ムロツヨシが毎日のようにテレビに出演して少し困惑しています。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20161110095059p:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

飛ぶ鳥落とす勢いとはこのこと。ムロツヨシさんです。最近、テレビで見ない日がなさすぎるほど引っ張りだこ。

数年前から、ムロツヨシさんのことが好きで出演しているドラマ、映画はチェックしていたんですけど。

最近は、追えなくなっている...まさかの「すき家」のCMにも出演していますからね。困惑しています。

ムロツヨシさんがブレイクして嬉しいと困惑

現在40歳のムロツヨシさん。役者でどうにかこうにか生計を立てれるようになったのは、36歳から37歳とのこと。

下積み18年の猛者です。18年ですよ。もう生きているほとんどが下積み生活です。この数字だけ見ても尊敬に価する。

 

ただ、少し困惑している僕もいます。僕の主観から言うと、今の地位に行くまでの最初のきっかけは「シティー・ボーイズ」にきたろうさんがゲスト出演として引っ張ってきたことだったと思います。

あの頃は、全然売れてなくて彼を見ることは舞台などに足を運ばないと観れなかったんじゃないかな。

その後、あらゆる脇役を経て「勇者ヨシヒコ」のメルブ役で出演します。

シーズン1のヨシヒコを観てケラッケラ笑っていたことを最近のように思い出します。あぁ楽しかった。

これが2011年の話なので、まだ生計は立てることができていません。

 

そして、大きな転機が2013年のNHKドラマ「ごちそうさん」ここから、ムロツヨシさんの快進撃が始まってきました。

 

僕の中で、ムロツヨシが出演しているドラマ・映画は何か面白いものがある!という軸があって見ていたんですけど...

ブレイク後は、出演作品などがグググっと増えてこのジンクスが崩れつつあります。

 

そんなことに困惑しています。

ムロツヨシは俺のものだ!

なんてことを言いたいわけでは、ありません。

ジャニオタとかで、テレビに出るようになったら追わなくなる。ということがあるそうです(知らんが)

そんな気持ちは全くなく。僕が楽しんでいたムロツヨシさんがみんなも楽しいと共有を取れていることがすごく嬉しい。

このまま突っ走っていただきたい。

 

ただ、ひとつ不安なことがちょっと無理ある状態での演技が垣間見えること。

わかりやすい、雑な言葉を使えば前に出過ぎているんじゃないか?ということです。

主演ドラマとして出た「誘拐実行犯」では、やはりセリフ量が多く、マス向けな演技がされていたと思います。

主演だから仕方ないけどね。少しここら辺が気になっていた。

 

そして、今シーズンやっている「勇者ヨシヒコ」でも圧倒的なセリフ量で作品自体がムロツヨシさんに寄りかかっている気がしてならない。

 

僕が思っている、ムロツヨシの切れ味はこれじゃないんだ!と正直、思ってしまうところもある。

ただ、一発屋で終わってほしくないで、自分に負荷をかけて新しいことにチャレンジしてほしい。

この違和感の本質が、ムロツヨシさん自身もこれからの自分に必要だと納得してこういう状態になっているのなら、すごく嬉しい。

もし、そうじゃなくてテレビ局や脚本家の意向が100%だったら、少し不安だ。そして数字というものやブレイクして脂が乗っている頃に...という考えのもとだとしたら心配で仕方がない。

 

そして、この記事に「お前に心配される筋合いはない。」くらい言ってもらえたら、嬉しく思い、まったく心配しない。

 

野球で言うところの7回、8回くらいにリリースで出てきてピシャリと抑えてくれるような演技が大好きなのです。

ムロツヨシが大好きです。

色々と僕が言うようなことじゃないことまで言いましたが...

ムロツヨシさんが大好きです。このまま役者で突っ走って欲しい。映画館に行けば、ムロツヨシ。舞台に行けばムロツヨシ。テレビをつければムロツヨシ。

なんて日がずっと続くことを願っています。

 

ムロツヨシをいっぱい並べてみましたが、

ムロツヨシとカタツムリが似て見えるのは僕だけでしょうか?

 

というわけで、今週も勇者ヨシヒコを観てとりあえず、ゲラゲラ笑います。

でわ!

ムロツヨシさんオススメ作品

最後にオススメ作品をサクサクっと置いておきます。まだ観ていない人は、ぜひご覧あれ!

 

 

 

 

 

 

 

この他にも舞台「muro 式」などもありますので、どうぞご覧下さい。

 

▼関連記事

左江内氏、完全にノーマーク。カルテットに夢中になりすぎてました!