dAppsの収益化ってどうやってるの?調べてきました!

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

DAPPS KANSAIで頂いた質問の回答です。あまりデータ多くないですが、調べてきました。

関連記事:DAPPS KANSAIレポ。かなり良い雰囲気のミートアップでした。

質問内容

dAppsサービスの収益化ってどうなっているんですか?

 こちらが質問内容でした。

ゲーム関係だとプレセール、交配の手数料などで収益化しています。という回答になります。

さらにゲーム意外の収益化を聞かれたので、その場で答えられませんでした。ってな流れで調べてみました。

 

dAppsの収益化について

今回調べてきたのは、こちらのサービス

  • KyberNetwork
  • Opensea
  • Tok'nTalk
  • Steemit

この4つです。結論を言うと、基本的に収益化しているのはKyberNetworkとOpenseaだけです。

 

KyberNetwork

f:id:kiyosui:20180812191955p:plain

KyberNetworkは、複雑です(笑)ですが、収益化モデルはしっかり持っていました。僕からは、サクッと説明させて頂きます。

リザーブという役割をすることで、スプレッド収益が見込めます。さらにKyber自身は、リザーブからKNC(独自トークン)を手数料としてもらっています。これで収益化を図っているようです。

 

詳しくはhoryさんの記事が超わかりやすいので、こちらを読んでください。

リザーブマネージャーなど、Kyber Networkで動くプレイヤーの分類/解説 | Oh, my Trustless!

 

KyberNetworkに関してはこちら

関連記事:KyberNetworkの使い方!ENJINのプレセール参加目的でENJを購入しました!

 

OpenSea

f:id:kiyosui:20180812190343p:plain

Openseaの場合は、取引手数料を取っています。1.25%を取っているようで、ここから収益化している様子。取引系の王道な収益化かと。

さらに作者にも支払われるような形態を取っているので、売買が活発化しているゲームクリエイターは、Openseaから収益化することもできるということですね。

この形態を取っているから、新しいゲームが出たらOpenseaに上場したくなるんでしょうね。

FAQに書いてありましたので、ご確認ください。

https://opensea.io/faq

 

Openseaに関してはこちら

関連記事:OpenSeaの使い方まとめ!簡単にERC-721を取引できます!

 

Tok'nTalk

日本公式に聞いてきました。現状、トップページの広告くらいで収益化はしていないとのこと。

資金はおそらく、投資家から調達しているのではないか?という感じみたいです。

ほとんどのdAppsがこのスタイルに当てはまるんじゃないかな?という感じですね。dAppsってまだまだ収益化しにくいのが現状なので...

Tok'nTalkには、そのうち収益化できるように頑張っていただきたいですね!

 

Tok'nTalkに関してはこちら

関連記事: tokntalkがすごそう!ERC-721ごちゃまぜで、Purrbookの進化が楽しみです! 

 

Steemit

SteemitのアンバサダーSho Tさんに聞いてきました。Steemitに関しては、『おそらく』なので前提で聞いてくださいね。

 

トークンロジックの中にSteemit.incに流れる構図がないみたいで、Steemit内では収益化していないんではないか?という話でした。

ただ、VCや保有トークンの値上がりなどで調達していると可能性があるというご回答頂けました。

要するに資金確保は、Steemit外でやっているということです。

 

あとちょっとズレるかもしれませんが、Steem Power(SP)保有者に報酬プールからの分配があるので、Steemitが保有してる分だけ分配されます。

分配に関しては、Sho Tさんの動画がわかりやすいので確認してください(5:35あたり)

 

Steemitに関してはこちら

関連記事:Steemitの登録方法、使い方!英語が苦手な方は写真、動画を使うかALISを待ちましょう! 

 

最後に

現状、これしかモデルケースがないので、申し訳ないですが... 

Musicoinとかも調べていくと良いかもしれないかな?って僕は思ってます。時間ある時に調べてみようかなって思ってますので、調べたら追記していきますね。(あんま期待しないで)

 

それでは、また。