大島祐哉の卓球がまるで映画ピンポン

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20160224143337j:plain

こんにちは、キヨスイです!

 

昨日、読者数が12人も増えてびっくりしました。どっかで話題になったの?と思ったので調べたら、全く話題になってませんでした!

 

ガッガリ(笑)

 

なぜ12人も増えたのか未だ不明です。読者登録してくれた方ありがとうございます!頑張ります!

 

モチベーション上がったところで、今日もブログ、バシバシ書いて行きますよー!

 

今日は、昨日ニュース番組で特集を組まれていた卓球選手について。

 

 

まるでペコのプレイスタイル大島祐哉

大島祐哉選手です。

f:id:kiyosui:20160224125459j:plain

オオシマユウヤ/OshimaYuya
所属:早稲田大学(東京都)
生年月日:1994年03月05日
戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型
世界ランキング:20位(16.02時点)

京都府生まれで、インターハイの強豪校・東山高出身。甘いマスクのイケメンプレーヤー。早稲田大入学後に急激に頭角を現し、2015年に自身初となる世界選手権蘇州大会〈個人戦〉に出場。森薗政崇と組んだ男子ダブルスでベスト8に入る。準々決勝では許昕/張継科(中国)に3-4で敗れたものの、最終ゲーム10−8でマッチポイントを握るなど、最強ペアをあと一歩まで追い詰めた。

京都府生まれ早稲田大の21歳。2年前までは無名の選手だったらしいんですけど、ここ2年で世界ランキングを100位ほど上げブレイク!一躍期待の星となりました。

 

中学時代には陸上もやり、走り幅跳びで6m50cmを跳んでいた身体能力の高さが持ち味。相手に先手を取られても、中陣でのダイナミックなフットワークを駆使し、パワードライブでの反撃でラリーを盛り返してしまう。ダブルスで好成績を残しているのも、そのフットワークとファアハンドの攻撃力によるところが大きい。バックハンドも、前陣での対チキータの攻撃などに進境を見せている。

この人身体能力がハンパなく高いみたいです。パワーとスピードは日本代表でトップの成績。その身体能力を使って、まるで映画ピンポンのペコ(窪塚洋介)のようなプレイをするんです。

僕は、この人の卓球見て心躍りました!びっくりしました。卓球もここまできたかと。

 

引用元

卓球王国WEB | 卓球選手&大会>卓球選手データ

 

まずこのYoutubeで彼のプレイを見てください。10分あたりがオススメです。


【中国オープン2015】男子シングルス準決勝 大島祐哉 vs 馬龍

 

見ましたか?

そしてこちらが映画ピンポンのペコ(窪塚洋介)


Ping Pong - Peco vs Dragon

 

マジで被りますよね。

 

もちろん映画ピンポンは、CGを駆使してのこの動きです。

 

大島祐哉選手は、自力でやってます(笑)身体能力が高い人が卓球やると本当にピンポンみたいになるのか!って超感動しました。

 

初心者でも見てて面白くなる卓球なんじゃないでしょうか?まさにプロ!やっと男子卓球に光が差すときが来たか!

 

今後のスケジュール

大島選手の試合を観れる今後の大会はこちら

 

マレーシアの開催される世界卓球2016

日程:2月28日〜3月6日

詳しいスケジュールはこちらから確認できます!

www.tv-tokyo.co.jp

 

男子は、深夜が多いですねぇ...みなさん頑張って起きていましょう!

 

世界卓球2016は、団体戦のみになるそうです。オリンピックを上回る規模だそうです。第1回大会は1926年ロンドンで開催。90年近く歴史ある大会ですね。

 

是非、日本代表に頑張ってもらいたいですね!

 

大島選手のスーパープレイ集こちらからも見れます。

www.tv-tokyo.co.jp