ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

沖田×華(ばっか)さんの『ますます毎日やらかしてます。』はやっぱ面白かった。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 沖田×華(ばっか)さんの『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で 』の続編がkindle unlimitedで配信されていたので、さっそく読みました!感想文を!

まだ読んだことをない人は先に『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』どうぞ。

ますます毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で Amazon

今回は外的要因を含めた毎日やらかしです。

前回の1作目は、主に発達障害や学習障害の症状を元に作られた作品です。ですから、発達障害のことを知らない人にはオススメでした。

今回は、全員には当てはまらないかもしれませんが、発達障害を持っている人に出やすい二次的要素とでも言いましょうか。そのあたりが描かれていました。

例えば...

相貌失認(そうぼうしつにん)

人の顔を覚えるのが苦手だそうで、パーティーなど行くと一度会ったことのある人でも忘れてしまいがちな様です。すごく昔の記憶などは覚えていることある人発達障害者で多いと思うんですよ。強い記憶だったり。

その感覚で最初に会った 時の髪型、声、体型、服装で覚えているので二度目に会った時に条件が違うとわからなくなってしまうそうです。

特に髪型や体型、服装は変化する可能性ありますよね。激太りなんかされたら声まで変わりますから。この症状を持っている人は大変だなと...ちなみに僕は名前を覚えるのが苦手ですかね。(どうでもいい)

聴覚過敏(ちょうかくかびん)

沖田さんは聴覚過敏も持っているそうです。子供がキーキー騒いだりするとけっこうキツイみたいです。まるで戦闘機が自分の頭の上に飛んでいる感覚に陥ると。

それと飲食店で、音楽が流れている時ボリュームが大きいとそれだけで頭がいっぱいに。歌詞が日本語だとなおさらキツイみたいです。

外に行くときはイヤホンをしたり、ノイズキャンセリングのヘッドフォンを使用して対処しています。

これを読んだとき、月子さんのこの記事を思い浮かべました。月子さんもノイズキャンセリングで無音にして集中力アップしているようですね。

 

これらを紹介していました。

 

聴覚過敏は発達障害によく見られる症状なんでしょうね。

予定変更パニック

急に予定が変わると嬉しいことだろうが、悲しいことだろうがパニックになるそうです。ストレスで体調を崩すほど。

この症状は僕のパートナーにありますね。予定変更するとテンパってたまに怒っています。彼いわく予定が変更されると想像できなくて怖いのとなんかイラつくと言っていました。

パートナー以外の発達障害者のお話を聞いた時にけっこうな確率でこのパニックを起こす話を聞きます。この症状は聴覚過敏とかより、高確率で発達障害者が持っている症状かな?と僕は感じています。

沖田さんは、不可抗力の場合、過去にもらったアドバイスを思い出して自分を落ち着かせているようです。それでもダメな場合はベッドに逃げるみたい。なんかカワイイ。

『沖田×華(ばっか)』と『いとうたけひこ』のSP対談

今回は最後の方にSP対談が載っています。スペシャル対談ですかね?

いとうたけひこさんは和光大学教員で心理教育学科長だそうです。沖田さんの漫画を大学の授業で教材として使っています。

沖田さん本人も信じられないと言っていましたが、僕も信じられない。この漫画って絵はやさしいけど内容は下ネタも多いし、きっついこと描いてありますからね。この授業はさぞかし楽しいんだろうなと思います。振り切って教材にしたら最高ですもん。この漫画。

 

いとうたけひこさんは、『ナラティブ教材』というものをやっているらしく、障害などを当事者、家族が自らの言葉で語った作品を障害への理解を深めるために使っています。

手記、漫画、映画などを使用して『点』でその障害をみるのではなく連続性のあるストーリーとして理解していくのが狙い。

こういった意味だと、さらにこの漫画が使われるのが理解できますね。もってこいな漫画。

 

さらに沖田さんの漫画は失敗談をセキララに語っていることからPTG(心的外傷後成長)としてポジティブになれる作品だとお話していました。

発達障害をもう一歩先に

発達障害の特徴だけ掴んでも上手くコミュニケーションできないことって多いと思います。僕も未だにそういった面はあります。

発達障害者なゆえに聴覚過敏や予定変更パニックが起きている可能性がありますので、このあたりも把握していないと共同作業は難しいところですね。 発達障害の症状を把握した人はもう一歩先へ行きましょう。

もちろん本人が自分のことを理解して、そうならないように...なってしまったら...ということを考えられないといつまでも周りにおんぶに抱っこという状態になってしまいますね。

沖田さんの漫画からは、彼女はあらゆることを前向きに向き合っている生き様が感じられます。

 

kindle unlimitedで読めますのでぜひ!

 

 

 

 

▼関連記事

沖田×華(ばっか)さんの毎日は壮絶!『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』感想文 

『大人の発達障害をうまく生きる、うまく活かす』感想 

この人めちゃくちゃ優秀『発達障害の自分の育て方』発達障害者は必読! 

メンタリストDaiGoに教わる『自分を操る超集中力』パフォーマンスを劇的にあげよう。

kindle unlimitedにある発達障害関連の書籍まとめ