ALIS オープンベータ版 アプデ機能まとめ。投げ銭ランキング面白いですね。

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ALISのアプデリストが終わった(ペンディング以外)みたいなんで、まとめておきます。

 

ALIS 入出金機能

ALISの入出金にはMETAMASKが必要です。

関連記事:イーサリアム(ETH)初心者必見!METAMASKの使い方を解説!便利ツールです。

 

f:id:kiyosui:20190611221334p:plain

  1. 右上のアイコンをクリックしてください
  2. ウォレットをクリックします 

 

f:id:kiyosui:20190611221434p:plain

こちらが入金画面です。

METAMASKに入っているALISトークンを入金することができます。

 

f:id:kiyosui:20190611221442p:plain

こちらが出金画面です。

ALISで記事を書いて稼いだALISを出金することができます。

出金手続きで20ALISの手数料が発生しますので、出金する際はまとめて出金する事をオススメします。 

 

f:id:kiyosui:20190611221450p:plain

こちらが入出金履歴。

僕はまだ入金も出金もしていませんので、空っぽです。

 

詳しい使い方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:ALIS ウォレット機能実装!METAMASKから入金出金できます。

 

ALISが購入できる取引所

ALISが現在、取引できる取引所はこちらです。

ALIS内で記事を書くのはめんどくさいけど...ALIS内で投げ銭や有料記事を購入したい方は、上記のリンクからどうぞ。

 

個人的には、記事を書いてALISトークンをゲットしていくのをオススメします。 

関連記事:ALIS、トークン付与開始!高速アップデートに驚きました!

 

有料記事の作成

f:id:kiyosui:20190612111935p:plain

  1. アイコンをクリック
  2. 新規記事作成をクリック

 

f:id:kiyosui:20190612111959p:plain

  1. 記事を書く
  2. 公開するをクリック
  3. 有料に設定
  4. 金額を入力
  5. 有料エリアを設定するをクリック

 

f:id:kiyosui:20190612112115p:plain

最後にエリアを設定して公開します。

 

販売金額の10%がバーンされるので、ご注意ください。

 

投げ銭ランキング

ALISで投げ銭された記事のランキング機能が実装されました。

現在は、投げ銭が多い記事が目立つように設計されているようです。

 

f:id:kiyosui:20190612112333p:plain

現在はトップページの1番上に来るようになっていますね。

投げ銭された金額が多い順に掲載されているようです。

 

投げ銭でバーン(消滅)

投げ銭ランキングのデザインリリースにさきがけて、本日から投げ銭するALISの10%が有料記事と同じくバーンされます。これは、トークンをバーンすることで、存在するトークンの総発行量減少によるトークンの実質的価値向上および、投げ銭をお互いにし合って記事をランキングに入れるような不正対策を狙いとした仕様変更となります。

引用:オープンβ版 第5弾リリースのお知らせ | ALIS

有料記事と同様に投げ銭するALISの10%が消滅する仕組みに変更。

これがないとお互い投げ銭しあって、不正ができてしまいますからね。

今までの投げ銭とちょっと違うので、使用する方は注意してください。

関連記事:ALIS投げ銭機能を実装!使い方を解説!

 

賛否両論あり

ツイッターで#ALISで検索すると色々な意見が飛び交っています。

ざっくりと見た感じ、金かければ上に来れるじゃん。って意見が多いかな。

まぁ僕的には、ALISプラットフォーム内で無駄に金かけてまで上に行きたいですか?(10%なくなるし)って思うんで札束の殴り合いにならないかと。

あまりにもリターンが少なすぎるし(笑)

あと更新されてしまったら、どっか行っちゃうし。

なので、人気のあるユーザーがしっかりと評価されていく形に近いんじゃないかな?と思います。

地道に辛抱強くALIS内で良いと言われる記事を書いていたユーザーがまずは評価されて上位に来そうですね。

 

f:id:kiyosui:20190612113422p:plain

ちなみに投げ銭したユーザーはサポーターとして表示される模様。

従来のSNSの「いいね」と違う形で可視化されている機能に良いなと思いました。

 

最後に

投げ銭の可視化、有料記事などでALISトークンが消滅していくので、ここから半年から1年くらい見てどうなっていくのか?楽しみですね。

 

それでは、また。

ALIS HP