ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

仕事を終わらせたくない?「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」読了!

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」読了しましたので、さっそく感想文かきまーっす!!

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である amazon

PCの右クリックとドラッグ&ドロップを作った日本人

Windowsの右クリックとドラッグ&ドロップを発案したのが日本人というのは、有名な話ですよね。

知っている人も多いかと思います。「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」の著者『中島聡』さんが、発案した日本人です!

今もあなたが使っている右クリックはこの人が作ったんですよ。ビックリですよね。

日本語がヒントになった。

日本語が、右クリックやダブルクリック、ヒントになったそうです。

あなたがテーブルの上の塩を取ってほしいとき、あなたは「すみません、塩を....」まで言葉にしたところで一呼吸置くと思います。それはなぜなら、「塩」という対象を指定した時点で、あなたが相手にしてほしいことは決まりきっているからです。

引用:なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

これ、日本人あるあるですよね。英語の会話だとこれ起き得ないと思います。

塩を...でかなり省略しているんですよ、日本語って。

これに加えて、疲弊しきった状態でタクシーの運転手に道を指示するときの自分でひらめいたそうです。

 

あなたのパソコンは、音楽ファイルをダブルクリックするとiTunesが開きませんか?音楽ファイルをダブルクリックして、「iTunesを開きますか?」なんて聞かれたら、面倒ですよね。

中島さんは、日本語をヒントにして、Windowsに右クリック、ドラッグ&ドロップ、ダブルクリックなどの機能を実装していったそうです。

2:8の法則で仕事を進める。

中島さんは、2:8の法則というもので仕事をしています。

 

どんなことかというと、全体の2割の時間で80%の作業量を終わらすという手段。例えば10日間猶予がある仕事があったとしましょう。

2日目までの間で80%の仕事を終わらせるそうです。そうすれば、全体も把握でき仕事に追われることも終わらないこともないそうです。

この2:8は、1日単位にも導入されていて、1日の仕事量の80%を2割の時間で終わらす。

 

要するにスタートダッシュがかなり重要だ!ということになります。(超カンタンな説明)

昼寝は18分する。

DaiGoさんもウィルパワーが減ってきたら、昼寝をしましょうと言ってました。

この本:メンタリストDaiGoに教わる『自分を操る超集中力』パフォーマンスを劇的にあげよう。

 

中島さんも昼寝をやっぱりするそうです。ただ、中島さんの場合は18分と時間がキッカリ決まっていました。

18分より長いと、眠りから戻ってこれなくなり、それより短いと回復しないそうです。これには、個人差がありそうなので自分の良い時間帯を見つけるといいとのこと。

 

僕は18分で試しています。あと2分くらい短くてもいいかな?という感触です。

おそらく、この時間は年齢にも関係してくることがあるんではないでしょうか?僕より若い人でしたら10分で回復するかもしれませんしね。

最後の仕事術が決定的!

この本は、中島さんの今までの人生や仕事術がふんだんに書かれています。最後の方になると精神論まで出てきます。

読んでて、「え?理論的なやつを...」ってなる瞬間がなんどもあるし、少しまどろっこしいなぁ...と感じる部分も正直ありました。

 

ただ、最後の最後に書かれている仕事術だけは『誰にでもできる、そしてカンタン』なものが書いてありました。

 

この記事には書きませんが、この『誰にでもできる、そしてカンタン』なことを実行するだけであなたの人生が捗ります。

 

今まで、少し終わらなかった仕事も終えることができるでしょう。

 

この本を読む前から、どうしても時間が無くなってしまっていた僕は、たまたま実践していたんですよ。本書の最後に書かれていたので、めちゃくちゃ共感できました。

 

僕は、この本の最後に書いてあることだけで1日のスケジュールに隙間ができるようになりました。

 

知りたい方は、ぜひ本書を手にしてみてください。

この本がオススメな人

  • 納期を守れない
  • 仕事に追われている
  • スケジュールに余裕がない
  • 遅刻をしてしまう
  • 精神的に余裕がない

こんな人がおすすめですね!

 

でわ!