ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

新年早々、事故りました。事故理由と対策を考えてみた。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170106194901j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

 

新年早々と事故りました。自動車事故です。

事故と言っても、実家での駐車場で起きた事故なので人をひいたわけじゃないんですが...

 

今までの事故を振り返ってみた。

実家の駐車場に車を入れるときに実家の塀にこすりました。「ガコッ」とデカイ音がなってビビりましたよ。

人をひいてないので、良かったのですが...今までの事故を振り返ると駐車場内での事故が圧倒的に多いんですよね。

ってかほぼ駐車場内の事故ばっかじゃねーかよ!ってなりました。

 

ってなわけで、駐車場内で事故を起こしやすい特徴をまとめてみました。

 

駐車場での走行を軽視しちゃう

極端な話、高速道路や雪道を軽視する人ってドライバーでいないと思うんですよ。いい感じの緊張感を持ってドライブしているはず。

予測なんかも通常より気を使ってしているでしょうね。この反動なのかなんなのかわからないですが、駐車場での走行を軽視しちゃって安心しちゃっていませんか?

 

僕、けっこう駐車場内では安心しちゃっていることが多いんですよね。軽視しているつもりはないんですけど...これはおそらく『つもり』でしょうね。

 

家の駐車場だったらいいですが...デパートとかの駐車場だと子供や老人も歩いている可能性があるわけで、軽視しすぎると人をひいてしまうことにもなりかねない...

 

あなたは軽視していませんか?気をつけましょう。

 

駐車場での事故理由

調べてみたら出てきました。

  • ひとつのことに神経が集中し、他のことへの注意が不足しがち
  • 障害物となる構造物(特に上方)に気がつかない
  • あせり・急ぎからの確認不足
  • 思い込み・油断・慣れのために安全の確認がおろそかになりがち
  • いつもと違う行動のために安全の確認がおろそかになりがち

引用:安全運転のポイント

 列挙してみるとだいたいこんな感じなんでしょうね。

僕は、「障害物に気がつかない」と「思い込み・油断・慣れ」が圧倒的に気持ちの中にありますね。

今回の事故なんて「慣れ」が招いた事故ですから...

 

だいたい事故理由を探ってみるとこのあたりで落ち着くんじゃないでしょうかね?

 

思いつく事故防止をあげてみる。

  1. とにかく徐行!バック時なんかはアクセル踏まない!
  2. サイドミラー、バックミラーを確認したら「オッケー」って声に出す!
  3. 同乗者がいたら誘導してもらう。
  4. 車に乗る前に周囲の障害物を確認する。

思いついたのはこの辺りです。うーん...3番はかなり現実的じゃないな。同乗者いないと運転できないことになってしまいますからね。

 

1番はとにかく基本ですね。徐行大事です!万が一の時、被害を最小限にとどめられます。

2番が僕にとってはかなり重要かも...今回「慣れ」と「ボケーっとした」結果、サイドミラーをちゃんと確認しないで事故りました...

4番も大事ですね!駐車場内で障害物に気づかず擦ったことあります...安心感からくる油断ですね。一度駐車して出庫の際に起きがちなんですよねぇ...

 

あくまで僕の場合ですが、これら4つが事故防止に良さそうです。(他にもありそうだが...)

 

最後に

僕と同じように駐車場での事故が多い人いると思います。道路を走っている時は大丈夫なんだけど...

駐車場内でよく事故る...そんな人は上記のものが当てはまるんじゃないでしょうか?

 

読者様で他にも「こんな対策あるよ!」とか「これが原因なんじゃない?お前また事故るよ!」なんて意見ありましたら、コメントにて受付中です!

 

今年一年、もう事故らないようにしましょう!実家の塀が人だったら...と考えるとゾッとします。

車の運転は嫌だなぁ...

 

でわ!