ICOよりブロックチェーンゲームに投資するほうが良いのではないか?

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20180306130415j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

さっそくの疑問...

ICOってオワコン化してきそうな感じがあります。ぶっちゃけ数が多すぎて、追えない。さらにプロダクトなしで開始するのってかなり楽なはず。だから詐欺にも発展しやすいです。

で、ICOに参加するならブロックチェーンゲームに参加するのがいいんじゃない?と僕は考えています。

ブロックチェーンゲームだと、ランディングページやティザームービーを製作しなくてはならない。さらにERC-721トークンの発行も必要。

やること多くて詐欺案件とそうじゃない案件の見分けが現時点ではしやすいイメージです。

この差の元から、ICOからブロックチェーンゲームに乗り換えています。

 

ICOのメリット、デメリット

▼メリット 

  • 上場後の価格高騰
  • リフェラル制度
  • バウンティ制度
  • ブログネタになる(1から3記事)
  • 世界の動きを把握できる

▼デメリット

  • 詐欺られる可能性あり
  • プロジェクト頓挫 

だいたいこんな感じになるかと。

 

ブロックチェーンゲームのメリット、デメリット

▼メリット

  • ゲーム内トークンゲットで収益に
  • ETHが増える可能性あり
  • 先行者優位が働いている(現状だと)
  • ブログ記事になる(プレイごと)
  • ヒットゲームに化けたら大きな恩恵を
  • 遊べる、楽しめる 

▼デメリット 

  • ゲーム運営終了

現時点だとこんな感じですね。

 

ブロックチェーンゲームの勝ち

メリット、デメリットを見てもらえればわかると思いますが...

どう考えてもブロックチェーンゲームですよね?確かに現状だと鬼課金ゲーになっています。3万、4万は平気で吹っ飛んでいきます。

僕なんか、BitPetに3万円(0.3ETH)くらいは突っ込んでいますからね。CryptoSagaには、5万円(0.5ETH)突っ込みました。

ただ、これらはICOと同じように先行投資になっています。

ブロックチェーンゲームが今までのゲームと違うところは、持っているデータを売買できるということ。

ERC-721トークンが起こせる技なんですが。ERC-721トークンの件はまた今後書きます。

ゲーム自体楽しみにながら、投資をできるって最高じゃないっすか?

さらに最近のブロックチェーンゲームは、リフェラル制度も付いてきましたので多くのアフィリエイター、ブロガーたちが参入してくると思います。

これらのことを考えてもICOに投資していくより、ブロックチェーンゲームに投資していくことが正解なんじゃないの?ってことでICOは一旦、休憩しています。

最近のICOは平気でICO割れしますからねぇ...ブロックチェーンゲームの方が期待値は高いです。

 

ゲームの選定が大事

とは言いつつも...ヒットゲームに投資をしなければなりません。

ゲーム参加者が少なければ、少ないほど売買できませんからね。収益も見込めません。

 

僕が期待しているゲームたちはこれらです。

BitPet:ブロックチェーンゲーム「BitPet」の始め方の解説!基本操作も記載してあります。

CryptoCities:ブロックチェーンゲーム「CryptoCities」とは?API公開でヒットゲームに化けるかもしれない...!!

 

他にも当ブログでブロックチェーンゲームはたくさん紹介していますので、チェックしてみてください。

 

最後に

ICOは当分、参加することはないかと...

ETHを買い増しして、ブロックチェーンゲームに参加していきます。

 

それでは、また。