Bancor X発表!EOSでBancorプロトコルが利用可能に!

スポンサーリンク

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

BancorがEOSのネットワークでも使えるようになりましたね!これビッグニュースかと!

Bancorは今までイーサリアムのブロックチェーンで動いていましたが、今後はEOSでBancor Xとして稼働して、EOSベースのトークンも扱えるとのこと。

Bancorはトークン交換にすごく便利なサービスなので、一度は使ってみてほしいですね!

関連記事:Bancor使い方を解説!KINを購入しましたが...一瞬で衝撃的でした!トークン交換には最高!

 

Bancor X

f:id:kiyosui:20180921225831p:plain

▼Bancor Xの特徴

  • 1秒程度でトランザクションが行われます(Ethereumでは、10秒程度かかります)
  • 取引手数料はかかりません(Ethereumのガスとは対照的です。)
  • フロントランニングのリスクはありません(EOS取引はEthereumのように手数料で優先順位が決定しません)

イーサリアムで動いているBancorとの違いはこれらですね。

 

ここだけ見るとイーサリアムより優秀な空気感がすごいですが、まぁ一概に言えないのが黎明期のブロックチェーン技術ですね。

 

対応トークン

f:id:kiyosui:20180921231357p:plain

おそらくHPで交換しようとすると出てくる銘柄が対応中かと。

今後EOSベースのトークンが増えていったら、続々と銘柄増えそうな感じします。

EOSはdAppsも作られていっているので、もしかしから?僕も使用回数が増えるかもしれませんね。

 

ちなみにEOSのdAppsはDappRadarで確認できますので、どうぞご覧ください。

f:id:kiyosui:20180921231628p:plain

DappRadar - Ranked list of EOS dapps

 

Scatterが必要

イーサリアムはMETAMASKを持っていればBancorを使用することが可能ですが、Bancor XはScatterが必要になります!

f:id:kiyosui:20180921230209p:plain

bancor Xでトークン交換をしようとするとScatterのSign-inが必要と言われます。

Scatterはこちらからダウンロードできるようなので、試してみてください。

Scatter - Infinite Possibilities

 

まだしっかり使っていないので、使ってみたら記事にしてみようと思います。

 

流動性の向上の第一歩

今回のBancor Xで何かがすごく変わることはないでしょう。利用する人もごく一部だと思います。

ですが、トークンの流動性の第一歩として素晴らしい試みだなと思っています。

クロスチェーンをしていくことで様々なトークンが自由に流動していける環境が数年後には整っているはずです。

 

MATAMASK使ったり、Scatter使ったり...と色々めんどうな問題はありますが、今後の進化が楽しみなプロジェクトです。

 

こちらのミディアムも合わせて読むことをオススメします。

Bancor、EthereumとEOSをつなぐ初のクロスチェーン分散型流動性ネットワークBancorXを発表

 

最後に

少しづつ進化しているブロックチェーン業界、面白いですね。

気長に待ちながら楽しんでいきたいと思ってます。

 

それでは、また。

Bancor X HP