ブログは自分の実験発表場所。ブログを始めることで実験回数が増えました。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170612090045j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ブログを始めたことによって実験が多くなりましたね。

 自分に対するもそうですが、様々な行動に実験的な要素が入るようになってきました。

 

ブログを書くというモチベーションで実験をする。

ブログネタって切れるとしんどい...書けなくなるって感じじゃないですか。

僕は今のところ体験したことがないんですが...面白い、ツマラナイは置いといてネタはどうにかなってます。

 

ネタ切れしちゃう人はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:ブログネタ切れ防止!ネタが溢れるほど湧き出る7つの行動!

 

上記のリンク記事のことは当たり前にやっているとして、自分を実験するようになることが多くなりました。

 

小さいことから言えば、映画を観て感想記事を書くときにどのタイミングでやると一番読まれるのか?みたいなこともやりましたし。

外ぶらぶら歩いていて、ブログネタがいくつ切り出せるか?みたいなこともやりました。

一冊の本からいくつ記事が出せるか?ってこともやりましたね。

 

うーん、いろいろな実験をしてきました。これらの実験をし続けている結果、ネタ切れは起きません。

 

ストレスに対する実験をしています。

僕はストレス耐性が低いというか、下手というか...ざっくり言うとストレスに対して弱いです。

これを少しでいいから強くしたいなって気持ちがありまして、ただいま本を読んで勉強しています。

本でインプットしたことを実際の行動に移して、どうなるか?という実験ですね。

 

1日数回「楽しい」「大丈夫」「どうしたらできるかな?」みたいな発言を一人で発しています(笑)

 

詳細記事はこちらを読んでください。

詳細記事1:ストレスをすっきりと消し去ろう!まずは自分の言葉でストレスを軽減させていきます。

詳細記事2:ストレスについて学びを始めます。カサンドラ症候群になった本質を潰します。

 

この結果がどういった方向に進むのか?楽しみです。

 

苦行と認識するか実験と認識するか。

僕は残念ながら天才的な才能というものは持ち合わせていません。非常に残念!

だから失敗なんてたくさんしています。恥ずかしい失敗なんて山ほどありますね。何かを学ぶときにアホみたいな質問したりしてしまうこともある。

 

これらを全て苦行を認識してしまうと、ものすごく人生というもはシンドイものになってしまいますね。

人間はそもそも生きる意味がないわけですから(あくまで僕の見解)

 

これらをブログを始めたことによって実験と捉えられるようになったのは、本当にラッキーでした。

 

極端な話、マジで恥ずかしい失敗をしてしまった時にブログがあればプラスに働かせるチャンスがあります。

これが、ブログがなければ恥ずかしい失敗で終わってしまうんですよね。もちろん、それを糧にして自分の人生を豊かにすれば、ただの失敗で終わることはないんですが。

ブログがプラス方向へ後押ししてくれることは、間違いない。

 

読んでくれる人がいて、同じ失敗をしたと共感を得てくれる人がいるだけで精神的に大分変わってきます。

もちろん、反発を買ってしまうというデメリットはつきものですが、あまり気にならないタチでして...(笑)

 

カサンドラ症候群になってしまったことは、僕の人生の中でも最大の失敗でしょう。

ただ、なった状況をブログに書くことで共感を得られたり、少ない人数でありながら誰かのためになったという事実はあります。

 

当時は苦行でしたが、今考えると実験の連続だったんだなと。

 

ブログは僕の実験を発信していく場所。

僕のブログの認識は、僕の実験を発信していく場所。という感じで捉えて運営しています。

興味もポンポン変わりますので、読者を置いていくこともあるでしょう。でもこれはこれでいいかな?って考えています。

 

読者に合わせて、興味が移り変わっているのに同じ場所にとどまるなんてナンセンスですからね。

自分を実験材料にして、実験しまくって、その結果を発信してきたいですね。

 

ブログを始めたことによって人生の向き方というのものが大きく変わった印象がしています。

 

もし、収益化が上手くいかない...PVが全然増えない...ってことで悩んでいるブロガーさんがいたら、こうやって運営していく方針もありますので、ぜひ一度お考えください。

 

最後に

ブログを続けるモチベーションは人それぞれです。僕はとにかく実験を楽しみます。

毎日、実験して失敗して実験して失敗して、たまに成功して。

っていうごくごく凡人の人生なのは受け入れていますので、全力で楽しんでいこうかと!

 

それでは、また。