TikTokのおっさんの戦い方を書いておく。1ヶ月頑張ってみます。

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

TikTok始めました。

ここ、かなり若者の戦場でおっさんが戦うには厳しい...

ですが、おっさんが戦える可能性を少し見出したので、やり口を書いておきます。

 

若者の戦場すぎる

最初作った動画がこちら、15秒でおっさんが表現するって難しすぎる(笑)

よかったら、ツイッターでみてください。

 

若い子やカワイイ子だったら、踊っているだけでサマになるんですが、おっさんには少々厳しいものになっています。

ここは、若者の戦場すぎます(笑)

 

数百回ならすぐ再生される

f:id:kiyosui:20181112180005j:plain

数百回なら、すぐに再生されます。

さすがブームになっているだけありますね。

コメントやハートも少しは頂けました。ハッキリ言って、これ僕と相性悪いと思います。

僕、コミカルな動きとか苦手なんですよね...

 

で、どうやって戦おうと悩んでいたところ

Youtubeの動画を展開することにしました。 

 

Youtubeの動画の展開ならコスト低い

Youtubeの広告の場として、同じ内容のショートバージョンをアップしていく作戦に決定!

これなら、コストも超低いので続けられそうなんですよね。

すぐ数百回の再生を確保できるので、広告の場としては少し可能性あるかな?と考えました。

 

TikTokは、ツイッターとYoutubeを同期することができます。

なので...これで少しの流入が見込めるかも?という淡い期待をしながら、おっさんはTikTokで遊んでみることにしました。 

 

たぶん、広告系は嫌われる

ここからの予想なんですけど、広告系は嫌われる可能性が高いかな?と2日目にして感じてきました。

もうちょっと面白い15秒バージョンを作れれば、変わってくるかな?とも思ってはいるんですけど。

おっさんが戦うと狙えないので、このままYoutubeのショートバージョンを投下していってみようと思います。

一ヶ月後にどうなっていくのか?ちょっと楽しみですね。

 

たぶん、これだけ短い時間に再生されるってことは、一ヶ月くらいで結果出ると思うんですよ。

 

それで、無理なら撤退。

 

TikTokは、正攻法で戦おうとするとおっさんには厳しい。

 

最後に

おっさんのTikTokの戦い方でした。

いやー、若者の戦いに混じるのは本当に厳しいですね(笑)

一ヶ月感、頑張ってみます。

 

それでは、また。

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元:BYTEMOD PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ