ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

ハンターハンター34巻。ヒソカとクロロの戦い最高。ネタバレしています。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ハンターハンター34巻が...超絶面白かった。

ってかヒソカとクロロの戦いが本当に素敵。やっぱりヒールが戦うのってなんか知らないけど、盛り上がりますよね。

どっちが勝つか予測できないし...

 

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

 

33巻を読まないで、34巻を読んだ。

連載はままなっていないので、僕はもうジャンプではハンターハンターを追っかけてません。

 

僕が読んだところは、32巻まで。

33巻は全く触れていなかったんですよ。

 

そして、34巻がでた。ノリで買った。そして読む。

 

面白い!!

 

話がすっ飛んでいるんですけど、34巻の始まりはヒソカとクロロが戦うところ。

年単位で連載をしていないで、さらに巻数まですっ飛ばしても楽しめてしまうハンターハンター。

 

冨樫さん...あなた天才すぎます。

 

複雑化とシンプル

クロロは、他人の能力を奪うことができる能力を軸に様々な念能力者の能力を使って戦います。

 

よって戦い方は、かなり複雑化されたもの。

理屈に理屈を重ねて、条件内で工夫をしてヒソカを追い詰めていく。練りに練った作戦にヒソカと戦っていました。

 

対するヒソカは、基本的にバンジーガムだけで戦います。

クロロに対して超がつくほどのシンプルさでヒソカは戦う。

 

複雑化された作戦とシンプルな作戦。

この対照的な戦い方が読者をより、引き込んでいってくれたんじゃないでしょうか?

 

世の中を象徴するような戦闘でした。世の中の一流と呼ばれる人たちは、どちらかに傾いていますからね。

 

僕は圧倒的にヒソカのシンプルさの方が好みですが(笑)

 

結果はクロロの勝ち。

ヒソカは、ほとんど歯が立たない状態でクロロに負けます。

 

もうね、全然ダメ。多少の反撃はしますけど、全てクロロの術中にハマっていると言っても過言じゃないでしょう。

 

万全な準備をしてきたクロロに全然、歯が立たないヒソカ。

ヒソカはハンターハンター内では、強いキャラというか。負けそうになったことがないキャラでしたので、こういった状況を見れるのも新鮮で堪らなかったですね。

 

超強いキャラがここまでボコボコにされるというのは、本当に新鮮。冨樫さんは狙ってやっているんでしょうね。

 

ヒソカをまだ殺さない。

クロロにヒソカは殺されますが...

 

死ぬ直前に念を使って、死後心臓と肺が復活するように仕掛けをしていましたね。

ヒソカをまだまだ殺さない方向で話を進めていくようです。

 

読者的にもヒソカをここで殺されてしまったら、なんだか残念だし...旅団との関係がクラピカだけになってしまう。

 

ヒソカとクラピカの両者がいることで、旅団を話に出していけるというキッカケも多いですから!

 

それにしても、殺さない展開としは最高に自然な展開だったのではないでしょうかね。

 

そのあと、コルトピとシャルナークがすぐ殺されますが...

クロロが使った能力をなくすという行動は、ヒソカらしいですね。

旅団は全員会ったその場で殺すと決めているのにも関わらず、マチを殺さないのもまたヒソカらしい。

 

サイコパスなヒソカですが、どこか優しさというか変なところありますからね(笑)

好きな相手には滅法優しいので...どうでも良い相手には、超冷徹ですが(笑)

 

暗黒大陸編は...33巻読んでね(笑)

ヒソカとクロロの対決後、暗黒大陸編に戻りますが...

これは33巻読んでいないと意味不明(笑)僕は意味不明になりました。

 

クラピカがやっぱり重宝されているのね...くらいしかわからないです。

 

読んでない人、忘れてしまっている人は読み返しが必要ですね(笑)

 

 

最後に

34巻の見所はまさにヒソカとクロロ!

やっと対決が叶ったー!!って感じでした。

 

素晴らしい戦闘をありがとうございます。冨樫さん。

時折、クロロの動きが飛影に見えてしまったのは、僕だけでしょうか?(笑)それもまたよし。

 

それでは、また。