ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

笑っててくれてありがとう:世界自閉症啓発デーコラボ企画

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160331104509j:plain

ども!キヨスイです!

 

今回は「なないおさん」のブログで企画されている「世界自閉症啓発デーコラボ企画」に参加しよう!ということで

 

僕のパートナーに「ありがとう」という気持ちを込めて記事を書いてもらいました。

 

 

なないおさんのブログはこちら

nanaio.hatenablog.com

 

というわけで、パートナーにバトンタッチします!

 

ありがとうは、笑ってくれること。

どうも、「ぴぃ」と申します。

 

こんな名前ですが男で、約1年前にADHDとアスペルガー症候群のダブルパンチを抱えている事が発覚したルーキー発達障害者です。(診断をもらったのが約1年前)

 

ADHDについて。主に「多動性」「衝動性」「不注意」が代表的な症状。詳しくはこちら

ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

アスペルガー症候群について。自閉症スペクトラムの中の障害。軽度な自閉症。詳しくはこちら

アスペルガー症候群 - Wikipedia

 

今回は『”世界自閉症啓発デーコラボ企画参加者募集!”という事で「ありがとうの気持ち」をブログに書いてみたらどう?』

 

と、キヨスイにふわっと誘われて

 

ヘラヘラ「良いよー書く書くー!」と2つ返事で書いてみる事にしたのですが、

 

早速、アスペルガー症候群の『感謝の気持ちが薄い』というトップバッターに打ちのめされております。うーむ。

 

「どんな配慮が嬉しかった?」って言われても忘れちゃったり

 

当たり前に思っちゃってて、せっかくの配慮に気づかなかったりで
記憶に残ってる事がもうペラペラに薄いのです。

 

「ありがとう」ということが思いつかないんですけど

 

でも、一つだけいつも言わない「ありがとう」があります。

 

それは「笑ってくれること」です。

 

例えばボクが

 

『この間スッゲー発見したんだよ!洗濯物を洗濯機に洗ったまま4日間放置して干すとシャツのクビがベロンベロンになる!』

 

って報告をしたらキヨスイは大爆笑をしてくれる。

 

それで、笑いながら「なんでそんなことになったの?(笑)」って聞いてくれる。

 

この記事参照です。

kiyosui.hatenablog.com


お仕事で第三者の人を含めた話し合いをしていて、

 

「あ。あの電球切れてるー。あーホコリもスゴーい。」

 

なんて考えちゃって話し合いの内容を途中で見失ってしまって

 

キヨスイに「今の話わかった?」って聞かれた時に

 

『すいません、ボクは今思考が迷子になってしまいましたー!今の話ボク用にもう一度教えて下さい!』

 

って手を挙げると「あっはは、それはね」って笑って教えてくれる。

 

決して「怒る」ことも「心配」することも

 

それを直そうとすることもなく

 

嘲笑ではない、笑顔の笑いをくれるのです。

 

だからボクも、愉快な気持ちになってボクの言葉で話せるし、聞く事が出来るのです。

 

怒られたり心配されたりするとボクは

 

その事がまるで世界で一番の大罪かのごとく悪い事に思えて

 

その事を直すのに必死になって

 

他の事に注意もいかなくなって

 

言葉も口からでなくなって

 

文字だけが耳にぶつかって来て

 

それ以外のもっと大事な事を壊したり無くしたりしてきました。

 

それで、どれがもう自分なのかもわからない

 

「普通の人」でも「自分」でもない状態になってしまって、何度も焦っての繰り返し。

 

キヨスイに言われた「素直な自分の状態でいればいいよ」というのが、今はキヨスイが「笑ってくれること」で、できています。

 

いやぁ、ありがとうございます。

 

今日も元気です。