読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

ドラマ「カルテット」第2話目の感想

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170125153623p:plain

出典:火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ

 

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

ドラマ「カルテット」にハマっているので、ついでに感想を書いておこうかと。2話目の感想行きます。

 

カルテット第2話 感想

今回はあまり進展なかったです。ちょこっとだけ恋愛が入ってきて、大人の恋愛はめんどくさいというところを匂わせてくれました。

20代前半の恋ではないので、清々しいものはなくなんかフットワーク重いなぁ...という感じ。その辺は共感できるんですけどね。清々しい恋って一通り経験した人たちのドラマですから。

 

第1話ほどの衝撃的なインパクトはないものの、笑える部分はあったのでそちらにフォーカスして感想を書いていきます。

この『笑える部分』というものが、笑えない人が多く共感すらあまり呼べずに第1話目は視聴率10%を切ってしまったようです。

あ、ちなみに『から揚げとレモン』の話が分かれ道だったみたい。僕は大好きでしたけどね〜!

 

ブイヤベースを食べながら餃子

ブイヤベースを食べる夕飯から第2話はスタートします。そんな中で家森以外の人間が餃子の話をする。ブイヤベースを食べながら餃子の話をする3人に家森はやめてほしいという。

いや〜!家森さん!気が合います!お気持ちわかりますよ。ブイヤベースを食べながら、餃子の話をしたら餃子の味してきちゃうし。

目の前のあるものをしっかり食べろと言いたくなりますよね。僕なんか、食事をしながら食レポのテレビを観る人の神経がわかりませんからね。

けっこう、やる人いると思うんですけど食事をしながら食レポ観られていたら、ちょっと嫌だ。

ブイヤベースを食べながら餃子の話はやめてください。

 

家森さん、ドラマの中で超がつくほどめんどくさい人間になっていますけど僕は家森さんの味方です。

 

行けたら行くの悲劇

女性をお誘いしたときに「行けたら行きたい」と言われたことのある男性陣多いんじゃないでしょうか?僕もあります。

この行けたら行くの悲劇が本当によくわかった。女性に限らず、男性同士の誘いや女性同士の誘いでも使う人多いんじゃないっすかね?

 

「行けたら行く」で本当に来てしまった場合は悲劇が起きます。

例えば、「映画のチケット2枚あるから行きませんか?」と誰かを誘ったときに「行けたら行きます」という返事。

この時、誘った場合は『来ない』と判断します。僕も来ないものと判断します。

これで来てしまった場合が本当にめんどう。「もうあなたのチケットありませんよ?」ってなる可能性大なんですよ。

 

そうはならなかったとしても、なんか予定が狂ったり微妙な無駄が生じたりと色々とめんどくさい。

「行けたら行く」と良く使うあなた。僕は電話帳からあなたを間違いなく削除します。ただただ、めんどくさいです。悲劇です。

 

最後に熱弁している「連絡しますね」と連絡がきた家森が本当に可愛い。

 

巻の私弾けない

松たか子演じる巻は超がつくほどネガティブな人間。

毎回、毎回、演奏する前に「私弾けない」と言ってネガティブ発言をする。もうこれはこのドラマの「私弾きます」ですね(笑)

 

「私、今日頑張れます!」って聞こえてきます。今後、このドラマのお決まりのセリフになるのかな?

第2話目にして、なんか笑えてきました。

 

谷村さんの谷間

谷村さんの谷間を見て、谷村さんを『谷間さん』と連呼する別府。本当に笑った。松田龍平さん、鉄板の演技ありがとうございます。

エロい感じなしに嘘のような状況を本当にしてくれる、演技って最高です。1回ならあるかもしれないけど、4回くらい連呼する人なんかいませんからね(笑)

松田龍平さんの演技が光った瞬間でしたね〜!

 

半田に追われる家森

半田という謎の人物に追われている家森。いつも遭遇しているんですけど、理由はなぞ。

で、特に何もなかったようにひょっこりと家森は帰ってくるんですよね。今回も軽井沢まで半田に追われて、家森は捕まるんですけど何事もなかったように帰ってくる。

これなに?いつ明らかになるんすかね?音楽とサスペンスとシュールな笑いが混ざっているこのドラマ。

どこまで布石を投げて回収していってくれるのか?ちょっと楽しみですね。この回収の仕方でドラマとしての評価が決まってきそうですね。

 

最後に

ざっくりと気になったところや笑ったところをガガーっと書いてきました。

とにかく、共感が多いこのドラマ。視聴率が悪いことがめちゃくちゃ残念というか...こう考えている人、あんまりいないのかぁ...という気持ちになってしまいます。

 

おそらく、今回も「行けたら行くの悲劇」で視聴率は下がっただろう...

僕は毎週見ますがね!

 

でわ!