ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

かもめ食堂が好きならこれもどうぞ!「パンとスープとネコ日和」

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

「パンとスープとネコ日和」観ました。かもめ食堂が大好きな人オススメです。

 

かもめ食堂が好きな人はぜひ!

▼パンとスープとネコ日和とは?

2013年にWOWOWで連続ドラマとして放送されていました。主演は、かもめ食堂やめがね、プールでお馴染みの小林聡美。監督は松本佳奈。かもめ食堂と同じく飯島奈美がフードスタイリストとして監修している。母が急死したことから、勤めていた出版社を退職する。そして母が切り盛りしていたお店を改装してパンとスープのお店をオープンするアキコ(小林聡美)なんてことない日常を切り出し、アキコの生き方にフォーカスしたストーリー

監督は違うものの、スタッフ、キャストはかもめ食堂と同じです。

なので、作品の雰囲気はほぼ同じ!役者を揃えてくれて、フードも同じだと監督違くても再現可能なんですね。

もちろん、監督も寄せるの苦労しているとは思いますが。

 

目的なんかないよ。

映画やドラマって基本的に何か目的や謎があったりして、それをどうやって見せていくか?ってところが大きな勝負所だったりしますよね。

このドラマは、一切そんなものはない!人によったら、なんて中身のない脚本なんだ...と感じる人はいるでしょうね。

ただ、この真っ白な作品から自分がどう感じるか?どこか自分と重なる部分はあるのか?と考えるのが面白いんですよ。

もちろん、何も考えずにダラダラ観るのもOK!

目的がないのが目的というか...何かに追われることが疲れてしまったあなた!このドラマをコーヒーブレイクと一緒に観てはいかが?

 

安定の役者陣!

小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんの安定の3本柱がいますので中身なんかなくったって成立してしまう。

日常をそのまま演じてくれます。波風立てずにそのままを見せてくれます。

全く非現実的なことは起きない。ありえねぇよ!ってことも全く起きない。でもついつい観てしまうのは、この3本柱がしっかりしているからです。

 

何もないところに何も起こさない。それでも成立させてしまうという役者陣の力にどっぷりハマってくださいね。

 

かもめ食堂、めがね、プールを観ている人ならわかるでしょ!この良さ!

 

お昼の時間帯に観てね。

天気の良い日曜日。ひまだなぁ〜なんて過ごしているそこのあなた!

その時間をぜひこのドラマに捧げてみてください。

コーヒー片手に観たら最高の贅沢をした気分になれるはず!かもめ食堂からハシゴしてもいいかもしれません。

天気の良い日曜日がここまで似合うドラマは、なかなか無いんじゃないでしょうかね。

 

もし、あなたにフィットしなかったら途中でやめてもOK!簡単に観るのをやめることができます。次が気になって観なきゃ!みたいな感覚ゼロです。

全部で4話ですが、すべて観てしまう人は気づいたら

、終わっているという感覚になるでしょうね。

 

▼Amazonプライムビデオで観れます。

 

最後に

ほっこりさせてくれる、ヒューマンドラマ。何も無いのが良いんです。

情報過多のこの時代、息抜きするために必要なドラマになっています。ぜひご覧下さい。

 

それでは、また。

 

▼原作はこちら

 

▼関連作品