人間が損失感情にめちゃくちゃ弱いのを体感するのは、ツイッターが最適。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170520080149j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

DaiGoさんの本を読んでいて、人間って損失するときの感情の方がデカイということを認識していましたが...

最近、強く体感しました。「あぁーこれか...損失の感情の方がでかいってことは」とね。

そちらのお話。 

 

ツイッターで損失感情を強く認識した。

ツイッターのフォロワーで強く学びましたね!フォロワーがググッと増えるとだいたい数名は、数日後いなくなるんですよ。

10人増えて8人いなくなるというイメージ。

 

フォロワーが増えればそりゃ嬉しいですよ!今、ツイッター強化していますからね!やった増えた!リツイートされた!ってね。

そのあと減った時の感情...これの悲しさといったら、増えた時の数倍なんですよ。「せっかく増えたのに...」が頭によぎるんですよね。

 

マジで人間って損失の感情の方がデカイんだなと衝撃を受けました。たかがツイッターのフォロワーですよ?

しかも1000人、1万人が減ったわけじゃなく5人とか8人のレベルですよ?

フォロワーが増えるまえから考えるとしっかりと増えてきてはいるのに、減ったことを事実として受け止めてしまって、悲しんでいる自分が何パーセントかいるんですよ!

もうびっくりしちゃいましたよ!

 

そりゃ恋人と別れた時の方が悲しむわ(笑)

 

損失感情とどうやって付き合っていくか?

現状の僕のレベルですと...この感情を消すのは無理です。はい。ですから、どうやって付き合っていくか?が重要かなと。

 

ツイッターのフォロワーで考えて...

10人増えて8人減って5人増えて4人減った場合。

この場合って3人増えていることになるんですよね?だからこの3人の事実をしっかりと割り出して受け止めることが重要かと。

 

そうすれば、損失感情はだいぶ減るはず。こんな感じに数字で見えるものでしたらすごく簡単ですが、そうじゃないものも世の中たくさんある。

 

特に人間関係だ。数字で見えない場合は少し難しいぞ...

 

良いこと悪いことを書き出す。

例えば、恋人と別れた時。おそらくだいたいの人が、恋人が出来たときより別れたときの方が感情が揺さぶられるでしょう。

 

損失していますからね。ここで注意したいのが、恋人がいなくなったことに悲しんでいるのか?その人と別れたことに悲しんでいるのか?

これをハッキリしないとボヤけてきそうだなと。

 

どちらが良い悪いじゃなくて、自分の心にしっかり聞いてみないとそのあとの良いこと悪いことの割り出しが変なことになりそうじゃない?ベクトルが変わってくるというか...

 

自分の心が決まったら、とにかく紙に良いこと悪いことを書き出す!いっぱい書き出す!良いことなんかあるわけねーだろ!って声が聞こえてきそうだが...必ず、良いことはあるはずだ!

 

簡単なことでいうと『時間』ができるはず。恋人と別れるとひとりの時間が増えるでしょう。この時間をどのように使うか?なんて想像したら楽しみじゃないかな?

 

損失感情に振り回されて、自分でも気づいていないメリットが出てくるはずなので、とにかく書き出してみて下さい。

 

書き出したらメリットに目を向ける。

メリットだけに目を向けましょう。今デメリットに目を向けても、損失感情にのまれるだけなので、良いことがない。

とにかくメリット!デメリットに目を向けるのは、もうちょっとだけ落ち着いてから。そして今後の糧にしてくださいね。

 

僕もツイッターで3人増えたって事実にだけフォーカスしたら、気持ちが少し晴れ晴れしてきました。

今までより3人増えたんだぜ!ってね。進歩しているのは、事実です。こっちの事実に目を向けてから減った理由などを探るのが吉。

 

自分に損失感情が少ないと思っていたが...

そんなことなかった!事柄によったら多いにあったって気づけたのも大きな収穫です。

ツイッターがそんな機能を持っているとは、思ってもいなかった...いやぁ勉強になります。

ツイッターを本格的に始めて、まだ一ヶ月も経っていませんが、素晴らしい経験ができました。たぶんツイッターは、ちょうどいい損失感情を与えてくれるのでしょうね。

自分の損失感情を見るときは悲しすぎる事柄だと、しっかりと認識する余裕がなくなってしまう...入り口は軽めのものが良さそうです。

 

自分の中の損失感情と少しだけ向かいあえた感じがしましたね。おそらく、ツイッターから学ぶことはまだまだあるでしょう。

このままツイートしまくって、フォロワー増えるように頑張っていきたいですね。

 

最後に

損失感情と向き合うには悲し過ぎてもシンドイのでツイッターみたいにちょうど良い損失を頂けるものを見つけると向き合いやすいです。

 

ツイッターじゃなくても良いので、自分のことを良く知るために何か心に余裕が持てるくらいの損失を体験してみてください。

 

それでは、また。

 

オピニオン関連記事!

新しい人脈、出会いを作るなら新しいことを始めた方が圧倒的に可能性が高い。

新しいことをしたいけど、怖い人必見!リズムが狂って当たり前ですよ。

生産性は誰でも上げれます。才能に頼らず、生産性を上げる方法。