アクシー PlasmaChain mainnetのバリデーターに。LUNAトークンのメリットが増えました。

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

アクシーがPlasmaChain mainnetとバリデーターとして機能することが発表されました。

 

アクシーPlasmaChain mainnetへ

f:id:kiyosui:20190522112631p:plain

アクシー自体がPlasmaChainに入った感じですね。

LoomNetworkと運命共同体くらいの統合と言っても過言ではありません。

 

具体的にはこのようになります。

  • PlasmaChainのバリデーターにアクシーが入る
  • ルナーシア(ランド)とのコラボ
  • LUNAトークンとLoomトークンの提携

難しい単語ばかりなので、わからない人はわからないと思います。

なるべくわかりやすく下記に渡って解説していきます。

 

バリデーターとは?

f:id:kiyosui:20190522112539p:plain

 PlasmaChainバリデーターの要件 – Loom Network JP – Medium

 

簡単に言うと、ブロックチェーンの監視役ですね。

これがアクシー自体が入ることによって、チェーン上で不正されそうになっても阻止できるということ。

バリデーターはアクシー意外にもなれるんですが、ゲームの提携をしてくれているアクシーが入ってくれることで、ユーザーとしては一つの安心材料になると思います。

Loomのサイドチェーンは、高速取引をするためにバリデーターの数は少ないよう設計されています(イーサリアムなどに比べると)

なので、サービスを打ち出してくれているところが入っているという事実は良い方向に進むのでは?という感じです。

 

アクシーがバリデーターになるメリット

 アクシーの公式ミディアムの方にメリット具体例が書かれていました。

  • バリデーションの報酬をランド内のノード(ゲーム)に設定する。
  • LUNAの買い戻し、LUNAホルダーへの分配
  • LUNAトークンをバリデーションに利用する

 引用:Axie InfinityとLoom Networkの提携について – Axie Infinity JA – Medium

簡単に言うと、バリデーターの報酬をゲームに還元して、LUNAトークンの使用用途が増えるということです。

LUNAをホルダーするメリットもあるので、ランドのプレセールでLUNAトークンをゲットした方は、もしかしたら取っておくと良いことあるかもしれません。

まぁ投資に近い側面が大きいので、期待せずに待ちましょう(笑)

 

上記のことが上手くワークすれば、ランドアイテムの価値上昇なども見込めるかもしれませんね。

関連記事:アクシー ランドアイテム用マーケットプレイスの使い方を解説!

 

マルチバースになるかもね

今回、アクシーがPlasmaChainのバリデーターになったことで、他のゲームも同じような動きになる可能性もあると考えられます。

そうなってくると、LoomNetworkと提携しているゲームアイテムはPlasmaChainにいくはずなので...

マルチバース的にアイテムが行き来する可能性も出てくるかな?と。

例えば、アクシーのアイテムとCoins & Steelのアイテムが行き来して両方で使えるみたいな。

まぁステータス設定が大変なので、イベントアイテム的になるかもしれないですけどね。

 

最後に

これは世界的にも全く新しいチャレンジなので、良い結果を是非とも残して欲しいですね。

今後のアクシーのアプデに注目です。

焦らず、しっかりと開発を進めていってくれると嬉しいです。

 

それでは、また。