仮想通貨を使ったプロモーション。失敗したけど、改善していけば行けると思うんだけど。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20180101104723j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

Crypto Musicを設立したので、仮想通貨で実験的プロモーションをしてみました。

 

仮想通貨の出現でプロモーションが変わる。

僕が何をやったのか先にお話します。

 

ストリーミングから曲を聞いて感想をくれた方には、XEMをプレゼントというプロモーションをやってみました。

結果的には、大いに滑りました(笑)

 

現代のプロモーションの流れって基本的にこんな感じになっています。細分化したら、色々あるけど大きくは下の図のようになっているかと。

f:id:kiyosui:20180101101234j:plain

SoundCloudやSpotifyでも人気プレイリストに入れてもらうためにお金を払ってプロモーションすることもできますし。

大手レコード会社でしたら、広告会社に依頼してリスナーに届きやすい環境を作っているかと。

 

仮想通貨の出現でこの図式をこんな感じに変えられないか?と考えました。

f:id:kiyosui:20180101101607j:plain

プロモーター、広告会社を介さないでリスナーに直でお金を払うというスタイルです。

レーベル側としたら、プロモーターにお金を払うのもリスナーに直でお金を払うのも同じです。

仮想通貨を使うことによって、今までより簡単にお金を払うこともできます。なので、リスナーに直でお金を払ってしまおうというもの。

 

この記事の冒頭にあるツイートは、この流れを狙ったツイートでしたが今回は失敗に終わってしまいました。

まだまだ、改善の余地はありますので続けて行きたいところです。

 

仮想通貨を使ったプロモーションのメリット。

  • リスナーの生の声が聞ける。
  • 良質なファンの可視化
  • ツイッター上の拡散を狙える
  • ストリーミングからの収益

これらがメリットとして、考えられます。細かく説明していきますね。

 

リスナーの生の声が聞ける。

フィードバックをもらうという前提でいくとリスナーの生の声が届きやすくなるでしょう。

対象の曲に対してどう思っているのか?フィードバックが良質になっていけば、ミュージシャンの成長も見込めます。

そのために僕は冒頭のツイート企画でランクをつけました。

良質なフィードバックには、多くの仮想通貨を払う。質の悪いフィードバックには少なめで払う。

これをすることで、無駄にお金を払う必要もありませんし、良質なフィードバックにはしっかりと対価が支払われます。

 

良質なファンの可視化。

いつもフィードバックをくれるファン、早いフィードバックをくれるファンはミュージシャンにとって良質なファンと言えるでしょう。

良質なファンの可視化をすることで、新しいつながりなどが起きる可能性もあります。

今まで良質なファンというのはファンクラブという形で証明されてきました。

これを個人レベルに落とすことで、ハッキリとした可視化ができるようになると考えています。

 

ツイッター上の拡散が狙える。

言わずもがなですね。RTを条件にしておけば、ツイッター上での拡散は見込めます。

普段届かない層まで届く可能性があります。

 

ストリーミングからの収益。

リンクをストリーミングサービスのリンクにしておいたので、ストリーミングからの収益も狙えます。

拡散が上手くいけば、再生回数があがりストリーミング上でピックアップされる可能性も出てきます。

ただ仮想通貨をあげるだけじゃなく、ストリーミングからも収益をあげつつプロモーションをするというスタイルが維持できます。

 

デメリット

  • 配るのがめんどくさい。

デメリットはこれだけですね。基本的にツイッター上で仮想通貨を配れるのは、tipbotだけなので手間をかけて配っていかなければなりません。

これがめんどくさいくらいです。

 

失敗した原因

新しいプロモーションじゃね?みたいな感じで提唱しているんですけど。

僕は失敗していますからね。ただ、何回か試行していけば成功していく道もなんとなく見えています。

失敗した原因をピックアップしておきます。

 

  • ストリーミングで音楽を聞くハードルの高さ
  • 報酬が少なすぎた
  • 初動が少なすぎて話にならなかった。

ざっくりとした原因はこの辺りかなと。

ストリーミングで音楽を聞くハードルの高さ

日本だけで考えると仮想通貨をやっていて、さらにストリーミングで音楽を聞くほど音楽が好きという人口は現状だとかなり少ないかと。

もうちょっと仮想通貨が普及していかないと話にならないですねって感じだと思います。タイミングが早すぎた感がある。

なので、次は海外の仮想通貨ユーザーに届くようにプロモーション設定をしてみようと考えています。

これでどのような反応になるのか?楽しみですね。

 

報酬が少なすぎた

ストリーミングで音楽を聞くという行動に対して、報酬が少なすぎた?ということです。

  • 10XEM
  • 1XEM
  • 0.1XEM

この3つで設定したんですが、報酬設定は色々試す余地がありそうです。

 

初動が少なすぎて話にならなかった。

影響力ってやつですね。これは、淡々と続けていってツイッター上での影響力を上げていくしかないです。

上記の失敗点改善の延長線上に改善される問題かと思われます。

 

Crypto Musicで実験的プロモーションを続けていきます。

今回は失敗に終わったんですが、手を替え品を替えでプロモーションは実験していこうかと。やっていて面白いので。

tipbotを使ったプロモーション以外にもSNEMSやオープンアポスティーユなどを使ったプロモーションも考えていますので、色々とCrypto Musicで試していきます。

 

Crypto Musicではデモ募集しているので、音楽家のみなさまドシドシご応募ください!

関連記事:仮想通貨をコンセプトにした音楽レーベル。Crypto Musicの概要、展望、デモ募集のお知らせ。

 

最後に

仮想通貨を使ったプロモーションは、おそらくスタンダードになっていくかな?と予測しています。

まぁなんとなくなんで、外れると思いますがね(笑)

 

地道に続けていってみますので、どうぞよろしくお願いします。

 

それでは、また。