ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

ブログの文字数は必要説。やっぱり文字数多い記事が上位表示されてる。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170828183439j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

文字数は多い方が良い(かもしれない)というテスト結果が出ました。

ブログ記事における文字数は、検索順位に影響するのか?というお話。

 

まだまだ文字数は必要説。

Googleのアップデートに伴い、文字数多ければいいっていうことはなくなったんじゃないか疑惑がネット上でちょろちょろ出ていたんですが...

 

現状、当ブログの記事だと文字数多い方が検索順位が高いという結果になりました。

A,Bテストがしっかり行えたわけではないのですが、3000文字前後の記事を出していた期間と1500文字から2000文字くらいの記事を出していた期間で見比べると、戦力になっている記事は前者の方が多かったということ。

 

取り扱う内容も誤差が多少あるので、100%言い切れることではありませんが...

僕が多い方がいいなと感じたのは、「映画記事」ですね。かなり後発で出しても文字数多い記事は、1ページ目に登場していたりしました。

逆に早めに出した記事で、文字数が少ない記事は圏外になってしまうということになりました。 

 

この結果で、当ブログに関しては文字数が多い方が良い説を採用!という形にしました。

 

1500文字くらいの記事をたくさん書いたのはこの記事以降の時期ですね。

関連記事: ブログ記事で1500文字超えてしまう。添削を今後、心がけていきます。

 

文字数が少ない記事でも上位を取れるかも。

しっかりとユーザーに役に立つ記事が書けてしまえば、少数精鋭で戦うことができると思うんですが...

僕の場合は、その目利きができていないっぽいので文字数が多いことで必要なことをちゃんと埋めることができるというイメージですね。

ライティング能力があったり、取り扱う内容次第では、1500文字くらいでも上位は取れるかもしれません。

感覚が鋭い人じゃないと、実際にこれはどうなのか?というのは確かめられない... 

 

というわけで、十分すぎる方向へ1度振り切ろうかと。そこから引き算をしていくのがいいかな?と自分で思ってます。

 

更新数は下げたくない。

基本的に毎日記事を更新している当ブログ。どんなにクソ記事でも読まれたりするし、まぐれパンチが当たったりするので、更新数は下げたくないんです。

それにブログを更新するのって楽しいですからね。

 

それに更新数下げると書くスピードも下がりそうだし、ネタ出しも下がりそうでちょっといや。

 

だから1500文字くらいの記事もバンバン出していく予定です。

 

が...!!

2日に1度は、3000文字から4000文字くらいの記事を投下するという制限を設けようかなと。

今までの感じに文字数多い記事をガンガン入れ込んでい行くってイメージですね。

2日に1度が無理なら、3日に1度みたいな?

ポイントなのは意識的に入れていくというところ。

 

これなら、更新数も下げずに書きたい記事も書き続けることができますので、楽しくいけるかと。

 

感想系の記事は難しそう。

当ブログを読んでいてくれている人はわかると思いますが、マンガや映画の記事って多いんですよ。

超自分にハマったマンガだったら、良いですよ。いっくらでも書けます。

ただ、「面白いけどそこまででは...」みたいなものもある。

 

これを記事にするときに4000文字は結構な壁。

感覚的にいつもの自分と違う自分を用意して、二人の自分の感想をぶつけていくことが重要なのかと。

面白そうな訓練になりそうなので、こんな感じにチャレンジしたいなというところ。

 

最後に

色々と実験しつつ一歩一歩進んでいますので、どうぞ見守ってください。

さぁーどんな感じの結果が出ますかね?

 

それでは、また。

 

ブログ関連記事!

多更新ブロガーがやっている、ブログが書けない時の対処法! 

初心者がブログで稼ぐために読むべきオススメ本!文章術を身につけよう。

ブログで消費を生産に変化させる。消費ばかりしている時代は終わった。