush

このモードがプレイヤー同士が競い合うモードになりそうですね。

自分の惑星のクリスタルを送ることによって、リーダーボードに載ることができます。

上位プレイヤーにはアイテム(NFT)や賞金(仮想通貨)がプレゼントされるとのこと。

ここで、他のプレイヤーと差をつけて、収益を出していく感じになっていきそうです。

 

マーケットプレース

f:id:kiyosui:20190607170343p:plain
ゲットしたアイテムは全てマーケットプレースで取引することができます。

取引で使う通貨はゲーム内通貨のRUSHになるとのこと。

無課金プレイヤーでも積極的にプレイすることで、販売しRUSHをゲットできるようです。

RUSHにどこまでの価値があるのか?というところが問題になってきそうですね。

ただ、上場するだけでは価値の担保はできそうにないので、他のゲームとコラボやRUSHでしか手に入らない『何か』があったりすることが重要になりそうです。

 

ゲーム内課金

f:id:kiyosui:20190607171237p:plain

  • ユニットのスキン(カラーとパターン)
  • ユニットのアドオン

この2つが課金対象になっているようです。効果はバフみたいですね。

 

例えば、無料プレイヤーは15分間持続する8つの10%生産ブーストを獲得できます。有料プレイヤーは2時間持続する10%の生産ブーストを1つ購入することができます。無料プレイヤーは同じ長さのブーストを獲得できるわけですが、使うたびにログインする必要があります。

 引用:Hash Rush - ベータに向けて - Hash Rush

課金プレイヤーの方が生産ブーストが長かったりするみたいです。

この辺は、課金プレイヤーの方が有利に働くのは当たり前ですね。

この課金を上手く投資とみて時短して、アイテムを取引してRUSHを獲得していくと稼げるかも?しれませんね。

 

ゲームの進行

f:id:kiyosui:20190607171015p:plain

  1. 建築
  2. 採掘
  3. 防衛
  4. トレード
  5. 報酬獲得

この流れでゲームが進行していくようです。

最終的な『報酬獲得』で1番、UXに影響しそうな予感します。ここがプレイヤーが喜ぶものになっていれば、またプレイしたくなる可能性あるので最後に期待ですね。

もちろん、建築、採掘、防衛の時点でハッとするゲームになっていれば、中毒性高くプレイするユーザーは増えていくでしょう。

 

最後に

Hash Rushのベータ版に向けてのゲーム内容でした。

ここだけ読んでいると、プレイヤーにリスクがないので価値の担保ができるのか?ちょっと不安になりますが...

おそらく簡単にはアイテムがゲットできない仕様になっているはずだと思います。

ゲームとしては、クオリティが高いもの期待できるので、今後の開発が楽しみですね。

 

それでは、また。

Hash Rush HP