自閉症ボランティアで僕が変わった3つの事と1つの課題

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20160204203155j:plain

こんにちは、キヨスイです。

 

昨日も読者数が増えてパニックしています。2日で20人ほどの読者登録がありました。

 

本当にありがとうございます。モチベーション上がっています。

 

読者登録だったり、ディスられたり、褒められたりって嬉しいですよね。誰も見てないことが一番悲しいですからね。

 

初心者ブロガーですが、今後とも応援して頂けたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

今日は、僕が自閉症のボランティア活動に参加して自分自身に変化が出てきましたのでその変化とこれから必要なことをお伝えしていきたいと思います。

 

 

積極性の増加

1つ目は、積極的になりました。いい意味で先のことをあまり考えなくなってきたんですよね。やれそうなことは、「とりあえずやってみようよ!」的な。

 

昔は、実行するまでにメリットは何か?デメリットは何か?みたいなことを熟考していたんですが、今はあまりそういった小難しいことはなくなりました。

 

もちろん、あまりにも無駄な努力はやらないという判断は下しますが、「やろう!」「やってみよう!」と思考が行くまでフットワークがかなり軽くなって生活のスピード感が増した感じがします。

 

ブログ、noteを始めるときもそんな感じでフットワーク軽く始めることができました。熟考しなかったお陰でブログ引っ越し、記事再編集なんて手間も出ましたが始めるスピードのメリットを考えたら始めちゃってよかったなと思っています。

 

ブログ引っ越し、記事再編集くらいのデメリットなんて良い経験として捉えたら今後同じ失敗しませんしね。

 

なぜボランティアに参加しただけで変われたのか?というと。

 

自閉症の人たちってスイッチ入った時すごく早いんですよ。絵を描くボランティアなんですが集中した時に描き始めてから、描き終えるまでのスピードがとにかく早い。

 

周りの目なんか気にせず積極的に絵を描いていく。これってすごいことだと思うんです。

 

この姿を見て、細かいことはあとで「とにかくやってみよぜ!」みたいな感覚になってきました。

 

学ばせてもらって本当にありがとうございます。

 

 自分に素直になってきた。

2つ目は、自分に素直になってきました。

 

 自閉症の人たちは、とにかく素直です。これは気遣いができないって意味では、ありませんよ。気遣いは苦手なのは事実だと思うのですが彼らなりにしています。

 

僕のパートナーも気遣い苦手ですしね。

 

彼らは行動ひとつひとつがとにかく素直だし、素直に感情を出している。自然体なんですよね。

 

なので、僕も自然体に接しようと心がけていくうちになぜか素直になってきました。友達にも以前に比べたら遥かに素直になっていると言われるようになりました。

 

自然体が身についてきた証拠かもしれません。

 

素直になることで、ストレスも溜まりにくくなったし、無駄な思考をしなくて済むようになりました。

 

いやー素直っていいですね。

 

でも気をつけなければならないなぁーと思ったことがあって、ビジネスシーンなんかで素直過ぎると相手に不快な思いをさせてしまうシーンもあると思うので、その辺りはバランスをとっていこうと気をつけています。

 

子供なんて素直すぎて大人を傷つける発言しますもんね(笑)

 

怒りのコントロールができるようになってきた。 

 3つ目は怒らなくなりました。
 
以前、「僕が彼に怒らない4つ理由」という記事を書きました。
 
こちらですね。まだ読んでない人は読んでください。

この記事にも共通することなのですが、本当に怒りがコントロールできるようになってきました。

 

なぜこんなにコントロールできるようになったのか自己分析したところ

  • ビックリしたり動じることがなくなった。
  • 理解ができるようになった。
  • ストレス値が低い状態を保てている

この3つが僕の中で出てきました。まだまだあるかもしれませんが、今のところ気づいたのはこの3つ。

 

ビックリしたり動じることがなくなった。

ボランティアに参加していると、正直ビックリすること多々あります。

 

人って予想外の出来事などでビックリして怒ったりとかあると思うんですよ。でもこれって新しい経験だから、成長のチャンスなんですよね。

 

こういった考え方をするようになってから、動じなくなってきましたね。目の前の事柄を前向きに捉えている限り怒りやストレスになんて繋がらない感じがしてます。

 

理解ができるようになった。

ボランティアに来ている自閉症の人たちへの理解はまだまだかもしれませんが。

 

僕のパートナー(自閉症スペクトラム)への理解は前に比べたら遥かに理解が深まっていると思います。

 

自閉症スペクトラムの理解ができるようになったのは、自分の中ですごく自信になっています。今後また大きな壁がきても「理解」という武器で乗り越えられるんではないかと。

 

そしてボランティアに参加するたびに僕のパートナーへの理解が深まっていくのが実感できます。

 

事柄を理解していくと頭がどんどんスッキリしていって怒りから遠ざかっていくんですよね。

 

 これで、怒りのコントロールが出来るようになってきたのではないか?と僕は思っています。

 

ストレス値が低い状態を保てている

上記の二つのお陰でストレス値が以前より低い状態で保てています。単純にストレス値が低ければ怒りから遠ざかります。

 

なので自分をコントロールできている。

 

このストレス値が上がった時にもコントロールできるようになっていれば、人間の強度が上がっていると思います。

 

まだ僕には早いと思うのですが、数ヶ月後実験していきたいと思います。

 

 

今後の課題

ボランティアに参加することで、僕の欠点もハッキリわかってきました。

 

それは....

 

 

 

褒めるのが下手くそ。(笑)

 

 

褒めるの凄く下手くそです。今、自己分析中&勉強中です。

 

人って承認欲求があるので、褒めることすごく重要になっていきますよね。自閉症の人たちは、不安を常に持っている人もいるみたいなので、褒めるのは必須条件。

 

それに良いところを伸ばしてあげるというのもポイント。だから上手に褒めてあげたい。

 

しかし、下手くそな僕(笑)

 

ここは、早急に改善したいですね。頑張ろうと思います。

 

良い結果が出ましたらまたここで報告させて頂きます!

 

それではまた!

 

 

 

▼関連記事

この人めちゃくちゃ優秀『発達障害の自分の育て方』発達障害者は必読!

人間力が丸裸に露呈【自閉症ボランティアにて】

やっぱりディティールって大事ね。見栄えが全然違う。

健常者よ!東田直樹という男を知っているか? 

発達障害者は天才という、みんなの勘違い