読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

クリエイティブって何?『クリエイティブのつかいかた』を読めばわかるよ。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイです。

 

著者 西澤明洋さんの『クリエイティブのつかいかた』を読了しましたので、感想を。一言だけ言えるのはクリエイティブという言葉を漠然と受け取っている人は為になります。

クリエイティブのつかいかた Amazon

このキーワードに引っかかる人は読みましょう。

  • クリエイティブ
  • クリエイター
  • フリーランス
  • 独立
  • デザイナー
  • ディレクション

これらの言葉に身近な人たちは読む価値ありの本になっています。デザイナーから編集者、バイヤーまで12人のクリエイターの話が著者の西澤明洋さんとの対談形式で読めます。

12人のクリエイターの今まで生きてきた経緯、どのタイミングで独立したか?なぜ独立したのか?そしてあなたのクリエイティブ何か?

十人十色の様々な視点がすごく面白い。

この12人に引っかかる人は読みましょう。

  • 柴田 文江:Design Studio S代表・プロダクトマネージャー
  • 猪子 寿之:チームラボ代表
  • 植原 亮輔:KIGI代表 クリエイティブディレクター
  • 渡辺 良重:KIGI アートディレクター
  • 谷尻 誠:建築家
  • 柿沢 安耶:野菜スイーツ専門店 パティスリーポタジエ オーナーパティシエール
  • 田川 欣哉:takram design engineering代表
  • 山崎 亮:Studio-L代表
  • 岸勇 希:電通コミュニケーションデザイナー
  • 佐渡島 庸平:コルク代表
  • 山田 遊:メソッド代表 バイヤー
  • 津田 大介:ネオローグ代表 ジャーナリスト

僕がこの本を買うきっかけになったのは、佐渡島庸平さんと津田大介さんです。

佐渡島さんは元週間モーニングの編集部にいた人。『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』の編集をやっていました。今は、コルクという作家のエージェント会社の代表をやっています。

 

津田さんは、テレビにもジャーナリストとして出演していることが多いので知っている人も多いのではないでしょうか?

この人です。

f:id:kiyosui:20160723171734j:plain

出展:http://www.suginamigaku.org/2014/10/tsuda-daisuke.html

この人は学生時代から新聞部として、今のブロガーのような活動をしていた人。アナログ版、個人メディアをやっていたのです。ネオローグという名前も聞いたことある人は多いはず。

この12人の誰かに引っかかる人は、読むべき

あなたのクリエイティブがはっきりする。

クリエイティブってあなたにとってなんですか?どこからどこまでがクリエイティブという話ってできますか?

物を制作できる人がクリエイティブな人?何かをデザインできる人がクリエイティブな人?

正直、僕はこの本を読むまではクリエイティブというものが漠然とした状態でした。自分の中でこれはクリエイティブ、これはクリエイティブじゃないという感覚は曖昧。

そんな曖昧な線引きをハッキリしたくて、この本を手に取ったんです。この本が読み終わる頃にはクリエイティブというものが何か?ということがハッキリするでしょう。

この本は、クリエイターと自認がない人により読んでいただきたい本です。