ビートルズ映画やるよ!その前に『僕はビートルズ』も読もう!

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20160621113808j:plain

出典:http://ro69.jp/news/detail/144706

ども!キヨスイです!

 

2016年の9月にビートルズの映画がやります!トレーラーみたら面白そうだったので紹介を! 

ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years 

www.youtube.com

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』が2016年9月22日(木・祝)に公開。
角川シネマ有楽町、TOHOシネマズ新宿ほか全国の100館以上で公開予定!

 

映画の内容は、ビートルズが世界中から認められ賞賛された初期の話から最後のライブまで。リバプールのキャバーン・クラブでライブをしていた初期から、最後にライブをした1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・バーク公園までのツアーを描く。


監督は『アポロ13』の『ロン・ハワード』

制作には、『ポール・マッカートニー』『リンゴ・スター』『ヨーコ・オノ・レノン』そして『オリヴィア・ハリスン』も関わっています。

 

■ストーリー
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった。

引用: http://www.fashion-press.net/news/2428

トレーラーとストーリーで面白そうな匂いがプンプンしてますねぇ。制作側もバッチリなので、シッカリとしたビートルズを伝えてきてくれそうです!

今の10代の人だとビートルズ知らない人は多いかもしれないので、是非この映画を通して知ってもらえたら嬉しいですね!

10代の子だと...お父さんが30代から40代なので、ビートルズは話題に出ない可能性大ですね...という僕もビートルズは世代ではないですが...(笑)

 

僕はビートルズ

この映画を観ると前に読んでほしい本!

『僕はビートルズ』

f:id:kiyosui:20160622085821j:plain

出典:http://amzn.to/28JbfHq

原作:藤井哲夫

作画:かわぐちかいじ 

 

この漫画知ってますか?

2010年から2012年にかけて『モーニング』で連載された漫画です。単行本は10巻で完結するのでサクッと読めます。

ビートルズのコピーバンド『ファブ・フォー』がビートルズがデビューする前にタイムスリップし、盗作してお先にデビューしてしまうという漫画です。

もうトンデモ漫画なんですよ!これ!でも気持ちスゴイわかる。僕だったら同じことをすると思います。そしてビートルズの214曲目を期待しますね。

憧れたから、コピーバンドをやっているので自分たちが盗作しデビューしてもジョンやポールは落ちぶれたりしないと思っちゃいますよね(笑)

 

この漫画を読んでから、映画を観に行ったら色々な視点で映画を楽しめるのではないでしょうかね!

僕はまだ読んでいる途中なので、読破したら感想を報告させて頂きますね!

 

でわ!