ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

恥をかく大事さ。ブログって恥をかくのに絶好の場所じゃないか?

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20161023104757j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

今回は、恥をかくことについて。

IoTで恥をかいた。

先日書いた、marsの記事で色々と勘違いをしたことが起き恥をかきました。

 

▼詳細はこちらです。

mars記事の謝罪と経緯、収益募金とか諸々のお話 

 

ブログをやってて、色々と発信をするようになったんですが恥をかくことの有意義さが体感レベルでわかってきました。

marsの件では、間違った解釈をしてIoTとという形で商品紹介をしてしまったことで、はてな民の人たちから、「ちげーよ!お前!」「バズ狙っただろ!」的なコメントを頂きました。(実際はこんなに酷くない)

色々と問い合わせた結果、勘違いということで謝罪という記事を書き終わらせたんですけど。

ここで間違った発信をしなければ、僕はIoTをしっかりと知るキッカケがなかったなと考えたんですよ。

 

「これは違う」というコメントを頂き、色々と調べる行動に移って恥をかいた。

 

これが自分にとってめちゃくちゃプラスだなって今は感じています。お前!反省してねーだろ!!って思われるかもしれませんが。

自分の中で、知識が増えたのは事実でそれも恥をかいたおかげ。

人間にとって恥をかくってめちゃくちゃ重要だなって感じました。

日本人の恥への意識はデカくないか?

日本人って「恥」というものに対して、すごく意識が大きいと思うんですよ。

これで、身動き取れなくなっている人って多くない?って最近、強く思います。

実際、この恥への意識で日本人の良い面が作り上げられている部分も大きいですが、恥をかくことへの恐怖はなんか違うなと。

恥はドンドンかくべきかなって、僕は考えています。

恥をかくことで新しい行動にも出るし、知識も増える。そして、恥をかいても実際なにも起きない。寝て起きたらまた日常がやってくる。自分が恥をかいたくらじゃなにも起きないんですよね。

 

だから、恐怖心は捨ててドンドン恥をかくべきです。

ブログは恥をかくのに絶好の場所

もちろん、誤発信をしないということが大前提なのですが...

ブログって様々な人たちが見てくれています。まぁーすごい酷いコメントを残す人も実際いますし、優しく指摘してくれる人もいます。

コメントの表現には個人差はあるんですが、IoTの件に関しては僕が勘違いをしていたということに気づかせてくれた大きなコメントでした。

字面だけ読んでしまうと、僕のことを「頭が悪い」と言っているようなコメントもあったので、一瞬むかつく感情が出てくるかもしれません。

このコメントを感情抜きで読めるようになると、自分の栄養にすることができるんだなと。

 

本当にはてな民の干渉文化には感謝しています。今後ともどんどん干渉して頂きたい。

ブログで恥をかけば、ソッコーで指摘してきてくれますからね!

こんなに人想いに干渉してきてくれる人はいませんよ!現実社会でしたら、シカトされて終了な可能性高いですから!!

 

ブログは恥をかくのに絶好の場所です。

お陰でIoTを知る気になった。

marsの一件のお陰でIoTを知る気になりました!本当におかげ様です。ありがとうございます。

プログラムとかは、全く僕は書けませんのでIoT製品を作る方に行くことは、まずまず無いのですが。

本を読んでみて、もうちょっと深く知ってみようかなって気持ちになったんですよ。これも恥をかいたからこそ、出てきた行動です。

 

IoTの本って現在少ないのですが、とりあえずこの本を買って読んでいます。

 

IoTに関して初めて読む本なので、良いのか悪いのかもわかりません。

もし良い本知っている人いましたら「お前そんなん読んでんの?wwww」だけで終わらずに「これ読めしwwww」みたいなコメント待ってます。

ここまで干渉してきてくれる人は少ないですけど、してきてくれたら超嬉しい!

最後に

恥をかくことに恐れている人いましたら、どんどん失敗しましょう!恥を書き続けましょう!!

正直、一瞬だけメンタルがベコってなるかもしれません。自分のメンタルがベコってなっても次の日は平然とやってきます。

平和ですねぇ。世の中なにも変わらないんですよね。DaiGoさんの「ポジティブ・チェンジ」にも同じようなこと書いてありましたね(笑)

 

恥をかかないことは、不可能です。恥をかいていきましょう!!

 

でわ!