読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

努力の方法論が網羅的に書かれています。「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」を読了しました。

バランス感覚良く、努力をするためのことが網羅的に書かれていてすげぇためになりましたね!努力できない人にオススメです。

 

 

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

 

この本を読んだ結論

  • 努力の仕方が網羅的に書かれている。
  • 天才と呼ばれている人のほとんどが努力家。
  • 努力するバランス感覚が養える。

 

この本を読んだ結論はこんな感じですね。「努力しろ、努力しろ」って良く言う人いるじゃないっすか。

でも努力の仕方は教えてくれない。困っちゃうなんて人は、解決の糸口が見える可能性あります。

どんな本なのか、書き進めていきますね。

 

東大法学部を首席で卒業した人の努力論

著者の『山口真由』さんは東大法学部を首席で卒業したそうです。

彼女は周りの人間から天才扱いをされたり、頭の出来が違う人はいいですねぇ〜みたいなこと言われ続けてきたそうです。

 

ただ、彼女からすると全く天才なんてことはなく。努力の塊で自分はできていると認識していたそうです。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」を読めばわかりますが、彼女は努力の人間でした。

 

どうやって努力したのか?というものを超具体的に書かれている良書となっています。

ぜひ、努力が続かない人はこの本を手にとっていただきたいですね。

 

やっぱり不得意の努力はダメ

不得意の努力はやめといた方が良いと本の冒頭に書かれていました。

最近、よく色々な著名人から聞きますよね。自分の得意なことを見つけてそこに最大限のパワーをつぎ込むことを山本さんはオススメしています。

 

世で「苦行」という言葉がありますが、苦行と感じるようなことって努力が目的になりがちなんですよね。

苦手なことを一生懸命やっている自分を褒める。ってなんか違いますからね。

そうじゃなくて努力した結果、目標にたどり着いた自分を褒めるが目的ですから。これが成長につながる訳で。

 

なので不得意なことを努力しようとしていてはダメです。ひとつ尖ったものを見つけて、それを最大限努力することに努力の価値がありますよね。

 

山本さんは、自分をモデルとして自分が得意なところと不得意なところを紹介してくれています。

モデルにしてくれることで、読みながら自分自身と照らし合わせて読み進めることができますよ。

 

本からの学び方

山本さん流の本からの学び方も色々と書いてありました。個人的にはこれはすごく印象的でしたね。

 

  • 教本は一冊にこだわる
  • わからない言葉はすっ飛ばし
  • 読書に時間をかけない

これらの様なことが書かれていました。

本を読むにあたってのコツ的なものですね。元々、本が好きな人間なので本を読むことが苦痛になったことはありません。

ただ、苦手な分野や少し興味の薄い分野だと「しんどいなぁ〜」って感じる事も多々あるので、山本さん流の本の読み方を実践してみようかなって考えています。

 

最近だと、本だけに関わらず教則動画とかにも言えることありますよね。同じ動画を何回も見ることで新しい発見ってたくさんあったりしませんか?

 

努力は「反復・継続」のものですから、本で勉強するときにも「反復・継続」を忘れないようにいきましょう。

 

努力するときは一点集中!

努力するってかなりパワーを使うものです。基本的にできないことをできるようにしましょうということですから。

なので、一点集中がオススメだと書いてありました。

 

子どもが勉強しているときに、「姿勢が悪い!」と怒るご両親もいらっしゃるかもしれません。しかし、姿勢を正すことに気をとられて、勉強に集中ができなくなったり、ただでさえストレスの多い勉強に負担が増えて勉強から遠ざかったりするのは、逆にもったいないことだと思います。

この様なことが書かれていて、唸らされました。

姿勢がいいことには越したことないんですけど、姿勢と勉強って本質的には少しズレているんですよね。

もちろん姿勢が良い方がインプットが捗るなどの脳科学的な実証があるかもしれませんが、両方できないことをやるのってかなり苦痛なわけで。

 

結局、集中力が続かない現象に陥ったりしたことありませんか?

なので、姿勢を正したいなら他の手段で別枠の時間をとっていきましょう。勉強は勉強で。

 

最後に

本当に細かく、努力論が書かれている本でした。具体的な努力の仕方から精神論まで網羅的でためになる一冊になっています。

数年役に立つ努力の方法になるんじゃないかな?って感じです。

 

▼この本がオススメな人

  • 努力が続かない人
  • 努力が嫌いな人
  • 不得意で努力しちゃっている人
  • 努力を諦めている人

 

とこんな感じの人にオススメですので、気になったら手に取ってみてくださいね!

 

でわ!