ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

ビットコイン、ブロックチェーンの入門書はこれがオススメ!初心者に読んでほしい本です。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

仮想通貨に手を出し始めました。という記事はもう、ご覧になっていただけたでしょうか?

関連記事1:初めて仮想通貨を買った!2万円だけ使って、ビットコインとネムをゲット!

関連記事2:仮想通貨を購入した翌日に1BTCあたり1万円くらい価値が下がった!いきなり資産減!

 

無知のまま突っ込んでおくのも嫌なので、少しづつ勉強を始めています。で。さっそく本を買いました。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」という本。この本、仮想通貨やブロックチェーン、フィンテックのことを簡単に知るにはもってこいの本です。

 

ネットなどで色々調べてもちんぷんかんぷんな君にオススメだ!この本を読んでから、ネットで調べたりすれば、理解度も高まるかと。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン Amazon

 

読み終わったあと、簡単な説明ができるようになります。

本書の最初に書いてあるんですが、読み終わったら簡単な説明ができるレベルになります。

ブロックチェーンとビットコインの説明は、無知の人向けにはお話ができるレベルまで知識がつきますよ!

ですから、ビットコイン?ブロックチェーン?なにそれ?って方は、入門書として読むことをオススメします。

 

どんなことが知れるか?というものは、下記に渡って簡単に説明していきます。

あまり詳しく書きすぎるとただのネタバレになりますので、あくまでも簡単に書いていきますね。

 

ビットコインって所有者の名前付きなんだって!

ビットコインってデータに所有者の名前が付くそうです。

どういうことかというと、一万円が目の前にあるとするじゃないですか、それって誰の所有なのか?ってわからないですよね。

落し物の一万円なんかも所有者が誰?ってわからない。もしAさんが「その一万円は俺のだ!」 と名乗り出ても証拠は一万円札にはないですよね。

 

これがビットコインにはデータ上で、誰から誰にビットコインが移ったか?というのが名前付きで残っているそうです。

仮想通貨の取引所で円で購入したビットコインは、あなたのビットコインですよ!っていう証拠がデータに記載されているというわけ。

その前の所有者も誰かもデータの記載されているんですよ。

 

これってすごく面白いものですよね。どこから来たビットコインなのか?わかるわけです。

この機能がビットコインが価値のあるものだと、信用される要因でもあるのです。

もっとわかりやすく、詳しく本書には載っているので、ぜひ読んでみてください。

 

ビットコインって有限なの知ってた?

ビットコインって有限みたいです。

もう、データ上のものだから、有限って言われてもピンと来ませんよね(笑)

有限だから、価値があると信用されるようでして、ビットコインを掘り出すゲームみたいなのがあって発掘者たちが、めちゃくちゃお金をかけてスパコン使って、日々発掘してくれています。

 

この発掘者は、発掘できるとビットコインがゲットできるという。現状(2017年6月27日) のビットコインの価値は30万円前後ありますので...かなりガチンコ勝負みたい。

 

一般人は、参入できないくらい障壁が高いという...

 

で、いつなくなるのよ!?って話ですよね。

なくなった時にビットコインの立ち位置次第でかなり価値があるものになっているはず...

この記事では、その答えは言いません。本書に書いてありますので、気になる方は要チェックです!

 

あくまで、おそらくこの時期くらいになくなるでしょう!と言われているものなので、正確な情報ではありませんが...

もしかしたら、早まって3年後かも!?(笑)

 

ブロックチェーンの仕組みが簡単に頭に入る。 

ビットコインはブロックチェーンというシステムを使って運用されています。

このブロックチェーンが、もの凄く面白い仕組みなんですよね。もーワクワクしちゃうレベル。

民主主義的な通貨が成立しているのも、このブロックチェーンのお陰。

イケダハヤトさんのブログでもブロックチェーンの解説記事がありましたが、もしそちらを読んで、ピンと来なかった人は、ぜひ本書を手にとってください。

 

かなり、優しく教えていただけます。

ブロックチェーンの仕組みがわかると、NEMのハーベストとかもわかってきて色々と遊びが増えると思います。

現状だとNEMはわりと価格が安いのでビットコインに比べたら、参入障壁が低いです。

 

ま、とにかくブロックチェーンの仕組みを理解しないと始まらないので、ぜひ本書で理解を深めていってください。

 

もっと仮想通貨の知識を深めたい人は...

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」が読み終わったら、他の本を読んでみることをオススメします。

僕も他の本へ手を出しています。本書は、入門書として抜群の費用対効果を出してくれますが、隅々まで仮想通貨を知るというのでは少し足りないかもしれません。

 

多分、無知の人が隅々まで知ろうとすると理解できないから、こういった内容になっているんだと思いますがね!

 

スタートアップを本書でして、他の本も読んでみることをオススメします。

 

著者はcoincheckの取締役。 

本書の著者は「coincheck」の取締役である「大塚雄介さん」です。

 

僕が仮想通貨を買うために初めて使った取引所が「coincheck」でした。それがキッカケで、この本を手に取ったんですけどね!

 

「coincheck」もかなり使いやすいので、仮想通貨ビギナーにはオススメ!

簡単な使い方はこちらの記事に書いてあります。

関連記事:初めて仮想通貨を買った!2万円だけ使って、ビットコインとネムをゲット!

 

最後に

僕は仮想通貨の勉強で、この本を最初に手にとって本当に運がよかった。

少し、小難しい本だったら多分読めてなかったでしょう。

 

そのくらい入門書としてオススメなので、ぜひ読んでいただきたいですね!

 

それでは、また。

 

 

仮想通貨、関連記事!

日本初ICOプラットフォームCOMSAについて。初心者が語ってみたよ!

COMSAリフェラルプログラムの影響で客観的な情報が出回っていると考える。スタートダッシュに成功。

仮想通貨の初心者にSchoo(スクー)のビットコイン定点観測分析が超オススメ!