プレミアムフライデー2回目。なくなった?

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170331155045j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

プレミアムフライデーが今日で2回目ですが...既に消滅し始めていませんか?

 

プレミアムフライデー2回目。

月末の金曜日は早めに仕事を終えて、3時くらいに帰ってしまおう!そして飲みに行くなり、家に帰るなり好きなことをしよう!という試み...

 

2月から始まった試みなんですが...2回目にして消滅しそうになってませんか?(笑)ニュースでもほとんど聞きませんし。

今日、この時間に帰れているサラリーマンっているのでしょうか?居ても10%切りそうな感じですよね、おそらく。

 

みなさん帰れていますか?

 

月に一度なんか忘れるよね。

一ヶ月に一度、早く帰りましょう。なんて無理無理。

習慣がまずないだろうし...一ヶ月に一度帰れるように考えるくらいなら、毎日の生産力をあげて、毎日残業せずに帰るということをしないとみんな帰らないんじゃないだろうか。

 

逆にこのプレミアムフライデーが導入できている企業は、おそらく日々激務に追われている可能性はものすごく低いはず。

そもそも、帰れないのは業務が終わらないから。どんだけ政府が帰りましょうって言っても現場の状況は変わらないんじゃないかな。

 

変な制度をあげるより、まずは生産力。

生産力が上がらなければ、仕事をし続けなければならない結果になるでしょう。

同じ時間でどれだけ、仕事を進められるのか?というものを意識して行動、結果に落とし込めなければ時間はどれだけあっても足りない。

 

このブログを書くのも同じ話であって、ブログを書くスピードが上がれば上がるほど生産力が上がる。

収益やアクセスの視点で言えば、1記事でたくさんのアクセスを獲得して収益に繋げていけば生産力は高い状態になる。

 

ブログで言うとシンプルな話なんですが...会社になると無駄な人間関係が入ってきますよね。あいつは楽な業務でいいなとか。

このあたりの自我が入ってくると、生産性という視点は消滅してしまうんですよねぇ。

あぁ...辛そう...

 

プレミアムフライデーより税金を減らそう。

激務になったり、残業が多くなるのって、多くが金銭的な問題ですよね。

規定時間内以上の働きをしないと、会社の業績が傾くとか標準の給料では、生活が厳しいとか。

お金の問題で労働への負荷がかかっていると感じています。まずは、プレミアムフライデーなんかより、会社へかかる税金を減らしてあげたらどう?

個人で考えたら、所得税とかほんの少しだけ減らしてあげたら?という素人の考え。

まぁこんな簡単な話ではないと思いますがね!

 

最後に

本質的にはお金の問題だとは、個人的には思うんですけど。

個人、個人の働く意識も大きくあるでしょう。ここの意識が変わらないとどれだけ、お金に余裕が出ても変わらないでしょう!

 

プレミアムフライデーを導入している企業にいる人は、飲みに行ってたらダメですよ。そこでも会社の人と飲んでたら意味ないですから(笑)

自分が楽になるようなことをプレミアムフライデーの時間を使ってやっていきましょう。

例えばブログとかね!月に数万入れば、少し楽になるだろうし!

 

ネットで稼ぐのもいいですしね!

【副業】徹底比較!月1万円ネットで稼ぐならどれがいい?

 

それでは、また。