【ICO】Ceekとは?VRと仮想通貨の連動でライブやフェスを楽しむ!エアドロップやってます。

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

VR系の仮想通貨「Ceek」についてまとめておきます。

只今、エアドロップ中なので気になる方はゲットしてくださいな。

Ceekエアドロップに参加

 

Ceekとは?

動画をどうぞ!身近な話なので、すぐ理解できるかと思います! 

 

まとめておくと...

  • ライブをVR空間で楽しむ
  • チケットのSOLD概念なし
  • VRハードウェア開発済み
  • ブロックチェーンとVRの連携
  • ERC-20
  • イーサリアム上でスマートコントラクト実現

こんなところですね。誰もが想像したVR上でのライブ体験サービスです。

 

ここから想像するに発展しそうな状態が...

  • グラミー賞などもVRで体験できる
  • クラブもVR上で遊ぶことに
  • Spotifyの連動もありえるようになる?

こんなことは容易に想像できますね。

 

Ceekに関しては誰もが親近感、理解を示せる内容になっています。実現すれば普及は早いでしょうね。

 

ヘッドセットは特許済み

f:id:kiyosui:20180212074711p:plain

VRのヘッドセットは既に開発済みで、特許も取得済みになっています。

プロダクトがしっかりと出来上がっているので、安心してICOやエアドロップにも参加しやすいですね。

 

f:id:kiyosui:20180212074715p:plain

しかも...もう購入できるんですよね。

100ドルでゲットできるVRです。これ、めっちゃ安くないですか!?VRって5万以上はするイメージだったんですけど。

100ドル以下って...2万円くらいにヘッドセットの相場がなれば、今後VRもどんどん流行っていくはず。

僕はまだ購入しませんが、欲しい方いましたらどうぞ。

 

ヘッドセットを購入する

 

ロードマップ

f:id:kiyosui:20180212081133p:plain

今年の計画ですね。

2018年中には開発者向けにサービス解放されている予定なので、2019年にはコンシューマー向けに稼働している可能性は大ですね。

 

詳しくはホワイトペーパーに書いてありますので、ぜひご覧下さい。

Ceek ホワイトペーパー

 

エアドロップ開催中

f:id:kiyosui:20180212075729p:plain

こちらにアクセスしてください。

 

f:id:kiyosui:20180212075341p:plain

  • メールアドレス
  • ツイッターユーザーネーム
  • テレグラムユーザーネーム
  • ETHウォレットアドレス
  • 固定されているツイートをRT
  • ツイッターフォロー
  • テレグラム参加

手続きとしてはこれらです。エアドロップに参加したことある人はいつものヤツって感じですね。

5分くらいで終わるので、参加してみましょう!

 

ちなにみETHのウォレットアドレスはERC-20対応のウォレットだけなので、取引所とかはNGです。

My Ether WalletかMETAMASKのアドレスで登録してください。

関連記事:イーサリアム(ETH)初心者必見!METAMASKの使い方を解説!便利ツールです。

 

Ceekエアドロップに参加

 

Pre-ICOもやってます

f:id:kiyosui:20180212080013p:plain

Pre-ICO開催中です。あと6日くらいで終了予定。

 

f:id:kiyosui:20180212080131p:plain

ビットコインかイーサリアムで購入可能です。

 

f:id:kiyosui:20180212080134p:plain

 買い方は簡単で、こちらを記入するだけみたいです。

イーサリアムのアドレスは取引所はNGですよ!気をつけてくださいね。

 

f:id:kiyosui:20180212080419p:plain

Pre-ICO後にパブリックICOをやるみたいなので、この後もまだまだ購入チャンスあります。様子見したい方はエアドロップだけ参加するのもありですね。

 

ただ、ボーナス内容は変わってきますので要注意です。

  • Pre-ICOだと最大30%のボーナスがつきます。
  • パブリックICOだと10%のボーナスしかつきません。

大量に購入を考えている方は、今のうちに購入するのがお得ですね。

 

Pre-ICOに参加する

 

TOKENLOTで購入することになる

CeekのICOはTOKENLOTで購入することになります。

TOKENLOTの中に詐欺案件が混ざっていたということもあるので、気をつけてください。

今回のCeekは問題ないと思いますが、ICOは自己責任でお願いします。

TOKENLOT自体は悪くないのですが、詐欺案件をGOしてしまった責任はありますね。事例として頭に入れておくことをオススメします。

 

最後に

VRサービス「Ceek」のご紹介でした。

エアドロップしながら、ICOしているという訳のわからないスタイルですが、実現性はかなり高いプロジェクトかと。

エアドロップ参加だけでもしておくといいかも?

 

それでは、また。