【344日目】ブログ記事をリライトしてみたところSEO効果が出てきました。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170122130947j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

最近、やっとリライトの重要性がわかってきました。1年経ってやっとわかりましたよ...時間かかりすぎトホホ。

 

リライトでPVの底上げを!

f:id:kiyosui:20170122131347j:plain

リライトをすることで、検索順位が少しづつ上がってきました。

そのお陰で、少数ながらPVの底上げに成功することができました。キーワードプランナーとかgoodkeywordとかアナリティクス使ってリライトしたり確認したりしているんですけどね。

 

ほんのちょっとですよ。日にすると70PVくらいの底上げに成功。

成功した記事は、この二つです。

10年後も読み返したいおすすめ漫画!名作は不滅だ!! 

演技派俳優をまとめた!演技力が抜群!この人たち上手いです!

 

リライトすることで、スズメの涙程度ですが検索順位が上がりPVの底上げがほんのちょっとだけできるようになりました。 これがキッカケになりなんとなく、リライトとこうやってしていくといいのね。みたいな感覚をつかむことに成功!

 

リライト記事の選定

どの記事をリライトしようかな...って迷いますよね。僕は面倒くさがり屋なので、わりと適当に選んじゃいます。

今回は、実験も兼ねていたので難易度が低そうなものからテコ入れしはじめました。

 

▼選定の条件

  • キーワードプランナーで100〜1000くらいの検索ボリューム。
  • 自分が書き直したいやつ。
  • 強豪が弱そうなやつ。

選定の条件は上記な感じです。

 

難易度を低めにしたかったので、キーワードプランナーで調べて検索ボリュームが少なめなやつにしました。

1万から10万くらいになってしまうと、今の僕では太刀打ちできませ〜ん!ってなってしまうので、弱気に攻めてみました。

 

あと、自分が書き直したいやつってのは、なかなか重要でしたね。「この記事もったいないからリライトするか」って感じで始めたものもあるんですけど中途半端に頓挫しました。

 

キーワードプランナーで検索ボリューム少ないやつ選んでいるので、問題ないと思いますが。念のため狙っているキーワードで検索して、強豪が弱そうなやつを調べていきました。

弱そうなヤツの定義は、記事をパッと見て「あ、僕の方が書けるかも?」って思ったものって感じにしています。

あとは文字数とか調べてもいいかもしれませんね。

 

こんな感じで選定していきました。

 

結果が出るのが遅いけど我慢。

次の日に結果が出たりしません。検索順位が次の日に上がることもありますけど、2週間くらいまたないと反映されない感じでした。

なので、リライトしたあとは我慢な感じ。検索順位が上がるのを祈って見守るのみ!

これで2週間くらい見守っていたら、検索順位がスズメの涙程度、上がってPVがちょろっと増えました!

 

で、やり方は間違っていないっぽいぞ。と確信してリライトの重要性を体感できましたね。

 

これ、ブロガーさんはみんなやっているんだよねぇ〜!マメじゃないとブログ運営って上手にいかないこともわかりましたね。

 

リライトした文字数は?

リライトしたのは、各々の記事1000文字〜1500文字くらい追記して、なんか文章が微妙なところを直していきました。

もちろん、「あ、これいらねぇ...」ってのもあったのでカットもしました。

総合的には文字数が増えている感じになっているんですけど、今回対象になった2つの記事は、コンテンツの内容を充実させていったって感じです。

マンガを増やしたり、俳優を増やしたり、新しい情報入れたりとね。

 

それで1000文字から1500文字くらい増えたかなって感じ。

 

書くスピード大事。

書くスピード大事です。僕は毎日更新を最低でもしていこうと決めきっています。それがどんなに効率が悪いものであろうが、毎日更新は自分で決めたルール的な!

去年は1日3記事とか更新していたんですけど、リライトに時間をさくとやっぱりなかなか難しい。

なので、毎日更新を守りつつリライトをしていこう!という作戦に出ています。どんなゴミ記事でも0より1の方がいいですからね。

たまにラッキーパンチが当たることもありますから。0より1を目指しています。試行回数が増えることで精度も上がってくるかなと。

 

今回のリライトの件も去年の試行回数があったからこそ、誰にも教わらず気づけた点でもあるかなと思っています。

 

なので、個人的には書くスピードはかなり重要になってくるんですよ。

 

最後に

リライトについてのお話でした。どんな内容をリライトしたか?ってことは一切触れていません。隠しているわけじゃないんですけど、なんかこの程度の結果で知りたい人いるのかな?

というところと、内容自体は人によって変わるのかな?ってことがあると思ったので、ふんわりとどんな感じでやったのか?だけお伝えしていきました。

 

記事数が貯まってきて、ブログっぽくなってきたらリライトを視野に入れていくことをおすすめします。

 

でわ!