ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

共感性がないブロガーが書き続ける方法。「共感」ではなく「理解」を使え。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170805134616j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ブログでバズったことのない僕です。えぇ、全くバズらずに1000記事以上書いてきました。ツイッターのシェアも50くらい、はてブも30くらい止まりです。

なぜバズらないか?その理由はわかっています。

 

共感性がゼロだとブログはバズらない。 

バズる記事というものは、すごく役に立つ専門知識か共感を呼ぶ記事です。

すごく役に立つ専門知識というものは、なかなか身につくものではないので脇に置いておきます。

 

さて、共感を呼ぶ記事。僕には書けません。人に共感することが本当に少ないから。ゼロとは言わない、がマジで少ない。

 

誰かと話をしていても、ほとんど共感したことがないんですよ。

 

自分のことのように喜ぶ。

自分のことのように納得する。

自分のことのように悲しむ。

 

人生でこれらは、ほとんどありません。

 

間違いなく、共感性がないことがバズらない大きな原因になっていることは間違いないでしょう。

 

なぜブログを続けてこれたか?

ブログを書くのであれば、たくさんの人に読んでほしい。という気持ちは多かれ少なかれあるでしょう。

バズが起きれば、テンションは上がるでしょうし(起きたことないからわからんけど)

継続のモチベーションになることは間違いない。

 

これらは一度も起きませんでした。1000記事も書いても一度も起きていません。でも僕はブログを続けられている。

 

僕がブログをやっている心持ちはこんな感じです。

これがブログを続けている秘訣ですね。細かく言えば、もっとあるんですけど。

端的に言うのであれば、これだけ。

 

これだけシンプルに気持ちの整理をしておくと、ブログは続きます。1000記事だろうが、2000記事だろうが書くことができるでしょう。

 

共感性ゼロのブロガーの記事の書き方。 

「バズらない記事=読まれない記事」ではありません。

過去に1記事1万PV行ったりしたことはあります。バズらなくても読まれる記事は、書けるんです。

共感性がなくとも記事を書くことは可能。よって、ブロガーとして生き残っていくことは可能ということです。

 

僕は共感性がない代わりに事象を理解するのが得意です。

相手の話の内容とか、目の前に起きた事象とかは割とサクッと理解できます。

この「理解」を武器に記事を書けばいいだけです。

 

理解したものをどんどんアウトプットしていく。理解するのが得意なので、理解度もすぐに高いところまで行くことが可能です。

 

理解度が高いということは、記事にするのは容易なんですよね。

だから僕は記事を量産できているのです。1年半で1000記事以上の記事を書けましたからね。ネタには困りませんでした。

 

もし、あなたが共感性がないと感じているのであれば、バズを狙わずに他の武器でブログを書いていくことをオススメします。

 

共感性が少ない場合サイコパスの可能性あり。

最近、ちまたでよく聞く「サイコパス」という言葉。

共感性が少ないあなた。サイコパスの可能性あります。ちなみに僕はサイコパスの本を数冊読みましたが、おそらくサイコパスだなと自認しました。

 

ブログにおいても、サイコパスならサイコパスなりの戦い方がありますので、共感性少ないな...と思っていたら、こちらの本をオススメします。

 

自分の武器を活かしながら、ブログを書いていくととても楽しめますよ。

 

最後に

ブログを始めた当初は、割といい記事書いているんだけど...

なかなかバズらないなぁ...と思っていました。

 

他のバズっている記事を照らし合わせたところ、共感性がかけていることに気づきました。そこからですね。ブログの方針を変えたのは。

 

これからも僕は「理解」を武器に記事を大量生産していきます。

共感性がなくても、ブロガーとして生き延びられる方法でした。

 

それでは、また。

 

ブログ関連記事!

【副業】ライティング未経験者がブログを継続して高確率に月3万稼ぐ術! 

初心者がブログで稼ぐために読むべきオススメ本!文章術を身につけよう。

【ブログ】この記事メンドクセ!ってものが大体、高いPVを獲得してくれる。