Final Cut Pro X テキストの色をグラデーションさせる方法を初心者向けに解説。

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

Youtubeのサムネイルで欠かせないテキストのグラデーションがFinal Cut Pro Xだけでできることに気づいたんで、やり方をまとめておきます。

 

Final Cut Pro X グラデーションのやり方

f:id:kiyosui:20190906163411p:plain

いつも通りテキストを入れます。

macなら「control + T」で入ります。

 

f:id:kiyosui:20190906163526p:plain

フェースを開きます。

 

f:id:kiyosui:20190906163620p:plain

カラーのところをクリックすると

  • カラー
  • グラデーション
  • テクスチャ

この3つが表示されます。

 

カラーはデフォルト設定されてるやつですね、今回はグラデーションをクリックしてください。

 

f:id:kiyosui:20190906163831p:plain

グラデーションを選ぶとグラデーションって項目が出てきます。

▼をクリックして、操作パネルを開いてください。

 

f:id:kiyosui:20190906163926p:plain

こんな感じに簡単にグラデーションできます。

デフォルトは二色のグラデーションになっています。

 

f:id:kiyosui:20190906164003p:plain

三色のグラデーションもできます。

 

f:id:kiyosui:20190906164146p:plain

適当に赤枠のバーをクリックすると新しい色が出現します。

あとは感覚で弄ってみて下さい。

 

初心者でもそれっぽくなるポイント

f:id:kiyosui:20190906164236p:plain

  • フォントを変更する
  • アウトラインを付ける
  • 同系色の色でサンドウィッチ
  • 二色から始める

この辺を気をつけると初心者でもそれっぽくなります。

上記の画像のように明るい黄色、濃い黄色、明るい黄色でグラデーションをすると豪華な感じになります。

 

f:id:kiyosui:20190906164410p:plain

あとは黒枠つけて、外に白枠つければ重みが出て文字もぼやけない感じになりますね。

最初は同系色の色で薄い→濃い→薄いでグラデーションしてみて下さい。

 

f:id:kiyosui:20190906164524p:plain

凝ってやるとこんな感じにまとまります。

赤と濃いめの黄色(オレンジ)は相性良いので使ってみて下さい(下の方)炎な雰囲気が出てくれます。

 

最後に

Final Cut Pro Xでのグラデーションの解説でした。

イラレがないとできないと思い込んでいる人もいると思うんで、記事にしておきました。

サムネのグレードを格段に上げてくれるので試してみて下さい。

 

それでは、また。