MEC(メック)を1年以上続けて糖質制限した結果。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20160818174600j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

実は僕、MEC(メック)食というのを1年以上続けているんですよ。これ何かっていうと糖質制限するための食生活なんです。

糖質制限って今流行ってますよね。糖質制限するために食事を減らしたりするのってバカらしいじゃないですか。でもMEC食だと食べても糖質制限が自然とできるんですよね。もちろん異常に食べることは例外ですが(笑)

今回はMEC食について!

 

あ、そうそう。MEC食って食事療法なので、オススメじゃないってことは大前提で読んでくださいね。僕は医師じゃないので。

糖質制限、MEC(メック)食とは?

考案者は、沖縄県那覇市にある「こくらクリニック」の渡辺信幸医師です。

f:id:kiyosui:20160818172036j:plain

出典:http://www.ma-san-meet.jp/interview/watanabe.html

この人は離島での医療経験から、MECという食事療法を考案しました。離島って大きい病気にかかったりすると、すぐに治療ってできないじゃないですか。なので、なるべく病気にならないようにしましょうね!というのを狙って考案されたようです。

 

MECの由来はMeet(ミート)Egg(エッグ)Chees(チーズ)を主食にすることから、ネーミングされました。要するに肉と卵とチーズを主食として食べましょうね!ということ。

1日に食べる量も決まっています。

  • 肉200g
  • 卵3つ
  • チーズ120g

ビタミンCが不足するので、これに加えてレタスを食べましょうね。という感じ。この量以上食べていけば人間に必要な栄養素は足りますよという理論です。これらの食品は糖質が低いので、自然と低糖質な食生活になっていきます。

MEC食(メック)を行うためのルール

食事をする際にルール的なものがあります。

  • 一口30回噛みましょう。
  • 一回の食事に20分かけましょう。
  • もし炭水化物を食べるなら最後に。

このようなルールがあります。これらを守ることも重要なことになっていきます。炭水化物の食べるタイミングはMECならではかもしれませんが...一口30回噛むということと、一回の食事に20分かけましょう。というのは、MEC食関係なくやってもいいことですね。

よく噛むことは消化にもいいです。20分以上食事することで満腹中枢も刺激されるので、無駄に多く食べることもありません。

MEC食(メック)を1年以上続けた変化

1年以上続けて色々な変化が起きましたので、そちらをお伝えしていきます。 

リップクリームがいらなくなった。

MEC食のお陰で脂質が増えてきたことから、唇が冬でも荒れなくなりました。リップクリームを使わなくなったのです。

冬だと今まで必ずと言っていいほど荒れていたのですが、今は全く荒れなくなりました。これすごい進歩ですね。

集中力が上がった。

糖質制限してから、集中力が上がりました。食後でもすぐに仕事に集中できたり、眠くなったりしていました。

MEC食を始めてから、一切なくなりましたね。糖質が少ないので眠くなることがないんですよ。詳しいことは「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくるに書いてあります。

食事に迷うことがなくなった。

僕は、食事に拘りがあまりありません。そりゃ超絶おいしいものが食べれればいいですけど...自分でつくるってなるとたかが知れていますよね。なので基本的になんでもいいんですよ。(たまに二郎食べたくなるけど)

こんな感覚で生きているので、献立とやらを決めるのが超めんどう。そして、材料を何を買うか考えるのも超めんどう。

MEC食を始めて、これが一切合切なくなりました。肉、卵、チーズ、レタスを買えばいいだけですからね。見るのはグラムだけ!スーパーでの買い物の時短になっています。

スーパー行くのすらめんどうな時はコンビニで済ませています。肉、卵、チーズはコンビニで全部揃えることできますからね。

これからMEC食(メック)を始める人へ

これからMEC食を始める人は必ず本を読んでから始めてください。少しでもやり方が違うと体調崩します。しっかりと理論を理解してから、やらないと逆効果になりますので。

僕の場合ですと、バターって高いじゃないですか?MEC食だとサラダ油じゃなくてバターを推奨しているんですよ。

そこをケチってバター風マーガリンを使用していたら、一瞬で体調崩しました(笑)バカでしょ。バターとマーガリン全然違うのに(笑)

僕のような失敗をする人はいないと思いますが、これに似たようなこと起きるかもしてませので必ず本を読んでから実践してみて下さいね!

 

▼本はこちら

 

 

 

▼関連記事

kiyosui.hatenablog.com

kiyosui.hatenablog.com