読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

ツイッターとブログの相性が抜群に良い!ネタが増えるし速度も上がる!

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170405151637j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ツイッターとブログの相性がめちゃくちゃ良いことに今更、気づきました。

 

ツイッターを絡めてブログを書いています。

ここ数日、ツイッターを絡めて記事を作成中。これがすごく書きやすくて堪らない!!なぜ今まで気づかなかったのか?後悔しております...

ただ、Google的にどうなのか?とか詳しいことはわかりませんが、インスタントな僕には記事が書きやすくなってすごく嬉しいです。

イケハヤさんの記事って半分がツイートくらいになっている記事あるけど、本質だけ捉えれば何もブレてないんですよね。ブログの本質は、発信することですからね。

 かなり効率的で相性いいです。

 

瞬間を切り抜けるのはツイッター。

ツイッターって瞬間を切り抜けるのが特徴ですよね。体感レベルで気づいたのは、本当に最近ですが...フットワークの軽さもかなりオススメ。Facebookじゃダメなんですよね。

 

オピニオン系の記事などって瞬間に思ったことって記事になりやすいじゃないっすか。その瞬間、ブログをすぐに書ける環境下にあれば問題ないんですけど、それはなかなか難しい。

そんな時にツイッターはテキメンであって。メモにもなるし、その瞬間の感情を残せるんですよね。

瞬間を切り抜くくらいであれば、140文字で十分。むしろ文字制限が合ったほうが、キリも付けやすく良い。

 

時代に10周回遅れしている僕...後悔!

ツイートで2周回遅れとか言っていますが、よくよく考えると10周回遅れくらいになっているかな?って感じ...

ひどい有様ですよね。もう、後悔しかありません。これからは、ツイッターをドンドン使ってブログに活用していきます。

時代についていくの大変です(笑)頑張ります〜!

 

ブログとツイッターの絡め方。

現状で試している僕のやり方を少し紹介。

ザクザクと生きていて、気になったことや思考したことをポイポイとツイートしていきます。

文字に余裕があったら、ハッシュタグなんかをつけてもいいですね。

これを骨組みとして、見出しにしていく感じで記事を作っています。なので、見出しの下にツイートが来て、ツイートで足らない部分を肉付けしていく感じ。

 

今までより、ブレない感じがしているんですよね。まぁ結果は数ヶ月続けないとわからないでしょうけどね!

こんな感じで簡単に絡めて行っています。たぶん、今後ネタ帳的なものを持つこともなくなるだろうし、メモをすることもなくなると思う。

ツイッターがこれらの役割を全て担ってくれるスタイルになりそうです。

 

ツイッターとブログを絡めるメリット。

現時点でわかっているメリットをいくつか書いておきます。

 

ネタの取りこぼしがなくなった。

ツイッターでネタをストックすることで、これだけネタを今まで取りこぼしていたの?!って気づきました。

ネタの取りこぼしってマジで多かったんだなと...僕が今までどんだけツイッターを受動的に使っていたとは...思考停止していたんですよね。

悲しい...これからですね。

 

ブログ記事の作成スピードアップ。

記事作成のスピードがまた上がりました。ツイートしていることである程度、思考がまとまっている感じがあります。

今までよりサクサク記事を作成できているんですよね。2000文字を15分くらいで書けているっぽいです。(まだちゃんと測ってないけど...)

関連記事:ブログの書くスピードを上げるコツ。書くスピード上げておいて良かったなぁ。

気づいていない自分がいる。

記事を作ることを目的としたツイートをすることで、自分でも気づいてない自分が出てきました。

「あ、こういうことも興味あったんね、僕!」ってなっているんですよね。これ不思議です。脳から積極性を感じるんですよねぇ!

 

デメリット

デメリットは、ツイッターに張り付いちゃうこと!これは、これからバランス取っていく感じです。

なので、そこまでのデメリットにはなっていませんね。時間把握なので、何事にもつきまとうものですね。

 

最後に

こんな感じでブログの新しい運営方法を見つけたので、楽しんでいます。色々と試行錯誤しながら、ブログ運営楽しんでいきたいですね!

 

それでは、また。

 

▼関連記事

ブログを継続できない人へ。ブログは継続するだけで価値がある。