読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

恐怖から来る迷いが時間を浪費してしまう。生産性を上げたければ、迷いを消そう。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170505065123j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

もうちょっと生産性を生活の中で上げたいな...って考えていました。生産性良く過ごしたいなと。考える時に簡単なブログに置き換えて考えたら少し答えが出てきたので、記事にしておきます。

 

こんな事を考えていました。

こんなことを考えていました。どうしたら、もうちょっとスピードを上げれるかな?って。

 

時間短縮するには、物理的なスピードを上げていくのが一番手っ取り早いんですがいつか限界がくる。

他にスピード上げれるところないかな?って考えていたら、迷いが邪魔なことに気づきましたね。

 

迷わないのは失敗を繰り返した結果。

迷わない時って過去の経験値から「これで良い!」って確信が取れている時ですよね。それが成功へ導く道かどうかは置いといて。

自分の中で正攻法を知っているということです。そして正攻法にたどり着くのは、失敗を繰り返した結果であるわけで...

失敗を繰り返す段階で、恐怖心が生まれてしまうと迷いが出てきて行動が鈍足になってしまう。

最終的に生産性を悪くするという...って考え方に今落ち着いています。

 

時代の流れは早いわけ、すぐに陳腐化する。また失敗を繰り返す事に。うーん人生ってシンプルだけど苦行ですね。

 

この失敗をどれだけ、恐怖心を除いてやり続けることができるのか?っていうのは凄く重要だと現段階では感じています。

 

失敗慣れから消す恐怖心。

この恐怖心をどうやって除くかってことですが、僕なんかは凡人中の凡人なのでだいたい新しいことは失敗します。

失敗しまくっているので、人生ハチャメチャ!ってことはなってないと思いますが...失敗慣れをしているのは事実。

 

この失敗慣れというものは、「どーっせ失敗するしー」って投げやりなものではなく、新しいことに全力で立ち向かう。結果的に失敗する。

けど、失敗することは初めてじゃないんで恥じることもないしメンタルがベコって凹むこともない。精神的に失敗することに慣れているんです。

 

失敗してスタートライン的な?このメンタルを身につけたのも、ここ2年くらいですがね(笑)

 

選択肢の恐怖心。

失敗の恐怖心はあまりないんですけど、選択肢の恐怖心はまだまだ強いなと自認しています。

失敗するまでの選択肢がいくつか出てきたときに、マジで一発アウト!みたいな選択肢への恐怖心が強くあります。

これはリスクヘッジと言えば聞こえはいいんですが、判断が遅いんですよね。結果的にどれも一発アウト!はなかったよ。みたいなこともよくあります。

 

命が危険にさらされるレベルの一発アウト!って選択肢を取るのってマジでヤバいじゃないっすか。これにめちゃくちゃ怯えているわけで、無駄に考えすぎてしまうところがあります。

 

ここのいいバランスを今後、見つけていけたらと行動中です。読者さんで何か良い訓練方法知ってたりしたら是非、教えていただきたいですね。

 

最後に

生産性を高めるにはアイテムを使うのもひとつの手段ですが、僕はまだ未熟なので精神的なお話をしました。

ブログで言うと、今の執筆環境を少し変える。みたいなことはやってもいいかもしれませんね。書くスピード上がるかもしれない。

 

迷いというのは、だいたい恐怖心から生まれてきます。色々と失敗をして、経験を積んで迷いという無駄な時間を少しづつ減らしていけたらいいなと。

 

この記事を読んでいる人は迷いがそれなりにある人だと思いますので、役に立ってくれたら嬉しいかな。

 

それでは、また。

 

関連記事!

自分にとって大事であればあるほど、恐怖心は強い。なくすには受け入れから。