DMarketにdota2は対応しているのでdota auto chessも対応したら胸熱じゃない?

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

dota auto chess(以下オートチェス )というゲームに超ハマっています。

気持ちは、無限に続けられそうなゲーム久しぶりに遭遇しました。

 

「お?とうとうブロックチェーンから離れる?」って思った方。

このオートチェスというゲーム、もしかしたらブロックチェーン絡みになるかも?って勝手に思っています。

 

dota auto chessとは?

こちらの動画を観ていただくのが、1番手っ取り早く理解してもらえます。 

  • Dota2のmodゲーム
  • 駒を購入して配置してバトル
  • 麻雀的な要素あり

ざっくり言うとこんな感じのゲーム。海外を中心に広まり始めている感じですね。

スマホアプリも出る予定なので、今後盛り上がる可能性ありです。

執筆時はSteamでのプレイが可能になっています。もちろん日本語対応しています。

Steam Workshop :: DOTA AUTO CHESS

 

本家のdota2はDMarketに対応

当ブログで何度か紹介している、ブロックチェーンプロジェクトのDMarketにdota2は対応しているんですよ。

DMarketはSteamのゲームアイテムを売買できるマーケットプレイスです。

DMCという仮想通貨で売買可能になっています。

 

だいぶ古い記事ですが、こちらに概要まとめてありますのでどうぞ。

関連記事:DMarketとは?OPSkinsのライバルになりそうな予感!アイテム売買プラットフォーム 

 

で、このdota2が対応しているのを自分でも忘れていました(笑)

ブログを読み返していたら「あ...そうだ!dota2ってDMarket対応してるんだ!」って数日前に気づきました。

これがオートチェスをがっつりプレイする要因にもなっていると言っても過言ではないです。

こちらの記事でアプリの使い方を解説しているので、どうぞ!

関連記事:DMarketアプリリリース!CS:GOとDota2のスキンがスマホから購入可能。

 

ワンチャン対応したり?

f:id:kiyosui:20190505212140p:plain

オートチェスの方もワンチャン対応したり?って思ってたりしています。

オートチェスの場合、課金しても強くなる要素は全くありません。チェスプレイヤーのスキンが変わる程度。

なので流通してもどうなの?って感じはあると思いますが...

対応したらしたで仮想通貨で購入できるんだから、ブロックチェーン好きとしては嬉しい。

実際、現在対応しているCS:GOとdota2もスキンの売買なので、ゲームに影響する要素は少ないみたいです。

今後、DMarketがどう動いていくのか?オートチェスファンとしては見逃せない感じになっています。

 

ウォレットアプリでスキンを管理

現在対応しているCS:GOとdota2のスキンはウォレットアプリで管理できるようになっています。

dAppsブラウザウォレットなどを使っている人は、すぐに使えると思うのでぜひ触ってみてください。

DMarket Blockchain Wallet
DMarket Blockchain Wallet
開発元:Dmarket Usa Llc
無料
posted withアプリーチ

 

使い方はこちらにまとめてあります。

関連記事:DMarketのウォレットアプリの使い方を解説!思ったより進んでいてビックリしました!

 

最後に

オートチェスはマジで面白いので20時間くらい触ってください!

本当に面白い!時間なんか気にせずプレイしまくってほしいですね!

DMarketに対応したら胸熱なのでDMarketの方もチェックしておくことをオススメします。

 

それでは、また。