読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

アラサー(20代30代)無職さん声を出してます?出さないと会話できなくなるよ

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170421162522j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

無職時代の切り出しコーナー。まだまだ切り出していきます。今回は『声』について。アメトーークの一人暮らしあるあるから、インスパイアされた感じかな。

 

無職さんの1人暮らしは声を出さない。

みなさん声出していますか?実家で親と暮らしている無職さんは声を出すことあるでしょう。
しかし、有職さんと比べると圧倒的に少ないはず...

1人暮らしの無職さんは、3日くらい声を出さないこと余裕であります。

僕はカサンドラ症候群で死んでたときは、完全に鬱グラビティにやられて寝込んでいましたので、声を全く出しませんでした。

アラサー無職さんで僕と同じような経験している人多いのでは?声を出さないことでのデメリットと対処法をお伝えしていきます。

デメリット1 声が上ずる。

声の発し方を忘れます。3日でも声を出さなければ、4日目に声を発したときの必ず上ずる...たった3日間なのに声の出し方を忘れるんですよ。

衝撃ですよね。まぁ少し会話を重ねれば何十年と使った声と日本語なのですぐに思い出しますが。

久しぶりに声を出すと上ずります。恥ずかしい...

 

デメリット2 名詞系を超忘れる。

人の名前や建物の名前、場所の名前、グループ名などの名詞系を忘れていきます。

厳密には忘れてないんですけど、言葉として出てこなくなるんですよ。パソコンやスマホから文字のインプットは無職さん多いです。(暇なんで...)

その文字でインプットしたものを会話で使わないから、ポッと出てこなくなるんです。マジで衝撃。誰かに何かを紹介したいとき、何かを教えるとき、全く出てこない。

 

「あれ、なんだっけ?」が連続して続く。

 

会話で不便になりますので、超デメリット。

 

デメリット3 初めましての時に何を話したら...

声を出す頻度が減っているということは、人との会話を使ったコミュニケーションが減っているということ。

『初めまして』で遭遇した人になんと声をかけたらいいのか...そしてまた声が上ずる。恥ずかしくなる。結果パニック!

 

アラサー無職さん。こんな経験ありません? 

道を聞かれてしまった時なんかも上手に教えることができなくなっています。これらのデメリットといったら半端ない!

マジで言葉が出てこなくなるので、しっかりと意識して声を出すことをしていきましょう。

 

これから就活をしよう!なんて思っている人が居たら間違いなく足を引っ張ります!

関連記事:アラサー(20代30代)無職さんから脱無職する方法一覧。

声を出す機会を増やす。

対処法は単純で声を出す機会を増やせばいいだけ。

ただ、無職さんだと人との関わりが少ないので、自然と声を使わなくなる。ですからなるべく声を出せるようにキッカケを紹介していきます。

 

対処1 スーパー、コンビニで声を出す!

「お箸いりません。」「袋大丈夫です。」「レシート大丈夫です。」

このスリーワードは使えます!この声を出すだけでも全然違いますので、意識して使っていきましょう。

 

普段、袋すぐ捨てるけど言うのめんどくさいから言わない...

レシート目の前で捨てるけど言うのめんどくさいから言わない...

 

って行動している人多いでしょ!?僕もそうでした。しかーっし!このスリーワードはスーパー、コンビニで好きなだけ使えるので声を出す動機として使っていきましょう!

 

対処2 松屋じゃなくてすき家へ。

無職さん一人暮らしあるあるかな?牛丼チェーン店良く行かない?正直、ご飯作るのもめんどうで...本当だったらお金の使い所間違えているのに、ついつい牛丼チェーン店へ。

 

完全にお金の使い所間違えているので、あまり行かないで自炊しましょう。

関連記事:アラサー(20代30代)無職さん!上手なお金の使い方まとめておきました。

 

ただ、行くこともあると思います。そんなときは松屋はNG!なぜかというと券売機があるから、ノーボイスで終われる!何も言葉を発しないでコトを済ますことができるのです。

 

その点、すき家は注文しなきゃいけないし会計も声を出す場面が出てくるでしょう。だから松屋じゃなくてすき家へGO!あ、吉野家でもいいですよ。

 

要するに券売機のあるお店にはあまり行かない方が自然と声を出すキッカケになる可能性があるということです!

 

対処3 電話をする。

誰でもいいです。友達、兄弟、親、親戚。誰でもいいので電話相手になってくれる人を数名捕まえておくと声を強制的に出すことができます。

ただ、みなさん無職さんとは違い色々と忙しい身分なので...しっかりとアポを取ってから電話をしましょうね!

あまり、同じ人に電話しまくると嫌がられますので...数名ピックアップしておきましょう。

 

電話で出来ることがもう一つ!気になったサービスの問い合わせをする。そのサービスを利用するとかしないとか置いといて、疑問に思ったことを電話で問い合わせ!

ブログなんかやっていれば、それがそのままネタになるので生産的ですが。その辺は一回置いといて問い合わせ!

そうすることで、思考力も少しは使いますのでボケーっとしないですみます。無駄なお問い合わせをしてみましょう。

 

その他

あとは『就活をする!』『バーなど外に出てみる!』以前にも紹介しましたが、『ボランティア活動などに参加』してみる!

などなど、色々とあまりお金をかけないで出来ることもありますので、チャレンジしてみてください。

 

最後に

声を出すのをやめている無職さん...いいことありません。毎日しっかりと声を出しましょう。

本を朗読するとかもありますが...これってたぶん続かないので、上記のことからするのをオススメします。

 

それでは、また。