ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

興味の中のポジティブとネガティブ。自閉症ボランティアにて。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160516150907j:plain

ども!キヨスイです!

 

昨日は、自閉症のボランティア活動に行ってきました。新しい発見がありましたのでご報告を!

 

僕が参加しているボランティアは絵を描くことがメインのボランティアです。昨日一緒に絵を描いた子はこんな絵を描いてくれました。

 

2つの絵の心の違い

この2つの絵を覚えていて下さい。

f:id:kiyosui:20160516143756j:plain

f:id:kiyosui:20160516143810j:plain

 

今僕が認識している彼の興味のあるものは、「車」「Zoff」「政治」「古いもの」です。

①の絵は某政治家の似顔絵です。

②の絵はスカイラインや昭和40年代のテレビの絵です。

 

彼は両方の絵とも興味があります。ですが2枚の絵を描き終わって僕は少し気になることがありましたので彼に質問を。

 

f:id:kiyosui:20160420113222j:plain「どっちの絵を描いている時が楽しかった?」

 

と僕は質問しました。そしたら彼は、「②の絵を描いている時の方が楽しかった。」と言ってました。

彼のはしょっちゅう政治家の話をしています。なので、僕は政治家の似顔絵を描いている時の方が楽しいと予想していたのに、逆の答えが。本当に興味深いですよね。

 

僕なりに考察したんですけど、彼がいつも政治の話をしている時は、ネガティブな発言が多い。健常者の会話に置き換えると悪口的な発言が多いのです。

だから興味はあるけど、彼の楽しいからかけ離れているのではないのかな?という疑問が。僕がボランティアに参加する前は政治家の絵が多かったのですが、先輩たちに聞いたところ、僕が彼と接するようになってから絵に色合いが出てきて描く内容も変わってきたらしいです。

 

僕は今まで、興味があることを優先してやってそれを磨くべき!とこのブログでも公言してきましたが、どうやら表現が違ったようですね。

興味のある楽しい事(ポジティブシンキングになること)をどんどんチャレンジしていこうというのが正しい表現になりますね。

 

僕も心の根底では、こうやって思っていたんですけどしっかりと本質は見えていなかったようです。反省ですね。修行不足!

①と②の絵を見比べても僕は、②の絵の方がアート感を強く感じますしね。

 

ちなみに②の右下のテレビは僕がリクエストした絵でした。元気に描いてくれたんですよね。もしかしたら彼は「サポータータイプ」かもしれません。なのでその後から「ありがとう」を連発したら喜んでくれましたね。

 

描かせないはダメだと考える。

政治関係の絵を描かせないというのは、ちょっと違うかな?とも考えています。あくまで政治関係も興味のあること。ネガティブだろうが、ストレス解消にはなっているらいしいので全く描かせないのは逆に悪影響にもなり兼ねないですね。

 

でもネガティブシンキングからくる絵を描きまくると心が濁っておかしくなるのでここではバランスがとにかく重要になってきそうですね。

今回はポジティブシンキングの絵の割合が多く描けて結果的には良かったなと。

 

まとめ

重要なポイントをまとめておきます。

①まずは興味のあることをチャレンジする。

 

②その中でポジティブなものとネガティブなものを見極めて、チャレンジさせてあげることがかなり重要になってきます。

 

③ネガティブなものを強制して止めさせない。あくまでこちらも興味がある部類。なにかいい作用になっている可能性もある。

 

このあたりが重要なポイントになってきますね。

また僕の考え方が変わるかもしれませんが、その都度このブログでお伝えしていこうと思っていますので、お付き合い願います。

 

それでは、みなさんよい1週間をっ!

 

でわ!