6/7にGoogle『spaces』で発達障害フリートーク開催します。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20160605153311j:plain

ども!キヨスイです!

この記事が初めての人はこちらをチェック! 

kiyosui.hatenablog.com

先日、始めたgoogleの新アプリ『spaces』で作った『発達障害を雑談する場所(仮)』のメンバーが8人まで増えてきました。

何も活動していないんですけど8名まで増えたということで『発達障害フリートーク』6/7の21:30から22:30くらいまでの1時間で開催します!

 

現在、参加者は3名です。もう少し人数を増やしたいので、ここで宣伝ということです。

下記のリンクからスペースに参加できますので、フリートークしたい人は是非遊びに来てください!(パソコンからもログインできます。)

goo.gl

iPhoneアプリはこちら!(Androidは探してね!)

Spaces - 小グループでの共有

Spaces - 小グループでの共有

  • Google, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

 

フリートークってなにするの?

何話すの?ってところなんですけど、特に決めていません!すみません。無計画で。。

このアプリ自体がまだまだ新しいので、正直使い方も模索中です。まずはこのフリートークで発達障害者に関わりのある人たちで親睦が深まればいいかな?って考えています。

まだまだ初期段階ですからね。なので参加者の

「悩み」

「こんな時どうしてる?」

「発達障害あるある」

などを楽しく情報交換できたら嬉しいですね。ですから、参加者はネタを持ってきてくれると嬉しいです。みんなでそのネタについて話し合いましょう!

ゆくゆくは何か一つテーマを決めて情報交換や談義する機会も設けたいなって考えています。

このスペースの対象者

こんな人にオススメ!

  • 発達障害者(当事者)
  • 発達障害者と深く接している人(親、パートナー等)
  • 発達障害に興味がある。
  • 発達障害を勉強している又はしたい。

こんな人がウェルカムです!テーマが発達障害についてなので、基本的に発達障害についての話題になります。

 

スペースの2つの目的

僕がこのスペースを作った想いを最後にお話しておきます。

このスペースを作った理由は2つあります。

1つ目

発達障害者(当事者)とその周りにいる健常者が一緒に気軽に交流、情報交換をできる場所を構築するためにスペースを作りました。

Facebookや2ちゃんねるなどで似たようなものはありますが、僕が今まで見てきたものは発達障害者だけしかいないグループでした。

正直、内容的なものは傷の舐め合いをしているようにしか思えないものが多かったです。当事者のみの交流になってしまうとどうしてもネガティヴな交流になってしまいがちなのかな?

という疑問から周りにいる健常者も含めて交流をしたらもっと前に進める交流ができるのではないのか?というかそうしたいって想いです。

2つ目

「とりあえず、困ったらあそこを覗いてみよう!」という場所にしたい。

これからどんどん情報交換をしていってログを残していって、人も増えていけば色々な情報が蓄積されます。色々な人の経験談や知識が溜まっていくはずです。そうすることによって発達障害で困っている人たちの役に立つのではないか?と考えています。

僕の認識だと一気に多数の生の声が聞こえる場所ってネットでは、なかったイメージなんですよ。

僕は実際、自閉症のボランティアで色々な情報をゲットしました。病院に行っても良い先生に巡り合えなければ、情報ももらえませんし...巡り合うまでなんてめちゃくちゃ時間と手間がかかる。

巡り合う前に酷ければ死んじゃう人いるんじゃない?

僕は『カサンドラ症候群』になりました。現在は復活していますが、自閉症のボランティアに出会っていなければ今頃、パートナーに殺されていたでしょうね(笑)

こんなのは運任せに近いので、このスペースが「とりあえず、困ったらあそこを覗いてみよう!」という場所になることを願っています。

 

 

色々と偉そうなこと書いたけど、みんなとりあえず遊びに来てね!

 

でわ!