【ICO】Rentberryとは?不動産事業のP2Pを実現する。仲介者なしでコストダウン!

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ICO中のRentberryについてまとめておきます。

一旦はスルーしたんですが、なかなか良さげなICOでした。

 

Rentberryとは?

不動産市場のプロジェクトです。

 

▼Rentberry基本情報

  • 不動産のP2P
  • 賃貸する際、家主と契約者が直接取引
  • 仲介業者がないため手数料をカット
  • ブロックチェーンとスマートコントラクトを使用することで、透明性のある契約を実現
  • 契約を1プラットフォームで終えるため、無駄な時間を削除

  

▼Rentberryのトークン情報

  • シンボル:BERRY
  • 総発行量:2億7000万BERRY
  • ハードキャップ:30,000,000 USD
  • ソフトキャップ:3,000,000 USD(済み)
  • ICOのレート:1ETH=2,500 BERRY
  • ERC-20
  • 最小購入:0.1ETH
  • ICO期間:2018年2月末まで

 簡単に説明するとこんな感じですね。

 

仲介業者カットをすることで、コストダウンを見込めるし、色々なところへ行ったりする必要性もなくなるという!

なんとも便利なサービスなんでしょう!ブロックチェーンを正しく使用すれば、こんなものはお茶の子さいさいですね。

 

ロードマップ

f:id:kiyosui:20180213074327p:plain

2018年の計画です。

  • アプリ開発、リリース、国際特許を登録
  • クラウドソーシングでの補償金制度
  • BERRYのトークン化 

2018年中には実際にBERRYを使用して家賃を支払うことが起きそうですね。

 

f:id:kiyosui:20180213074510p:plain

2019年の計画です。

  • レビューシステム構築
  • 第三者プロバイダにAPI提供
  • ヨーロッパ、アジア展開

2019年頃にはRentberryの社運がわかっていそうですね。

 

f:id:kiyosui:20180213074717p:plain

2020年以降の計画です。

  • Smart-Lock技術とやらを開発
  • 公共料金を自社プラットフォームで決済

公共料金の決済は楽しみですね。BERRYトークンを使用して水道代、電気代を支払う時代が来るかもしれません。

 

壮大なロードマップなので、ICOに参加する方は2020年まで待つつもりで参加しましょう。

 

プラットフォーム稼働済み

Rentberry – Long-term apartment rentals

こちらにアクセスしてみてください。

 

f:id:kiyosui:20180213075226p:plain

しっかりとプラットフォーム稼働しています。

 

f:id:kiyosui:20180213075233p:plain

人気都市はこれらのようです。アメリカを中心に利用されているみたいですね。

あとはブロックチェーン、スマートコントラクトの適用とBERRYトークンのを使えるようにしていくという感じですね。

プラットフォームが稼働済みだと一気に実現性が高まります。

 

不動産系のICOは他にもありましたが、Rentberryは一歩先に行っている感じがありますね。

 

高いICOレビュー

f:id:kiyosui:20180213081004p:plain

高いです。すごく高いです。ただそれだけなんですが。

ここまで読んでくれた方はRentberryの実現性の高さは理解してくれたと思いますので納得かと。

 

賞を受賞しています。

f:id:kiyosui:20180213075703p:plain

完全に余談なので、参考までに止めておいてほしいのですが。

2017年のブロックチェーンベストインダストリーアプリケーションアワードという賞を受賞しています。

期待されている案件のひとつという証拠でしょう。変な詐欺られたりする可能性は低いでしょうね。

 

Rentberryの安心材料

安心材料をまとめておきます。

  • ソフトキャップ達成済み
  • プラットフォーム稼働済み
  • 賞を受賞
  • 高いICOレビュー
  • 実現性の高いロードマップ
  • Cryptonomaosがサポート

安心材料は多いです。ソフトキャップ達成しているので、当面は企画倒れはないでしょうね。

 

Renberryの不安材料

  • 国際展開の失敗

2020年までに掲げられている国際展開の失敗が不安材料になります。

国が違えばもちろん文化も違います。アメリカでウケが良かったからと言って、日本の顧客に満足してもらえるかどうかはわかりません。

さらに物件も違うわけですから、様々な盲点が待ち構えている可能性ありです。

 

国際展開する際に慎重になって、支社を作ってから確実に展開していけば成功する可能性は大きいでしょう。

 

RentberryのICO参加方法

Cryptonomosにアクセスしてください。

 

f:id:kiyosui:20180213082257p:plain

『Buy token』をクリック! 

 

f:id:kiyosui:20180213082304p:plain

『Sign Up』をクリック!

 

f:id:kiyosui:20180213082313p:plain

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード

記入してください。

 

 

f:id:kiyosui:20180213082329p:plain

ログインしたら、登録したメールアドレスにアクティベートメールを送ってください。

自分で送るようにクリックしないと届きませんので、設定してくださいね(写真忘れたごめん。)

 

f:id:kiyosui:20180213082338p:plain

右上の赤枠から二段階認証をしましょう。

ちなみに電話番号は登録しないでも問題ありません。

 

f:id:kiyosui:20180213082346p:plain

『Google Authenticator』を選択して『Cpntinue』をクリック! 

 

f:id:kiyosui:20180213082350p:plain

いつも通り、QRコードが出てきますので読み込んでください。

読み込んだら『Enter code』にコードを入力しましょう。 

これで二段階認証は終了!QRコードはスクショなり印刷なりして取っておいて下さいね。スマホ無くしたらログインできませんよ。

関連記事:仮想通貨取引所の二段階認証バックアップ方法!絶対に取っておくことをオススメします。

 

f:id:kiyosui:20180213082856p:plain

ホーム画面に戻って、イーサリアムのマークをクリックしてください。 

Cryptonomosのイーサリアムアドレスが表示されますので、送金します。最低入金額は0.005ETHなのでお気をつけを!

取引所からの入金はダメです。My Ether Walletなどを使用してください。

関連記事:My Ether Walletの使い方を解説。MOLDトークン購入も載っています。

 

f:id:kiyosui:20180213082902p:plain

 入金後、BERRYを買います。

 

f:id:kiyosui:20180213082906p:plain

こちらで0.1ETH以上から購入可能になっています。好きな量を購入してください。

今なら25%ボーナスがつきます(2018年2月13日) 

 

RentberryのICOへ参加

 

最後に

メリット、デメリットありますのでICO参加は余剰資金でご参加下さい。

僕の記事が参考になれば幸いです。

 

それでは、また。