ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

休むことへの恐怖感。働き続けている人はこんな恐怖に駆られていませんか?

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170430065414j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

僕は休むのが超と言っていいほど下手くそです。疲れてきているから、今日は休もうと意気込んでも何かしてしまう...

時にはこの行動が、生産性を下げることになってしまうんですよ。なぜかな?と自分を分析してみました。

休むことが苦手な人は、じっくり読んでみてください。

 

休むことに対しての恐怖感。

休めない人って恐怖感に駆られているのかな?と思っています。僕自身そうですね。

大きく振り分けてみて、上記の3点が原因かと。細かく言うともっとありますが、だいたいこの3つの枠に入るイメージです。

 

収入が減る。

まぁ僕は、長者でもありませんしお金を稼ぐのはそこまで上手じゃないです。

なので収入が減るというのことに怯えているんでしょうね。今の状態の収入が来月もあるとは限りませんからね...

それによって働くことをやめられない。結果、生産性を悪くするという自体に陥ることも、しばしば。

恐怖心というものがあるとあまりいい結果って生まれないことが多いです。収入に対しての恐怖心はもう少し、最悪生活保護があるか!くらいの感覚を持った方がいいのかなって考えています。

 

生活保護を受けたいという話ではなくて、日本ではライフラインの最悪はどうにかなるかな?っていう現状に視野を向けて生活してもいいじゃないかと。

これをすることで、気持ちに少し余裕がでるかなって話。

 

あとは単純に恐怖が消えるくらい稼ぐということですね。これは日々の努力の積み重ねなので、淡々と積み重ねていきます。

 

習慣が消える。

じっくり休む日を設けると普段、習慣としてやっていることを少し削らないといけない面も出てきます。

削った結果、習慣が消えかかっていく的なことにならないか?っていう恐怖感があります。

ピアニストとかですと1日サボると3日戻るみたいなこと良く言うじゃないですか。この恐怖感に似たものなのかな。

 

2月にブログを放置しましたが、書くスピードを戻すのに1ヶ月かかりました。もうこれは体験したくない。

ってのが正直な気持ち。こういう感じで習慣化されたものが消えていく感覚があって恐怖感が生まれてきます。

関連記事1:堕落してブログ放置してました。

関連記事2:ブログ感、戻ってきました。1ヶ月でだいたい戻ります。

 

習慣に対しての対応策としては、いつもの50%から70%くらいに休むときは下げるという対応を今後取っていこうと考えています。

 

ブログが普段1記事だったら、2記事か1記事と下書き1記事的な感じで。このパーセンテージが今までなかなか下げれなかったので...

今後、上手に下げていってみます。

 

未来のことを考えすぎる。

未来の自分がこうなりたい!って誰しもが持っているビジョンでしょう。

または、理想の自分と現状の自分を埋めていく作業とでも言うのでしょうかね。

 

これを考えすぎると休むことをせずに、ひたすら作業を続けてしまいます。身体的に元気な状態であれば、すごく良いことですが...

体にガタがきている状態でやると迷いも出てきて、なかなか良い結果に繋がりませんね。

 

僕の場合、自己評価がめちゃくちゃ低いので、現状の自分を褒めることができないんですよ...

現状の自分を少し褒めてあげないと抜け出せなさそう(笑)先のことを考えすぎてしまうと目の前のことも見失いますので、未来のことを考えすぎるのは少し危険であります。

 

この記事を読んでいる人は、同じような感覚になっているかと思いますので、要注意を!

 

加えると...

加えてもう一つだけ言うなら...今やっていることが好きすぎる。休めない原因になる可能性が大です。

今やっていることが好きすぎるは、習慣が消えるに通ずるものがあります。好きすぎるからレベルダウンするのが嫌だとか。もっと先に行きたいとか。

 

この状況は精神的にはものすごく良い状態だと思うので、時には突っ走っちゃってもいいんですが、長くは続かないでしょう。

どこかで体にガタがきて風邪とか引いちゃいます。まぁいっそ一回、体調崩せばどこが引き際なのかわかると思うのでやってみても価値はあります。

 

好きすぎるも時には諸刃の剣になりますので、要注意です。

 

休むことの恐怖感を減らしていこう。

休むことの恐怖感って自営業の人が多いのかな?って思うんですけど、僕はサラリーマン時代も同じ感覚あったので、個人で感じる人、感じない人で分かれるんでしょうね。って考えています。

 

恐怖感を減らしていくには、失敗してそこからまた元に戻すという作業を繰り返していけば、いつかはなくなるんじゃないかな?って現状だと考えています。

 

要するに失敗ありきなんですね。だからグッと休むことも必要。

 

ブログで例えると、2月にほとんど記事を書かないことから、書くスピードが落ち、ネタが切り出せなくなり...という大ダメージを受けました。

ただ、1ヶ月で戻せたので休むことの恐怖感はかなり減りましたね。(もう体験したくはないが...)

それと同時に、どれだけ休むとどういう負荷がかかるのか?ってのも把握できるようになってきました。

 

休むペースをつかむのって「休む」→「失敗」→「戻す」の繰り返しかなって掴みかけています。

 

戻すということが実証できて、さらに成長できれば休むことへの恐怖は減りますからね。あとは収入面か...(笑)これは金を稼ぐしかない(笑)

 

休むことに恐怖感がある人は、失敗から始めていってください。

 

意図的にサボるがいいです。

休むのに恐怖感がある人、休むのがヘタクソな人はこちらの記事をどうぞ。

関連記事1:インプット過多、ストレス過多の人は意図的にサボるという行動が良い!

関連記事2:鎌倉へ意図的にサボりに行ってきました。低得点でしたが、なかなかスッキリしますね。

 

最後に

自分はどうして、こんなにも休むのに怯えているんだろう?と考えてツイッターを使ったら頭がすっきりして言語化できました。

文字にして書くということは、本当に重要ですね。

 

休むのが苦手な人は、ぜひ文字にして自分と向き合ってみてくださいね。

 

それでは、また。

 

関連記事!

新しい人脈、出会いを作るなら新しいことを始めた方が圧倒的に可能性が高い。

緊張の原因、ほぐし方!多くが無駄な緊張です。本番に弱い人注目!