読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

kindle unlimited解約します。僕にはあまりフィットしなかった理由。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170405132154j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

今月を最後にkindle unlimitedを解約しようかと...

 

読みたい本が少ない...

もっとも単純な理由です。読みたい本が少なかったんですよね...更新も頻繁にされている感じがしなくてちょっと残念でした。

ツイッターにも書いてあるように、たまたま『読み放題』みたいな感じの出会いも少なかったので。

わざわざ、探しに行く感じがちょっと無駄な労力に感じてきました。

 

動画サービスとの差はなんだったんだろう。

 『見放題』の動画サービスは、何見ようかな?と探しに行くのは苦じゃなかったんですけど、本だと苦になってしまった。

この差は何?というのがハッキリわかっていませんが、探しに行って読みたい本が無い場合の絶望感みたいなのがあったんですよね。

 

月に3冊でもunlimitedに読みたい本があれば、完全に契約続行なんですけど、それもなかった。あと本を探しにくい...たどり着くまでにノイズが多かった感じも不満点であります。

 

本には学びを求めている。

雑誌系の本をよく読む人ならいいのかもしれませんが...

僕の場合、本を読みに行くときはわりと「学び」を求めていることが多いみたいです。なので、本を買うときは狙って購入することが圧倒的に多いということ。

 

何かを学ぶときは、お得感は必要じゃないということにも気づきました。

必要性がある本であれば高くても購入しませんか?そこの知識にはお得感は不必要。たかが1000円でも機能してなければ、その1000円でお得感のある本を買いたいところです。

 

動画は受動的で本は能動的。

ここまで書いてきて、少し気づきました。

動画サービスが狙いの動画なくてもOKなのは、完全に受け身だから。動画って基本的に受け身でインプットできるじゃないっすか。極端な話、何かしながらでもインプットできる。

本は自分から積極的に触れていかないとインプットできないんですよね。

おそらく、ここの差がAmazon unlimitedに満足できなかった決定的な点でしょう。

せっかく、能動的にインプットしにいくから動画サービスより触れる作品のハードルが少し上がっているんでしょうね。

「損をしたくない!」という損出感情が出ちゃっているんだと思います。あまり、いい感情ではありませんが...今回は、いい感じに機能したかと。

 

kindle unlimitedにオススメな人。 

ただ、素晴らしいサービスには変わりないです。僕がフィットしなかったというだけで...フィットしそうな人をピックアップしておきましょう。

  • 小説が好き。
  • 好きな雑誌がある。
  • まだ読んでいないマンガが多数ある。

このあたりの人は、長く楽しめそう。ビジネス本が好きな人や自己啓発本が好きな人は、あまり楽しめないかと...これらの本って新しいうちに読みたいですからねぇ。

 

登録から解除までの記事はこちら。

kindle unlimitedの概要と登録から解除までの使い方もろもろ!

 

最後に

一度は利用価値あると思います。もしかしたら、半年後くらいにまた復活するかもしれませんけどね!

月3冊が目安ですかねぇ。そしたら、契約の価値ありです。

 

それでは、また。

 

▼関連記事

kindle(Newモデル)の購入に迷ってますか?丸1日使った感想まとめたよ!【キンドルレビュー】