悩みと成長。成長は悩みがある程度ないとできないんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170619081132j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ふと、こんなことが頭によぎりました。

 

今回は悩みについて。エッセイ的な何かを書いていきます。

 

悩み。

悩みに人間はいつも悩まされています。だから悩みというのですが(笑)

こんな記事を書いている僕も悩みはあります。

 

悩みに対して、大きなネガティブ感情を持っていましたが、ちょっとだけ変わってきた。

悩みを解決すると新しい悩みが出る。永遠と悩みが出続けている感じが、ここ2年くらいしています。

 

この感覚いつになったら、なくなるんだろう...ってずっと考えていました。

解決しても解決しても無限ループのように向こう側から悩みがやってくる。

 

もう、疲れちゃうよね(笑)

 

悩みと成長。

悩みは嫌い。すごく、嫌い。頭を重くするし、気持ちも重くする。

 

だから悩みを解決しようと、モガク。考える。問題点を探す。こうやって繰り返していると成長していくことに気づいた。

 

そして悩みがまた出てくる。解決する。成長する。

 

この繰り返しかなと。悩みってたぶん、自分で作り出している敵なんだと思う。

要するに自分の敵は自分ってこと。悩みも自分自身。

 

自分が成長する、したい、気持ちがあるから悩みが次から次へと出てくるものだと気づきました。

 

成長したいと思っている時点で悩みからは、逃れられない。

 

悩みがなくなったら、成長しない。

悩みがないということは、そこから進歩や成長は見込めない...

 

悩みがあるから、成長できるというのにいきなり、気づきまして。なぜだ(笑)

それで、こんな記事を書いているんですがね。

 

常にある程度の悩みがあった方が、成長できるんじゃないかな?と思いましたね。

 

ただ、ある程度ね。悩みもありすぎるとストレス過多になってしまいますからね。ちょうどいいくらいのストレスを感じる悩みが一番、自分を成長させるのにいい状態なのかもしれない。

 

悩みってありすぎるとネガティブに捉えてしまうが、適量だと成長する材料に必要不可欠なものになっているんでしょうね。

 

今回のエッセイのあとがき。

悩みを大事にしていきたい。今後は、悩みの見方を変えていく。

 

悩み...うーん。漢字の表現がなんか行けなかったね。悩み感がすごい。

サクセス感をもっと出す漢字がよかったかも。

 

それでは、また。