LoomNetworkとは?サイドチェーン技術でdApps業界を変えるか!?

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

LoomNetworkに関しての記事をまともに書いてなかったので、簡単にまとめておきます。

LoomNetworkとは?

f:id:kiyosui:20180625133739p:plain

▼基本情報

  • DAppチェーンでイーサリアムを助ける
  • Plasmaも採用予定
  • 主にブロックチェーンゲームのための開発基盤
  • Zombie Battlegroundでキックスターター実行
  • LoomトークンはERC-20
  • ERC-721も対応している

こんな感じですね。ほとんどの人がさっぱりでしょう。

簡単に言うと、ブロックチェーンゲームの問題点を解消しようとしてくれている開発プラットフォームって感じです。

もちろん、LoomNetworkからもゲームはリリースされる予定で、それがZombie Battlegroundなわけです。

関連記事:Zombie Battlegroundがキックスターター開始!25ドルが手頃で良さそうですね。

 

めちゃくちゃ調べました

LoomNetworkについて、めちゃくちゃ調べました。理解するの超大変でしたよ!それらの濃い内容は月額サービスで配信しているので、ぜひ。

関連記事:キヨスイのdAppsサロン&データベース|キヨスイ|note

 

さて、簡単な言葉を使ってサクッと話をしていきます。

LoomNetworkに僕は期待しているのですが、なぜ期待しているか?というと。

  • ブロックチェーンゲームが進化する可能性があるから。

これ1点ですね。現在、問題提起されているトランザクションやガス代など。ゲームとして成立するために邪魔な者たちですね。

これらが、LoomNetworkのビジョンだと解消する可能性があるんです。

開発がどこまで進んでいるのか?わかりませんが、言っていることが本当なのであれば、進化する可能性大です。

 

LoomNetworkは現状だと有言実行で開発が進んでいます。最近ではLoom SDKのβ版が公開されました。

関連記事:Loom SDKベータ版をパブリック公開!! – Loom Network JP – Medium

 

LoomNetworkの注目すべき点!

  • DAppチェーンの機能
  • Plasma採用
  • Loomトークンのユースケース

大きくこの3つが注目すべき点ですね。

 

DAppチェーンの機能

  • イーサリアムのサイドチェーン
  • イーサリアムの負荷を軽減する
  • ERC-20、ERC-721に対応

ざっくり言うとこんなところです。DAppチェーンの存在でイーサリアムネットワークの負荷を軽減し、快適なブロックチェーンゲームを提供できるとのこと。

さらにDAppチェーンの存在は、開発者にも優しい存在になりそうです。そのため、多くのブロックチェーンゲームやアプリが輩出されるのではないか?と予想されます。

関連記事:DAppチェーン – Loom Network JP – Medium

 

Plasma Cash採用

  • 主に資産保護で活用される
  • イーサリアムのサイドチェーン

Plasma Cashの説明はめちゃくちゃ難しいです。簡単に言うとLoomNetwork内での資産保護の役割をしてくれます。ゲームアセット(ERC-721)を守ってくれるとのこと。

LoomNetworkにおいて、DAppチェーンとPlasmaの併用でサービスが確立されると言っても過言ではないです。

詳しくは月額マガジンの方で説明してありますので、気になる方はどうぞ!

関連記事:Loom Networkで採用のPlasmaを知ろう!|キヨスイ|note

 

Loomトークンのユースケース

  • 開発の課金に使える
  • 保有することでゲームアイテムをゲット

現状でのユースケースはこれらになります。開発者がLoomNetworkを使用することでの支払いやユーザーが保有することで、ゲームアイテムをゲットすることができるとのこと。

 

取引所にも上場しています。

 

期待値、伝わりましたか?

なるべく簡単にざっくりと説明しましたが、期待値伝わりましたか?

たぶん、20%も伝わってないと思います(笑)50%以上伝えようとすると、すごい難しい記事になってしまって、理解の拒否がほとんどの人がしてしまいそうです。

この辺りは難しい話でもあるので、投資をするとか開発をする、または異常な興味がある人以外は、なんとなくわかって頂ければ。

 

僕の予想だと2020年前後には、従来のゲームと方を並べるブロックチェーンゲームが出てくるかなと思っています。

その一つとして、LoomNetworkはキーマンになってくれるかと。

LoomNetworkのミディアムを読むだけでも、勉強になるので興味がある方はどうぞ。

Mami Mordovets – Medium

 

レイヤー3に仕様変更

Plasmaを入れてレイヤー3で稼動させることを発表しました。ツイートのリンクから確認してください。

α版であるZombie Battlegroundとマーケットプレイスは、既にオンチェーンで動いています。

  • Zombie Battleground:GameChain(サイドチェーン)
  • マーケットプレイス:PlasmaChain

このように稼動中だそうです!

 

最後に

LoomNetworkの紹介でした。投資目線ではないので、トークン発行量とかはスルーしています。ゲームとして、どれだけワークするか楽しみにしています。

LoomNetwork採用のプロジェクトはこちらにまとめてあります。

関連記事:LoomNetwork採用プロジェクトまとめ!dAppsゲームが進化するかもしれない。

 

それでは、また。

 

Zombie Battlegroundのα版がリリース!

f:id:kiyosui:20180821182410p:plain

α版がキックスターター参加者向けにリリースされています!

始め方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:Zombie Battleground(カードゲーム)のα版がプレイ方法!キックスターター勢は要チェック! 

 

f:id:kiyosui:20180821182512p:plain

マーケットプレイスのα版もリリースされています!

関連記事:Zombie Battlegroundのトレーディングポストがリリース!カード確認できますよ!